2013年01月01日

【Linux】全Unicode fonts install に挑戦(CentOS6)

 コンピュータ上の文字は特定の数の並びの単位を文字として扱うことで可能になる。且つ、それを使い情報伝達を行なうには、その相互の統一規格としての文字コードの一致が必要だ。
 当初、その文字コードはベンダー別の規格だけであったが、今日では主に米国規格の7ビットASCII文字を基底として互換をとった個別言語文字別の文字コードの国際規格化を経て、お題の世界中の文字を一意のコードで規格中のUnicodeという文字体系に集約される方向にある。見かけ上Shift_JIS系のWindows日本語版でも内部処理は既にUnicode化されているし、MS社のOfficeアプリデータも随分前からUnicodeとなっている。Linuxの世界でも、かつてはEUC-JPが主流だったが今ではUnicodeから古いEUC-JPアプリへの対応を時々行なうことがある程度である。
 Unicode自体は今でも進化中で地球上の全文字の符号化は未だ完成された訳ではないし、基本的には一意一文字として異体字を別枠としている為、例えば人名等の斉藤さんの斎斉以外の字は異体字として別途標準化されるので、利用環境にその規格対応も必要となる等、利用が進んだ現状でも全てが正しく表示出来る訳ではないが、全ての条件が整うなら規定済の文字であれば世界中の言語を混在したコンテンツの作成も可能になる。
 そんな有望なUnicodeだが、Unicodeの活用にはその字体をUnicode文字符号で整理したfontが必要となる。でも全世界の文字を網羅したUnicode fontは現存せず、必要により言語や文字ブロック別で探し拾うか、fontを自作し導入するしかない。

 さてそこで本稿ではCentOS6が標準パッケージ内のUnicode fontsでは不足する文字に対応するfontを捜し、ブロック別に整理している。当初は気軽に始めたものの実際取組んで試ると結構な労力と時間を費やす仕事であった。最初から判っていればしなかった(笑)。それ故それなりに有用な情報提供となるのではないかと思う。
 尚、ここに揚げたfontは、商用でもFree活用可で且つ個別Blockでのより完全に網羅し、より複数のblocksをカバーしているものを優先し「推奨font」として掲載させて頂いた。また調査で、それと同等程度に網羅していることが判ったfontは中括弧「{}」内に併記している。後日Blockの改訂に推奨fontがついて行けなくなったときや、書体の好みやライセンス上の理由で切替えるときに役立てばと思っている。また推奨はしないが適用可能なものは角括弧「[]」内に記載している。(例えばCode2000の様に有償だが公開Siteが閉鎖され無償利用継続のリスクが曖昧だったり、unifontの様に字体がドット状のもの)
 結果、開始番地欄に※印がないブロックはfontの各字形の質や統一性は別にして全てを網羅することが出来たもので、赤の※印のあるものは全く見つからなかったものや対応していても、ライセンスがはっきりしていないものであり、黄色の※印のあるものはfontとしては字体を収録しているものの、当方の活用する既定fontの設定では他のfontを優先参照してしまい一部表示出来ないものである。これは、OSに組み込まれたfontconfigの動作に依存する様だが対処方法は知らないので当面放置とする(笑)。
Unicode Fonts for Linux(CentOS6) 1/2 [U+0000 - U+FFFF]
開始番地ブロック名(英語)
[日本語訳]
不足数 推奨fonts
[{他の有用なfont}]
U+0000Basic Latin
[基本ラテン文字(≒7bit ASCII)]
(標準){Quivira}
U+0080Latin-1 Supplement
[ラテン1 補助]
(標準){Quivira}
U+0100Latin Extended-A
[ラテン文字 拡張A]
(標準){Quivira}
U+0180Latin Extended-B
[ラテン文字 拡張B]
(標準){Quivira}
U+0250IPA Extensions
[IPA 拡張]
(標準){Quivira}
U+02B0Spacing Modifier Letters
[空白変更文字]
(標準){Quivira}
U+0300Combining Diacritical Marks
[組合せ分音符]
16個Quivira(free to use) 済, {Symbola(In lieu of a licence)}[標準だけでもbitmap-miscfixed-fontsも使うと残り5文字にはなる]
U+0370Greek and Coptic
[ギリシア&コフト文字]
(標準){Quivira, Symbola(未定義位置に独自下駄文字有)}
U+0400Cyrillic
[キリル文字(旧ソ連文化圏)]
(標準){Quivira, Symbola}
U+0500Cyrillic Supplement
[キリル文字 補助]
4個Quivira 済, {Symbola(+8文字:U+528-F)}
U+0530Armenian [アルメニア文字
(アルメニア語:西アジア カスピ海西)]
1個Quivira
U+0590Hebrew
[ヘブライ文字(イスラエル)]
1個Quivira
U+0600Arabic [アラビア文字
(ウルドゥ/ペルシア/パシュート/クルド/シンド/バローチ)]
18個
(5字)
Scheherazade-1.900_alpha.zip(ScheherazadeOT-1.005)(掲載元(最新alpha版):OFL1.1) 済:但し5文字(U+600-3&DD)は当方の環境では共存表示不可{Amiri(GPLv2, OFL1.1)5字残(U+600-4)}
U+0700Syriac
[シリア文字]
77個
(残7字)
Beth Mardutho(East Syriac Adiabene等)(無償利用可と判断(license.txt)/但しnon-free,カンパウエア的Net記述も有)
※7個残(U+70F&2D-F&4D-F)[代案: unifont{Code2000}]
U+0750Arabic Supplement
[アラビア文字 補助]
18個Scheherazade-1.900_alpha.zip(ScheherazadeOT-1.005.ttf)(最新正式版) 済 {Amiri}
U+0780Thaana [ターナ文字
(ディベヒ語:モルディブ共和国 インド洋)]
50個MPH 2B Damase(推定:Public Domain 2005(or GPL/OFL)) 済
U+07C0Nko
[ンコ文字(マンデ系言語:西アフリカ)]
5個(JONA: JA, CHA, FE, RA; SYMBOL OO DENNEN, SYMBOL GBAKURUNEN) Conakry(OFL1.1(zip内のOFL.txt参照)) 済
U+0800Samaritan [サマリア文字
(パレスチナのヨルダン川西岸地区)]*
61個Quivira
U+0840Mandaic
[マンダ文字(マンダ教:イラクの南部)]*
全29個None (Ver.6.0 2010/10)
U+0860[unassigned 64 characters block]
U+08A0Arabic Extended-A
[アラビア文字 拡張A]*
39個Scheherazade-1.900_alpha.zip(ScheherazadeOT-1.005.ttf) 済 {Amiri 残り35字)}
U+0900Devanagari
[デーヴァナーガリー文字(インド諸語)]
11個(標準=Lohit-Devanagari.ttf:最新版は対応済) AnnapurnaSIL-1.100.zip(OFL1.1) 済 {Siddhanta(一部商用不可)}
U+0980Bengali
[ベンガル文字(バングラディッシュ/アッサム)]
1個(標準=Lohit-Bengali.ttf:最新版は「৻」(U+9FB GANDA MARK)も対応済) 済
U+0A00Gurmukhi [グルムキー文字
(インド:シク教徒 パンジャーブ語)]
(標準)
U+0A80Gujarati
[グジャラト文字(インド西部:グジャラート州)]
(標準)(=Lohit-Gujarati.ttf:reservedのU+AE4&5はU+964&5を参照) U+AE4&5は下駄文字に変化
U+0B00Oriya
[オリヤ文字(東インド オリッサ,西ベンガル州)]
6個(標準=Lohit-Oriya.ttf:最新版は完全対応)済
U+0B80Tamil
[タミル文字(南インドタミル・ナドゥ州,スリランカ)]
(標準)
U+0C00Telugu [テルグ文字
(インド南東アーンドラ・プラデーシュ州)]
(標準)
U+0C80Kannada
[カンダナ文字(南インド カルナータカ州)]
(標準)
U+0D00Malayalam
[マラヤラム文字(南インド ケーララ州)]
(標準)smc-rachanaはuninstall推奨:全未定義文字とU+D3A&4Eとreserveの64-5が丸Rマークに
U+0D80Sinhala
[シンハラ文字(南インド東:スリランカ)]
(標準)
U+0E00Thai
[タイ文字(東南アジア:タイ)]
(標準){Quivira}
U+0E80Lao
[ラオ文字(東南アジア:ラオス)]
2個残:U+EDE-F(Khmu語子音)
U+0F00Tibetan
[チベット文字(チベット語・ゾンカ語:ブータン)]
6個(標準=TibMachUni-1.901b(GPLv2)残:U+0F8C-F&D9-A 規格外:U+0F48) DzongkhaFonts(DDC Rinzin.ttf):OFL 済 参考:THL
U+1000Myanmar
[ミャンマー文字(ビルマ:現ミャンマー)]
(標準)
U+10A0Georgian
[グルジア文字(西アジア(黒海西))]
5個Quivira
U+1100Hangul Jamo
[ハングル字母(東アジア:朝鮮半島)]
(標準)
U+1200Ethiopic[エチオピア文字
(ゲエス文字:アムハラ語 東アフリカ)]
2個AbyssinicaSIL-R(AbyssinicaSIL1.200.zip)(OFL1.1) 済
U+1380Ethiopic Supplement
[エチオピア文字 補助]
(標準){AbyssinicaSIL-R(AbyssinicaSIL1.200.zip)}
U+13A0Cherokee [チェロキー文字
(米国内先住民族の1つ)]
(標準){Quivira, MPH 2B Damase}
U+1400Unified Canadian Aboriginal Syllabics
[カナダ先住民統合音節]
219個Quivira
U+1680Ogham
[オガム文字(古アイルランド語)]
(標準){Quivira}
U+16A0Runic
[ルーン文字(2世紀ゲルマン語表記用)]
(標準){Quivira}
U+1700Tagalog
[タガログ文字(バイバイン文字:フィリピン)]
19個Quivira 済(+ U+170D)
U+1720Hanunoo [ハヌノオ文字
(ハヌノ語:フィリピン ミンドロ島南端)]
22個Quivira 済, {MPH 2B Damase}
U+1740Buhid
[ブーヒッド文字(フィリピン ミンドロ島)]
20個Quivira
U+1760Tagbanwa [タグバンワ文字
(フィリピン パラワン島中北部)]
19個Quivira
U+1780Khmer
[クメール文字(カンボジア)]
(標準)
(2字)
(=KhmerOS.ttf) 2字(U+17B4&5)が別Block Geometric Shapes[幾何学模様]のdotcercle(U+25CC)を前置する定義の為、別font設定では下駄文字化
U+1800Mongolian[モンゴル文字
(モンゴル語満州語シベ語Ali-Gali)]
Mongolian Unicode Test Page
156個 Manchu_Font_2005_2.006.zip(ManchuFont2005.ttf) 済(+10文字:U+1878-E&AB-D +次Block40字U+18B0-D7 BSD License, Public Domain) 参考:Standardized Variants
U+18B0Unified Canadian Aboriginal Syllabics
Extended [カナダ先住民統合音節 拡張]*
70個Quivira
U+1900Limbu
[リンブー文字(インド ネパール)]
66個MPH 2B Damase 済{Namdhinggo(OFL1.1)}
U+1950Tai Le[タイ・ル文字
(雲南省 ラオス ミャンマー タイの一部)]
35個MPH 2B Damase
U+1980New Tai Lue [新タイ・ルー文字
(1950年中国製 中国南部
)]
99個Dai Banna SIL Book(DBSILBR.ttf)等 (SIL OFL1.1) 済
U+19E0Khmer Symbols
[クメール文字 記号]
(標準)(=KhmerOS.ttf)
U+1A00Buginese [ブギ文字
(ブギス語:インドネシア スラウェシ島南部)]
30個MPH 2B Damase 済(+ U+1A1C&D) {Lontara.ttf(掲載元:GPLv2)}
U+1A20Tai Tham[タイ・タム(ラーンナー)文字
(タイ北部 12世紀〜)]*
全127個lannaalif-v1-03.ttf(What is the license?:an answer)
Lanna Unicode UI(License記載無)共に未install
U+1AB0[unassigned 80 characters block]
U+1B00Balinese
[バリ文字(バリ語:インドネシア バリ島)]
121個
(残37字)
Balipolos-0.2.ttf(掲載元 GPLv2)
[Aksara Bali(Free)(+7文字 U+1B4C-F&7D-F)(済)]
U+1B80Sundanese
[スンダ文字(スンダ語:インドネシア ジャワ島)]
64個
(残9字)
SundaneseUnicode(GPL) 残9個(U+1BAB-D&BA-F)
参考:Direktori AKSARA SUNDA untuk UNICODE
U+1BC0Batak
[バタク文字(インドネシア スマトラ州高地)]*
56個Nanggar.ttf(掲載元:GPLv2) 済 {Batak-Unicode(非商用(tujuan nirlaba))}
U+1C00Lepcha
[レプチャ文字(印中国境シャキム)]
74個Mingzat(OFL1.1) 済
U+1C50Ol Chiki [サンタル文字
(サンタル語:東印(ジャールカンド州))]
参考:a portal for Santals
全48個[Code2000(it was Shareware 5$. But the site has closed, the domain name of the site are owned by others.), unifont]
U+1C80[unassigned 64 characters block]
U+1CC0Sundanese Supplement
[スンダ文字 補助]*
全8個None (Ver.6.1 2012/01)
U+1CD0Vedic Extensions
[ヴェーダ文字 拡張]*
39個Siddhanta(一部商用不可) 済
U+1D00Phonetic Extensions
[表音文字拡張]
22個Quivira
U+1D80Phonetic Extensions Supplement
[表音文字拡張 補助]
20個Quivira
U+1DC0Combining Diacritical Marks
Supplement [組分音符 補助]
47個U+1DC0-1DC9: + U+1DCA-1DE6 1DFC-1DFFFreeSerif
U+1E00Latin Extended Additional
[ラテン文字 拡張 追加]
(標準) {Quivira}
U+1F00Greek Extended
[ギリシア文字 拡張]
(標準) {Quivira}
U+2000General Punctuation[一般的な句読点]
(実際は西欧以外は非一般的)]
7個(U+2064&6A-Fの7文字はDejaVu系プロポーシャナルfont等数種の対応font指定時のみ表示) {Quivira}
U+2070Superscripts and Subscripts
[上付き・下付き文字]
8個Quivira 済 (+reserved:U+2072&3;未定義:独自下駄文字)
U+20A0Currency Symbols
[通貨記号]
4個Quivira(+ U+20BB) 済
U+20D0Combining Diacritical Marks
for Symbols [記号用組分音符]
(標準) Sixpack-medium.ttf {U+20E0,E2,E3FreeMono + 他U+20D3-5,D8-A} (+3文字 U+20F1-3) 済
U+2100Letterlike Symbols
[字様記号]
3個Symbola, Quivira {FreeSerif} 済
U+2150Number Forms
[数字字形]
7個FreeSerif {Quivira} 済
U+2190Arrows
[矢印]
(標準) {Quivira}
U+2200Mathematical Operators
[数学演算子]
(標準) {Quivira}
U+2300Miscellaneous Technical
[その他の技術用記号]
21個Symbola {Quivira} 済(+ U+23F4-C)
U+2400Control Pictures
[制御文字画像]
(標準) {Quivira}(+ U+2427-3D)
U+2440Optical Character Recognition
[光学式文字認識記号]
(標準) {Quivira, Symbola}
U+2460Enclosed Alphanumerics
[囲み英数字]
1個(NEGATIVE CIRCLED DIGIT ZERO) Quivira
U+2500Box Drawing
[罫線素片]
(標準) {Quivira}
U+2580Block Elements
[ブロック要素]
(標準) {Quivira}
U+25A0Geometric Shapes
[幾何学模様]
(標準) {Quivira}
U+2600Miscellaneous Symbols
[その他の記号]
73個Symbola
U+2700Dingbats
[絵文字]
16個Symbola 済(+ U+2700)
U+27C0Miscellaneous Mathematical Symbols-A
[その他の数学記号A]
5個Symbola {Quivira} 済
U+27F0Supplemental Arrows-A
[補助的矢印A]
(標準) {Quivira}
U+2800Braille Patterns
[ブレール式点字]
(標準) {Quivira}
U+2900Supplemental Arrows-B
[補助的矢印B]
(標準) {Quivira}
U+2980Miscellaneous Mathematical Symbols-B
[その他の数学記号B]
(標準) {Quivira}
U+2A00Supplemental Mathematical Operators
[補助的数学演算子]
(標準) {Quivira}
U+2B00Miscellaneous Symbols and Arrows
[その他の記号と矢印]
5個Quivira 済(+ U+2B4D-F&5A-EF)
U+2C00Glagolitic[グラゴル文字
(スラブ系語最古文字クロアチア近代迄)]
94個Quivira 済 {MPH 2B Damase, BukyVede (free to use)}
U+2C60Latin Extended-C
[ラテン文字拡張-C]
4個Quivira
U+2C80Coptic [コプト文字
(コプト語:旧エジプト民族の言語)]
123個Quivira 済{Analecta}
U+2D00Georgian Supplement
[グルジア文字 補助]
2個Quivira, MPH 2B Damase
U+2D30Tifinagh
[ティフナグ文字(トゥアレグ語:北西アフリカ)]
4個
(残1字)
(DejaVuSans=TamaloutNoufUNICODE, MPH 2B Damase)
Quivira(残:U+2D7F TIFINAGH CONSONANT JOINER)
U+2D80Ethiopic Extended
[エチオピア文字 拡張]
(標準) {AbyssinicaSIL-R(AbyssinicaSIL1.200.zip)(SIL)}
U+2DE0Cyrillic Extended-A
[キリル文字 拡張A]
32個Quivira
U+2E00Supplemental Punctuation
[補助的句読点] 13個
53個Symbola 済(+U+2E3C-42) {Quivira}
U+2E80CJK Radicals Supplement
[CJK部首 補助]
(標準)
U+2FE0[unassigned 16 characters block]
U+2F00Kangxi Radicals
[康熙部首]
(標準)
U+2FF0Ideographic Description Characters
[部首配置記述文字]
(標準){Quivira}
U+3000CJK Symbols and Punctuation
[CJK記号・句読点]
7個BabelStoneHan(Arphic Public License) 済 {花園明朝A(HanaMinA), 3020&33-5&b-d:IPAGothic, 3030:STIXGeneral-Regular,U+303F:不明}
U+3040Hiragana
[ひらがな]
(標準)
U+30A0Katakana
[全角カタカナ]
(標準)
U+3100Bopomofo
[中国語注音符号]
(標準)(+ U+312E)
U+3130Hangul Compatibility Jamo
[ハングル互換字母]
(標準)
U+3190Kanbun
[漢文の読点]
2個BabelStoneHan
U+31A0Bopomofo Extended
[ハングル注音字母 拡張]
3個BabelStoneHan
U+31C0CJK Strokes
[CJK字画]
(標準)
U+31F0Katakana Phonetic Extensions
[カタカナ表音 拡張(追加拗音)]
(標準)
U+3200Enclosed CJK Letters and Months
[CJK囲み文字と月]
13個花園明朝A(HanaMinA) 済 {AR PL UMing(uming.ttc)}
U+3300CJK Compatibility
[CJK互換文字]
37個花園明朝A(HanaMinA)
U+3400CJK Unified Ideographs Extension A
[CJK統合漢字拡張A]
(標準)
U+4DC0Yijing Hexagram Symbols
[六十四卦易記号]
(標準)
U+4E00CJK Unified Ideographs
[CJK統合漢字]
1個(U+9FCC) 花園明朝A(HanaMinA)
U+A000Yi Syllables
[彝(い)文字]
1165個NuosuSIL(OFL1.1) 済
U+A490Yi Radicals
[彝(い)文字部首]
55個NuosuSIL
U+A4D0Lisu
[リス文字]
48個Quivira
U+A500Vai
[ヴァイ文字]
300個Dukor(掲載元 OFL1.1) 済 {Quivira}
U+A640Cyrillic Extended-B
[キリル文字 拡張B]
58個Quivira 済 {FreeSerif}
U+A6A0Bamum[バムン文字
(20世紀〜中部アフリカ カメルーン宮廷)]*
全88個None (Ver.5.2 2009/10)
U+A700Modifier Tone Letters
[声調修飾文字]
12個Quivira
U+A720Latin Extended-D
[ラテン文字拡張-D]
91個Quivira
U+A800Syloti Nagri
[シロティ・ナグリ文字]
44個MPH 2B Damase
U+A830Common Indic Number Forms
[共通インド数字形]*
10個AnnapurnaSIL-1.100.zip(OFL1.1) 済
{Siddhanta(一部商用不可)}
U+A840Phags-pa
[パスパ文字]
56個BabelStone Phags-pa(free to download and use)済
U+A880Saurashtra
[サウラーシュトラ文字]
81個Pagul_v1.0.zip(Pagul.ttf)(GPLv3) 済 {Sourashtra(licence不明) (+ U+A8C5)}
U+A8E0Devanagari Extended
[デーヴァナーガリー文字 拡張]*
28個(標準=Lohit-Devanagari.ttf:最新版は完全対応)AnnapurnaSIL-1.100.zip 済 {Siddhanta(一部商用不可)}
U+A900Kayah Li
[カーヤ文字]
47個Kantarawaddy(GPLv3) 済
U+A930Rejang
[ルジャン文字(インドネシア スマトラ島北西岸)]
37個Rejang済(掲載元:GPLv2(indonesian-fontsにも収録))
U+A960Hangul Jamo Extended-A
[ハングル字母 拡張A]*
(標準)(UnBatang)
U+A980Javanese[ジャワ文字(ジャワ語:インドネシアの
4割の母語 ジャワ島中央/東部/西部北岸
)]*
91個Tuladha Jejeg(TuladhaJejegGr_1.92.zip)(OFL) 済
{javanese.ttf(掲載元: GPLv2)}
U+A9E0[unassigned 32 characters block]
U+AA00Cham
[チャム文字(カンボジア, ベトナム中南部)]
全83個CJM KH 001(Freeware, Non-Commercial)
[unifont (Code2000)]
U+AA60Myanmar Extended-A
[ミャンマー文字 拡張A]*
(標準)
U+AA80Tai Viet [タイ・ヴェト文字
(ラオス北部 タイ中部 ベトナム北西部)]*
56個Tai Heritage Pro(TaiHeritagePro2_5.zip)(OFL) 済
U+AAE0Meetei Mayek Extensions
[マニプリ文字 拡張]*
全32個None (Ver.6.1 2012/01)
U+AB00Ethiopic Extended-A
[ゲエズ文字 拡張A]*
32個標準の古いAbyssinica_SIL.ttf要除却
AbyssinicaSIL-R(AbyssinicaSIL1.200.zip)(OFL) 済
U+AB30[unassigned 144 characters block]
U+ABC0Meetei Mayek
[マニプリ文字]*
56個Eeyek(GPL2(copying.txt)) 済
U+AC00Hangul Syllables
[ハングル音節文字]*
(標準)
U+D7B0Hangul Jamo Extended-B
[ハングル字母 拡張B]*
(標準)
U+D800High Surrogates [上位代用符号位置]
参考:サロゲートペア(代用対)
(システム)上位コード1024個(1,048,576字の符号化拡張用)
U+DB80High Private Use Surrogates
[上位私用代用符号位置]
(システム)上位代用符号中、私用文字(外字)と看做されるもの。
U+DC00Low Surrogates [下位代用符号位置](システム)1024個の下位コード(1,048,576文字の符号化拡張用)
U+E000Private Use Area [私用領域(外字領域)](外字)自由活用
U+F900CJK Compatibility Ideographs
[CJK互換漢字]
11個花園明朝A 済
U+FB00Alphabetic Presentation Forms
[アルファベット表記字形]
(標準)(5個過大)→下駄文字に変化
U+FB50Arabic Presentation Forms-A
[アラビア表示字形A]
441個Amiri 済 {BabelStoneHan2/3}
U+FE00Variation Selectors [異体字セレクタ](システム)参考:ユニコード(特殊用途文字), Standardized Variants
U+FE10Vertical Forms
[縦書字形]
(標準)
U+FE20Combining Half Marks
[半記号(合成可能)]
(標準)Symbola(+7文字 U+FE27-D)
U+FE30CJK Compatibility Forms
[CJK互換字形]
(標準)
U+FE50Small Form Variants
[小字形]
1個(SMALL EM DASH) BabelStoneHan
U+FE70Arabic Presentation Forms-B
[アラビア表示字形B]
(標準)
U+FF00Halfwidth and Fullwidth Forms
[半・全角字形]
1個(U+FFA0 HALFWIDTH HANGUL FILLER)
[unifont] 無表示に
U+FFF0Specials [特殊文字](システム)参考:ユニコード(特殊用途文字) {Quivira}
続きを読む
posted by Mire at 00:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

【Linux】「lshw」でバード情報取得

 CPUを含むハード情報は「dmidecode」で出力し確認出来る。しかしCPUの情報を見ると以下の様に見易く出力される。しかし、「Upgrade: Socket LGA1366」と意味不明の記述に加え、「Max Speed: 4800 MHz」と規格の倍表記だったり、「Current Speed: 2400 MHz」と常に最大周波数が出力される為、いささか眉唾もの感が否めない。それでWindowsアプリのCPU-X的なLinuxアプリを探して試た。それが首記の「lshw」である。「lshw」では、少なくともSpeed数字上の齟齬は無い様だ。



[mire@mire_server ~]$ sudo dmidecode --type=4
[sudo] password for mire:
# dmidecode 2.11
SMBIOS 2.6 present.

Handle 0x0400, DMI type 4, 42 bytes
Processor Information
Socket Designation: Proc 1
Type: Central Processor
Family: Xeon
Manufacturer: Intel
ID: A7 06 02 00 FF FB EB BF
Signature: Type 0, Family 6, Model 42, Stepping 7
Flags:
FPU (Floating-point unit on-chip)
VME (Virtual mode extension)
DE (Debugging extension)
PSE (Page size extension)
TSC (Time stamp counter)
MSR (Model specific registers)
PAE (Physical address extension)
MCE (Machine check exception)
CX8 (CMPXCHG8 instruction supported)
APIC (On-chip APIC hardware supported)
SEP (Fast system call)
MTRR (Memory type range registers)
PGE (Page global enable)
MCA (Machine check architecture)
CMOV (Conditional move instruction supported)
PAT (Page attribute table)
PSE-36 (36-bit page size extension)
CLFSH (CLFLUSH instruction supported)
DS (Debug store)
ACPI (ACPI supported)
MMX (MMX technology supported)
FXSR (FXSAVE and FXSTOR instructions supported)
SSE (Streaming SIMD extensions)
SSE2 (Streaming SIMD extensions 2)
SS (Self-snoop)
HTT (Multi-threading)
TM (Thermal monitor supported)
PBE (Pending break enabled)
Version: Intel(R) Celeron(R) CPU G530 @ 2.40GHz
Voltage: 1.4 V
External Clock: 100 MHz
Max Speed: 4800 MHz
Current Speed: 2400 MHz
Status: Populated, Enabled
Upgrade: Socket LGA1366
L1 Cache Handle: 0x0710
L2 Cache Handle: 0x0720
L3 Cache Handle: 0x0730
Serial Number: Not Specified
Asset Tag: Not Specified
Part Number: Not Specified
Core Count: 2
Core Enabled: 2
Thread Count: 2
Characteristics:
64-bit capable

[mire@mire_server ~]$

続きを読む
posted by Mire at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

【嵌りました】CRONで動かない! cron jobに環境変数LANGは引継がれず

 cron設定では、時々、上手く自動実行出来ずにあたふたすることがあるが、それは概ねスクリプトの実行権限設定なり、/etc/cron.d/内のファイル記述ミスの問題で、crondの実行タイミングを避けて「sudo service crond.restart」辺りでcrondのサービスを再起動させ認識させてば次回の実行タイミングから実行される。

 しかし、今回、前稿の「HP ProLiant ML110 G7 OSレスモデル 6473360-AHZN」のセンサー値のDB書込みPythonプログラムに、im_sensors経由のCPU Coreの温度センサー値を附加したところ、手動ではDB書込み迄実行出来るものの、crondでは、どうもim_sensorsの処理のところで例外発生で異常終了してしまっている様だった。
 その間のDB書込みは、これ迄のipmiの分迄は追加スクリプトの前に記述し個別にcommit迄される仕様としたので事なきを得たが、手動実行時と異なり、明示的な例外処理記述をしていないもののcron job実行のメッセージは「/var/log/messages」に次の様に、「何かあったよ!」程度の目立たないログを残す程度であり、今回は真の原因を見逃してしまいcrondの使い方の誤り思い込み右往左往してしまった次第だ。
「 abrt: detected unhandled Python exception in '/usr/local/bin/ipmi_and_sensors.py'」

 原因は首記の通りcron job実行では「環境変数LANGが引継がれない仕様」だからで、その為、im_sensorsのデータ取得で活用した「sensors」コマンドの実行時にlocaleに「LANG=ja_JP.UTF-8」が適用されない為、出力文字に変化があり、pythonの文字列処理で不測の事態を生じたからであった。それでは、先ずは、このことを
確認する為の簡単なcron jobを示し「cron jobにrootの環境変数LANGは引継がれない仕様」を明らかにしよう。
続きを読む
posted by Mire at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

【CentOS6.2】OOoの挙動対策でLibreOffice3.5.3をinstallし試す

 はっきり言って、Office Suite アプリは、滅多に使わないので、個人的にはCentOS6.2上の在るがままのOpenOfficeOrg(OOo)でも充分である。でも、紙出力を伴うHuman Interfaceとして利用が主な方々にとっては、唯一、馴染みのあるアプリであり、その挙動が、業界標準のMS Officeと異なることは致命的な反応を生むことになる。
 先日、ある友人より、「シートの印刷が出来ない」とのヘルプコールがあり、自宅にお邪魔してよくよく聞いて試るとOpenOfficeOrgの奇妙な仕様が明かになった。
 「OpenOfficeOrgのCalcで新規のシート上では作表を済ませただけではデフォルトの印刷範囲がない為、印刷が出来ない。曲がりなりに印刷するにしても、必ず書式の印刷範囲の定義を行なう必要がある。」ということだ。これは、当方の記憶でも、MS Excelの挙動とは異なるものであるが、当方の場合、印刷前には必ず印刷範囲を設定するのでこれ迄気付かなかったことて゜あった。新規のシートに既定の印刷範囲定義を持つことがユーザにとり親切なのかどうかは個々のユーザの行動次第だが、少なくともこの既定値があれば、文字1文字でも入れさえすれば印刷が可能なので、bignnerにとり取っつきが良くなる効果はあることは明らかであり、マーケティング的に正しい選択だと考える。
 このOpenOfficeOrgの奇妙な挙動が本当に仕様なのかそれとも何らかの起因から発生した意図しないバグに過ぎないのかは判らないが、友人の様に感じる人がいる以上、調べざるを得なくなり、MS Officeとの互換度を向上させているLibreOfficeを試すことにした。LibreOffice自体は、もう既にほとんどの新規Linuxディストリビューションで標準採用されているので、OSをupgradeすれば最初から活用出来る。でも、残念ながら愛用のCentOS6.2では未だ標準ではないので、LibreOfficeをinstallすることになった。LibreOfficeはOpenOfficeから独立した派生したばかりなので、独自ライブラリはそれぞれのパッケージに全て入っているだろうし他の共通ライブラリも、まだ一致しているものとは思われるので、install先とアプリの実行ファイル名がどう変わるかということに注意すれば良さそうに思ったのが、ググるとロシアのfadra製rpmは容易に見つかったが、入れる気にならなかった。そこで、基本に帰り、LibreOfficeの配布元のDownloadを見ると圧縮ファイルでパッケージをまとめた「LibO_3.5.3_Linux_x86-64_install-rpm_en-US.tar.gz」があることがわかったので、今回はそれを試すことにした。

 例により、当方が行なったハンド処理をスクリプトにすると以下の通りである。決して指示通りの手順ではないので参考にはならないだろうが、取り敢えずinstall出来たことだけは申し上げておく。
            ./installLibreOfficeJa.sh


#!/bin/bash

cd ~
mkdir InstallFiles/LibreOffice
cd InstallFiles/LibreOffice
wget http://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/3.5.3/rpm/x86_64/LibO_3.5.3_Linux_x86-64_install-rpm_en-US.tar.gz
tar xvzf LibO_3.5.3_Linux_x86-64_install-rpm_en-US.tar.gz
cd LibO_3.5.3rc2_Linux_x86-64_install-rpm_en-US/RPMS/
sudo yum install libreoffice3.5-3.5.3-2.x86_64.rpm libobasis3.5-* libreoffice3.5-ure*

cd desktop-integration/
sudo yum install libreoffice3.5-freedesktop-menus-3.5.3-2.noarch.rpm


cd ~/InstallFiles/LibreOffice
wget ftp://ftp-srv2.kddilabs.jp/office/tdf/libreoffice/stable/3.5.3/rpm/x86_64/LibO_3.5.3_Linux_x86-64_langpack-rpm_ja.tar.gz
tar xvzf LibO_3.5.3_Linux_x86-64_langpack-rpm_ja.tar.gz
cd LibO_3.5.3rc2_Linux_x86-64_langpack-rpm_ja/
sudo yum install lib*
cd ~
 尚、解凍するとその中には「readmes/README_en-US」(和訳はinstall後/opt/libreoffice3.5/readmes/README_ja)があるので、細かくはそちらを読むべきだろう。残念ながら、RedHat(CentOS)向けの説明は無いが、Fedoraの類推で理解して頂けることだろう。(当方のCentOS6.2の環境では、「su -c '〜'」の代わりに、mireと言うIDで「sudo 〜」を利用可能にしている為、これを使っているだけである。詳細は次稿の「【CentOS6.2】sudoで管理者間root Password共有を止める」を参照頂きたい。)
            /opt/libreoffice3.5/readmes/README_ja



======================================================================
LibreOffice 3.5 README
======================================================================


この readme ファイルの最近の更新については、http://www.libreoffice.org/welcome/readme.htmlを見てください

このファイルはソフトウェア LibreOffice についての重要な情報を含んでいます。インストールを始める前に十分注意してこれを読むことをお勧めします。

LibreOffice コミュニティはこの製品の開発に対して責任を負い、あなたにコミュニティメンバーとして参加することを考えていただくようご案内します。あなたが新しい利用者なら、LibreOffice のサイトを訪れることができます。そこで LibreOffice プロジェクトやその周りに存在するコミュニティについての多くの情報を見つかります。http://www.libreoffice.org/ へどうぞ。

LibreOffice は本当にどの利用者に対してもフリーですか?
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice は誰でも自由に利用できます。LibreOffice のコピーを用意して、それを好きなだけたくさんのコンピュータにインストールし、そしてそれを(商用や政府向け、行政向け、教育での利用などを含む)好きな目的で使ってかまいません。さらなる詳細についてはこの LibreOffice ダウンロードに同梱されているライセンスの文面を見てください。

なぜ LibreOffice はどの利用者に対してもフリーなのですか?
----------------------------------------------------------------------

あなたは LibreOffice のこのコピーを無償で利用することができます。なぜなら、個人の貢献者や企業スポンサーが設計し、開発し、検証し、翻訳し、文書化し、サポートし、マーケティングをし、その他の多くの方法で助けることによって、LibreOffice は今日あるような形 - 世界で最も優れた家庭およびオフィス向けのオープンソースプロダクティビティソフトウェアになっているからです。

彼らの努力に感謝し、LibreOffice が将来にわたって利用し続けられることを確かなものにしたいとお考えなら、プロジェクトに貢献することを検討してみてください - 詳しくは http://www.documentfoundation.org/contribution/ をご覧ください。誰でも何らかの形で貢献できます。

----------------------------------------------------------------------
インストールに関する注記
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice のすべての機能を使うにはJava 実行環境 (JRE) の最近のバージョンが必要です。JREは LibreOffice には含まれていないので、別途インストールする必要があります。

システム要件
----------------------------------------------------------------------

一般的なルールとして、特定のLinuxディストリビューションで要求された方法で(例えばUbuntuの場合、Ubuntuソフトウェアセンターから) LibreOffice をインストールするべきです。なぜなら、これが最も簡単な、システムに統合されたインストールを行う方法だからです。実のところ、LibreOfficeはLinux OSをインストールした際、一緒にインストールされているでしょう。

このスタンドアロン版 LibreOffice インストーラは、試用や特殊用途、または一般的でないケースで使用するユーザー向けに提供されたものです。

* Linux Kernel バージョン 2.6.18 以上
* glibc2 バージョン 2.5 以上
* gtk バージョン 2.10.4 以上
* Pentium 互換PC (Pentium IIIもしくはAthlon推奨)
* 256 MB の RAM (512 MB の RAM を推奨);
* 1.55GB以上のハードディスクの空き容量
* 解像度1024x768(より大きい解像度を推奨)、少なくとも256色の X サーバー
* gail 1.8.6とat-spi 1.7パッケージを使用したGNOME 2.16、あるいはそれ以上(支援技術[AT]を要求)、またはその他の互換GUI(KDE等々)。

Linux ディストリビューションにはたくさんの種類があり、同じ Linux ベンダーから利用できる異なるインストールオプション(KDE 対 Gnome など)があります。ディストリビューションによってはコミュニティが提供している LibreOffice と異なる機能をもつ独自の"ネイティブ"版 LibreOffice を出しています。多くの場合、ネイティブ版がインストールされている状態でもコミュニティが提供している LibreOffice をインストールすることができます。しかしこのコミュニティ提供版をインストールする前に"ネイティブ"版を削除したほうが良いでしょう。どのように行うかについての詳細は、個別の Linux ベンダーが用意しているユーザーヘルプの資料にあたってください。

ソフトウェアを削除またはインストールする前にシステムとデータのバックアップをとることが最善でお勧めです。

システムの一時ディレクトリに十分なメモリーがあることを確認してください、そして読み込み、書き込み、および実行権限があることを確認してください。インストール処理を開始する前に他の全てのプログラムを閉じてください。

LibreOffice を Debian/Ubuntu ベースのLinuxシステムにインストールする方法
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice の以前のバージョンがすでにインストールされている場合、先に進む前にそれをアンインストールしなければなりません。どうやって言語パックを(LibreOffice の US English 版をインストールした後で)インストールするかについての説明は、以下にある言語パックのインストールと題された節をお読みください。

ダウンロードされたアーカイブを展開する際、1つのサブディレクトリにその内容が展開されます。ファイルマネージャーのウィンドウを開き、"LibO_" で始まりバージョン番号とプラットフォームの情報が続くディレクトリに現在のディレクトリを変更してください。

このディレクトリは"DEBS"と呼ばれるサブディレクトリを含みます。"DEBS"ディレクトリへ現在のディレクトリを変更してください。

そのディレクトリで右クリックをし、"ターミナルを開く"を選択してください。ターミナルウィンドウが開きます。ターミナルウィンドウのコマンドラインから、以下のコマンドを入力してください(コマンドが実行される前に root ユーザーのパスワードを入力するよう促されます):

sudo dpkg -i *.deb

上の dpkg コマンドはインストールのプロセスの最初の部分を行います。このプロセスを完了するために、デスクトップ統合パッケージをインストールする必要があります。これを行うには、次のコマンドを使い、"DEBS"の中にある"desktop-integration"ディレクトリに現在のディレクトリを変更してください:

cd desktop-integration

ここで再度 dpkg コマンドを実行します:

sudo dpkg -i *.deb

これでインストールのプロセスが完了しました、デスクトップのアプリケーション/オフィスのメニューに全ての LibreOffice アプリケーションのアイコンがあるはずです。

LibreOffice を Fedora, SUSE, Mandriva や他のRPMを採用したLinuxシステムにインストールする方法
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice の以前のバージョンがすでにインストールされている場合、先に進む前にそれをアンインストールしなければなりません。どうやって言語パックを(LibreOffice の US English 版をインストールした後で)インストールするかについての説明は、以下にある言語パックのインストールと題された節をお読みください。

ダウンロードされたアーカイブを展開する際、1つのサブディレクトリにその内容が展開されます。ファイルマネージャーのウィンドウを開き、"LibO_" で始まりバージョン番号とプラットフォームの情報が続くディレクトリに現在のディレクトリを変更してください。

このディレクトリは"RPMS"と呼ばれるサブディレクトリを含みます。"RPMS"ディレクトリへ現在のディレクトリを変更してください。

そのディレクトリで右クリックをし、"ターミナルを開く"を選択してください。ターミナルウィンドウが開きます。ターミナルウィンドウのコマンドラインから、以下のコマンドを入力してください(コマンドが実行される前に root ユーザーのパスワードを入力するよう促されます):

Fedora ベースのシステム向け: su -c 'yum install *.rpm'

Mandrivaベースのシステム向け: sudo urpmi *.rpm

他のRPMを使用するシステム(Suse等)向け: rpm -Uvh *.rpm

上のコマンドはインストールのプロセスの最初の部分を行います。このプロセスを完了するために、デスクトップ統合パッケージをインストールする必要があります。これを行うには、次のコマンドを使い、"RPMS"の中にある"desktop-integration"ディレクトリに現在のディレクトリを変更してください:

cd desktop-integration

ここで再度インストール用コマンドを実行してください:

Fedora ベースのシステム向け: su -c 'yum install *freedesktop*.rpm'

Mandriva ベースのシステム向け: sudo urpmi *mandriva*.rpm

SUSE ベースのシステム向け: rpm -Uvh *suse*.rpm

その他の RPM ベースのシステム向け: rpm -Uvh *freedesktop*.rpm

これでインストールのプロセスが完了しました、デスクトップのアプリケーション/オフィスのメニューに全ての LibreOffice アプリケーションのアイコンがあるはずです。

ここまでのインストールガイドでカバーされなかった、Linuxディストリビューションのデスクトップ統合環境に関しての注意
----------------------------------------------------------------------

これらのインストールの説明で明示的に扱っていない他の Linux ディストリビューションで LibreOffice をインストールするのは簡単にできるはずです。違いが見つかる主な面はデスクトップインテグレーションです。

デスクトップインテグレーションのディレクトリは libreoffice3.3-freedesktop-menus-3.3.1.noarch.rpm という(または類似した)名前のパッケージも含みます。これは Freedesktop.org specifications/recommendations (http://en.wikipedia.org/wiki/Freedesktop.org)に対応している全ての Linux ディストリビューションのためのパッケージで、上で述べた説明で扱っていない他の Linux ディストリビューションでのインストールのために提供されています。

Language Pack のインストール
----------------------------------------------------------------------

ご望みの言語およびプラットフォームの言語パックをダウンロードしてください。それらは主要なインストールアーカイブとして同じ場所から取得できます。Nautilus ファイルマネージャーから、ダウンロードしたアーカイブを1つのディレクトリ(例えば、デスクトップ)に展開してください。LibreOffice のアプリケーション(もし開始していれば、クイックスターターも含め)全てを終了していることを確認してください。

現在のディレクトリをダウンロードした言語パックを展開したディレクトリに変更してください。

ここで現在のディレクトリを展開の処理の間に作成されたディレクトリに変更してください。例えば、32bit の Debian/Ubuntu ベースのシステム向けのフランス語の言語パックでは、そのディレクトリは LibO_ に続けてバージョン情報、続けて Linux_x86_langpack-deb_fr という名前になっています。

ここで現在のディレクトリをインストールするパッケージを含むディレクトリに変更してください。Debian/Ubuntu ベースのシステムでは、このディレクトリは DEBS です。Fedora や Suse、Mandriva システムでは、RPMS です。

Nautilus ファイルマネージャーから、そのディレクトリで右クリックしてコマンド"ターミナルを開く"を選択してください。そこで開いたターミナルウィンドウで、言語パックをインストールするコマンドを実行してください(以下の全てのコマンドについて、root ユーザーのパスワードを入力するよう促されることがあります):

Debian/Ubuntu ベースのシステム向け: sudu dpkg -i *.deb

Fedora ベースのシステム向け: su -c 'yum install *.rpm'

Mandriva ベースのシステム向け: sudo urpmi *.rpm

他のRPMを使用するシステム(Suse等)向け: rpm -Uvh *.rpm

ここでLibreOfficeのアプリケーションの1つ - 例えば Writer を開始します。ツールメニューに行きオプションを選択してください。オプションのダイアログボックスで、"言語設定"をクリックしそして"言語"をクリックしてください。"ユーザーインタフェース"リストをドロップダウンし、インストールした言語を選択してください。お望みなら、同じことを"ロケール設定"や"既定の通貨"、"文書のための既定の言語"でも行ってください。

これらの設定を調整した後、OK をクリックしてください。ダイアログボックスが閉じて、LibreOffice を終了して再度起動した(もし起動していれば、クイックスターターも終了することを忘れないでください)ときに初めて変更が有効になるということを知らせる情報メッセージが出てくるでしょう。

次回にLibreOfficeを起動させると、インストールした言語で開始されます。

----------------------------------------------------------------------
プログラム起動時の問題
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice 起動時の問題 (たとえばアプリケーションがハングする) や、画面表示の問題の多くは、グラフィックスカードドライバが原因です。このような問題が発生した場合は、グラフィックスカードドライバを更新するか、OS 付属のグラフィックスドライバを使用してみてください。3D オブジェクト表示の問題は、「ツール」→「オプション」→「LibreOffice」→「表示」→「3D 表示」の下にある「OpenGL の使用」オプションをオフにすると解決されることがあります。

----------------------------------------------------------------------
ショートカットキー
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice で使用できるショートカット (キーの組み合わせ) は、オペレーティングシステムで使用されていないものだけです。LibreOffice のショートカットキーが LibreOffice ヘルプの記述どおりに動作しない場合は、そのショートカットキーがすでにオペレーティングシステムで使用されているかどうかを確認してください。このような競合を解決するには、オペレーティングシステムによって割り当てられているキーを変更してください。または、LibreOffice 側でキーの割り当てを変更します (ほとんどのキー割り当ては変更が可能です)。詳細については、LibreOffice のヘルプまたはオペレーティングシステムのヘルプを参照してください。

----------------------------------------------------------------------
ファイルのロック
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice のファイルロックはデフォルトで有効になっています。ネットワークファイルシステムプロトコル(NFS) を使用するネットワークでは、 NFS クライアント用のロックデーモンが起動していなければなりません。ファイルロックを無効化するには、 soffice スクリプトの「export SAL_ENABLE_FILE_LOCKING」を「# export SAL_ENABLE_FILE_LOCKING」に変更してください。ファイルロックを無効にした場合は、ドキュメントの書き込みアクセスはドキュメントを最初に開いたユーザーのみに制限されません。

警告: Solaris 2.5.1 または 2.7 を Linux NFS 2.0 と組み合わせて使用している場合は、ファイルロック機能を有効にすると問題が発生することがあります。これに該当するシステム環境では、ファイルロック機能は使用しないことを強くお勧めします。ファイルロック機能が使用されている場合は、NFS でマウントされたディレクトリにあるファイルを Linux コンピュータから開こうとすると、LibreOffice がハングアップします。

----------------------------------------------------------------------
グラフィック性能
----------------------------------------------------------------------

既定では、LibreOffice は速度よりも見栄えのよいグラフィックスを優先します。遅いグラフィックスになっている場合は、'ツール - オプション - LibreOffice - ビュー - アンチエイリアスの使用'をオフにするとよいでしょう。

----------------------------------------------------------------------
重要な利用を手助けするためのノート
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice でのアクセシビリティの機能についてのさらなる情報は、http://www.libreoffice.org/accessibility/ をご覧ください

----------------------------------------------------------------------
ユーザーサポート
----------------------------------------------------------------------

LibreOfficeのヘルプが欲しい場合、 http://www.libreoffice.org/support/ がサポートページなので、こちらをご覧ください。 すでに答えられているかもしれない質問は、 http://www.documentfoundation.org/nabble/ のコミュニティフォーラムをチェックしてください。あるいは、 http://www.libreoffice.org/lists/users/にある'users@libreoffice.org' のメーリングリストを検索してみてください。あるいは、質問したい場合は users@libreoffice.org に送ってください。このリストを購読したい場合は、空メールを users+subscribe@libreoffice.orgに送ってください。日本語では、 http://ja.libreofficeforum.org/ にフォーラムが、 http://wiki.documentfoundation.org/Local_Mailing_Lists#Japanese にメーリングリストがあります。

また http://www.libreoffice.org/faq/ にある FAQ の節も確認してください。

----------------------------------------------------------------------
バグと問題の報告
----------------------------------------------------------------------

バグを報告し追跡し解決するための私たちのシステムは現在 BugZilla であり、https://bugs.freedesktop.org/ で親切にホストされています。全てのユーザーに対し個別のプラットフォームで生じるバグを報告する資格があり歓迎されているとお考えください。バグの精力的な報告はユーザーコミュニティが LibreOffice の進行中の開発や改善に対してできる最も重要な貢献の1つです。

----------------------------------------------------------------------
コミュニティーへの参加
----------------------------------------------------------------------

LibreOffice コミュニティーでは、この重要なオープンソースプロジェクトの発展への積極的な参加をお待ちしています。

利用者として、あなたは既にこのスイートの開発プロセスの価値のある一部分であり、コミュニティーにとって長期に渡る貢献者となるように、一層のアクティブな役割を果たすことを勧めます。ぜひ参加して、 http://www.libreoffice.org/contribution/にある貢献のページを調べてみてください。

始め方
----------------------------------------------------------------------

貢献を始めるために最善の方法は、1つまたはそれ以上のメーリングリストを購読し、しばらく様子を見て、徐々にメールのアーカイブを使って2000年10月まで遡るLibreOfficeのソースコードがリリースされて以来出てきているたくさんの話題に親しむことです。良い状態になれば、あとは自己紹介のメールを送って飛び込むだけです。オープンソースプロジェクトに慣れているなら、http://www.libreoffice.org/develop/で私たちの To-Do リストを調べて手伝いたいと思うものがないか見てください。

購読
----------------------------------------------------------------------

購読できるメーリングリストが次の場所にあります: http://www.libreoffice.org/contribution/

* お知らせ: announce@documentfoundation.org *すべてのユーザに推奨* (小流量)
* 主となるユーザのリスト: users@libreoffice.org *議論に潜伏する簡単な方法* (多流量)
* マーケティング・プロジェクト: marketing@libreoffice.org *開発を越えて* (多くなってきた)
* 一般的な開発者向けリスト: libreoffice@lists.freedesktop.org (多流量)

一つ以上のプロジェクトに参加
----------------------------------------------------------------------

ソフトウェアの設計やコーディングの経験が少なくても、この重要なオープンソースプロジェクトに貢献する方法はあります。

新しい LibreOffice 3.5 をどうぞお楽しみください。そして、オンラインコミュニティーに参加していただけることを願っています。

LibreOffice コミュニティ

----------------------------------------------------------------------
使用された / 修正されたソースコード
----------------------------------------------------------------------

Portions Copyright 1998, 1999 James Clark. Portions Copyright 1996, 1998 Netscape Communications Corporation.

 さて、以上のinstall作業では「/opt/libreoffice3.5」内にLibreOfficeの実体が置かれるだけで、デスクトップにやへのメニュー登録迄はされなかった。何か良からぬ手順だったのかディストリビューションの差異で災いしているのかもしれないが、LibreOfficeの実行ファイルを探すと「/opt/libreoffice3.5/program/soffice」がLibreOffice全体の起動ファイルであることが判ったので、それをコンソール実行することで目出度く立ち上がった。後、メニュー登録等は仕様を調べてからの後日対処とする。
 2012-05-17追記: メニュー登録は、スクリプト上の斜体表示部分が漏れていた為であった。途中「を作成できません: ディレクトリではありません」というメッセージを吐くが正常に「アプリケーション」「オフィス」配下にメニュー登録される。

 また、まだ入れたばかりなので評価するのはおこがましい限りだが、予想通り、MS-Officeとの互換性重視の仕様とした為、OpenOfficeOrgで作成したファイルを読み込んで試ると微妙に表示が崩れることは事実であるが、その振舞いはOpenOfficeOrgのMS Office的でないところを変更した副作用であり、恐らくはMS Officeとの差は縮まっているのかと思う。
 実際、ここで指摘したCalcでの新規シートの印刷範囲の既定値はシート全体となっている様で、1文字でも入力するだけで、プレビューに表示される様になることを確認出来た。取り敢えず、友人の疑問に対すしてはLibreOffice活用でお応え出来る様だ。まあ、既存のOpenOfficeOrgファイルの修正がいくらか必要かもしれないので、既存ファイルは取り敢えずOpenOfficeOrgで使い、新規分からは、LibreOffice活用する形で対応した法が良いだろう。

 尚、後日の切分けの為、今回の手動install作業を以下に添付して置く。
続きを読む
posted by Mire at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

【ネット通話】CentOS6.2にSkypeをyum install後、最新版に

 今時、個人のPCには必ず直ぐに開始出来る様になっているし、最近ではテレビにも組み込まれていることすらあるSkypeをCentOS6.2に入れてしまおうというのが本日のお題である。
 既にSkypeはAndroid端末にinstallしほぼ常時サインイン状態になる様にして友人との通話に活用しているので、ことさらLinux端末でSkype通話をしたいと言う訳ではなく、ただ単に今手持ちのUSBカメラが今時のLinuxでそのまま利用出来るものかどうかをチェックしたかったからである。
 install自体は極めて簡単で、いつもの様にその手順をスクリプトにまとめると、次の通りSkypeのCentOS6用のrpmを拾ってきてyumするだけであった。
続きを読む
タグ:CentOS6 skype
posted by Mire at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

【CentOS6】Linux端末でDVDラベル印刷 with glabels-2.2.8-2.1

 今回、4枚程DVDを一度に焼くと、やはりその盤面にラベル印刷をしたくなった。以前紹介した様にDVDラベルの印刷は、これ迄Vista環境で立ち上げ直して市販のWindowsアプリで行って来ていた。しかし、作業効率上、その為だけに連続作業中のLinuxをshutdownしたくないものだ。数日間は、焼いたDVD4枚共にケースに納め区別して来たものの、次々と取り出して端末側やサーバ側で利用しているとだんだんとどれがどれやら判らなくなって来てしまったのだ。
 多少泥縄的だが、もう管理の限界なので、そんなこと今やってる場合かと思いつつも、Lunux環境でのディスクラベル印刷環境作りをすることにした。

 ネット検索すると、有難いことに首記のglabelsというLinuxアプリがあることが判り、installさせて頂いた。
続きを読む
posted by Mire at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

【CentOS6.0】EPSON複合プリンタEP-801Aの純正並みInstall

 CentOS6.0では、標準でもxsaneを使えば、取り敢えずは75,300,1200,2400dpiの解像度でスキャン出来る様にはなる。でも、その作りは、Windows等でEPSONが提供している機能とは比較にならない程シンプルなので、いったいどの設定をどれだけ組合せると同じ画質に持って行けるのかが、画像処理の素人には判らないのが現実である。

 そんな場合EPSONユーザに対する救世主がアヴァシス株式会社の「Image Scan! for Linux」である。これをInstallすることで、WindowsでのSCAN操作に近いGUI操作による利用環境が整備出来る。
Image Scan! for Linux EPSON EP-801A
 残念なことにスキャン領域は逐次イメージの角から角を指定しなければならなかったりと、かったるいところもあるものの、「イメージタイプ」には当方の良く使う「カラー書類」が選択出来るし、不足なら濃度補正で影を消し元の線画の書類により近いイメージをプレビュー時にWindows環境と同じ様に対処することが出来る。解像度も50,75,96,150,200,240,300,360,400,600,720,800,1200,1600,2400,3200,4800と、ほとんど不要なくらい選択出来る様になる。インストール方法は次の通りだ。

続きを読む
posted by Mire at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

【Ubuntu11.10 Update】Ubuntuソフトウェアセンター 表示不能を解決

 現在、CentOS6.0が日常の利用OSであるわけだが、CentOS6.0残念なことに企業サーバ用途が中心のRedhat Enterprise Linux6.0のクローンOSの為、端末用途で言うと不満が多い。その点、Ubuntuは、どちらかというと端末用途に強い構成のパッケージングとなっているので、必要によりそちらを使っている。
 以前、Ubuntu10.04を使っていた訳だが、そのまま同じものを使うのも芸がないので、mireが使い慣れたKDEを主環境としたKubuntuを導入していた。動画処理等では重宝している次第だが、11.10へのUpdateに気軽に応じた結果、トンデモない状態になってしまい暫く放置していた。

 その症状は、GNOME CLASICのデスクトップ画面が11.10の最新仕様に上書きされ制御出来なくなってしまい難儀したりしていたのだが、何よりも、表題にある「Ubuntuソフトウェアセンター」が、ソフト表示が読込で止まってしまい一切利用出来なくなったことには、何か見放された様でショックを受けていた。今回、その閉じた蓋をとる気になり、原因を探り解決出来たので、本稿にその手順を記述しておく。


 先ず解決の糸口は、「Ubuntuソフトウェアセンター」のコマンドを見つけることであった。見つけ方は、次の通り。
  1.  メニューの「設定」「Ubuntuソフトウェアセンター」で右クリックし「デスクトップに追加」を選択し、デスクトップ上にショートカットを作成する。
  2.  そのデスクトップ上に作成したショートカットにマウスカーソルを持っていくと現れる「スパナ」マークをクリックし「ubuntu-software-center.desktop アンコンの設定」ダイアログを開く。
  3.  その「ubuntu-software-center.desktop アンコンの設定」ダイアログ上の「アプリケーション」タブを選択し、「コマンド」欄にその記述「/usr/bin/software-center %u」が発見出来る。

 GUIアプリであっても、その起動は所詮この様なものなので、アプリの機能不全を調べるには同様にこの手順をとると良い。ただ、この手順はKDEのデスクトップでの操作なので、GNOME等他のものでは多少異なるので適宜見つけて欲しい。通常は「プロパティ」という項目が探せたらその中に「コマンド」欄を見つけることが出来るはずである。

 さて、次に見つけた「/usr/bin/software-center %u」をどう活かすかだが、試しにこれをコピペし、ターミナル(Konsole等)で実行して試るのである。その結果は次の通りである。
続きを読む
タグ:Ubuntu11.04
posted by Mire at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

CentOS-6.0-x86_64に乗替 & Android SDK対応

 愛用のUbuntu10.04だが、ちょいとした気の緩みから対処を誤り導入パーティションを完全に壊してしまった。その為、このブログへの投稿も暫く途絶えてしまった次第である。

 言い訳たらたら言わせて頂くが、発端は導入した外付けUSBfハードディスクの汎用ファイル保管用(NTFS)の第一パーティションがよく壊れることから、出先のUbuntu10.04機でUSB上の/home/mireに書き込む様になったことからであった。第一パーティション同様に起動後、書き込めない症状に見舞われ、気軽にfsckをかけてしまったことが致命的な結果を生んでしまった次第である。
 そこでUbuntu10.04は1世代前の版だが、OS自体の安定度と機能には問題はなかったのでとても残念であったが、この時期に再度入れるのも気が引けたので、別の外付けUSBハードディスクを準備し、まずはUbuntu11.04を2度程導入して試た訳だが、悩ましいDeskTop対策に追われ時間は過ぎていく、おまけに、操作中のEclipseが突然落ちたり、挙句の果ては、Firefoxの操作中にUbuntu11.04自体が落ち起動BIOS画面になる始末、堪らず、最近、一世代遅れてリリースされたCentOS-6.0-x86_64をDLし、別パーティションに導入するに至った次第である。

 誤解無き様言及するが、元々Ubuntu10.04に手を出したのも、Vista機が同様に操作中や知らない内に落ち起動BIOS画面になる現象が発生したからであり、障害原因がOS自体にあると言う訳ではない。ただ、Ubuntu11.04を2度入れて試たのも、Install DVDの焼きが甘いものを使った時のOSでは何度やっても駄目なので、DLからやり直した次第である。それで少なくともVista程度の安定は確保できたことは確かだが、突然落ちるOSを我慢して使う程マゾではないので、昔サーバー用途で愛用していたCentOSに回帰しただけのことである。もう一度Ubuntu11.04もDLからやり直せば安定する可能性があるがしなかっただけのことである。

 で、今回も懲りずに「x86_64版」の導入である。x86_64の場合、一部アプリが32bit環境のみでビルド配布されている為、Linux端末用途では推奨されていない。
 Android SDKもその部類のアプリであり、特別に必要ライブラリを導入する必要がある。因みに、Ubuntu10.04の場合は「ia32-libs」を「apt-get install ia32-libs」等とすれば済むし、CentOS-6.0-x86_64の場合も同様に対処可能である。尚、利用があまりに短かったので正確ではないかも知れないがUbuntu11.04では対処不要であった。(2011-10-27 追記: wineのInstallで必要ライブラリが導入されていたからかもしれない。)
続きを読む
タグ:x86_64 Linux CentOS
posted by Mire at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

【節電/省エネ】CPUSpeed1.5の使い方 「USAGE」 (和訳)

 CPUSpeedの配布パッケージには、「USAGE」という使い方を書いたファイルが添付されている。これには、cpuspeedをコマンドとして使うときの使い方が記述されている。前版の1.2もほぼ同様のオプションだったのでcpuspeed単体での使い方の変更は一部に過ぎない。しかしCPUSpeed1.5パッケージとしてはCPUSpeedサービス(Daemon)起動時の設定ファイルは、ここに書かれているコマンドオプションを記入することになるのでなったので最重要の文書となった次第だ。そこで、ここにその日本語訳を掲載しておく。尚、この訳は当方の英語力の限界迄正確に訳しているものの文法的にどうなの?と思いながら意訳に走ったり、文法にこだわり日本語から遠ざかったりで読む方にとっては分かり辛いところもあるかもしれない。その時はここの和訳はあくまで索引として、原文で正確な内容を掴んで頂きたい。尚、原文は記事末尾に掲載しておく。

             cpuspeed-1.5/USAGE (和訳)


cpuspeed v1.5

 このプログラムはシステムのアイドル状態の比率を監視し、アイドル時には最小限の電力消費とし、
必要時には最大能力となる様に、CPUコアのクロックスピードを減増します。既定でこのプログラムは
nice()されたプログラムが使った時間とアイドル時間としての入出力待ちで使う時間を算入します。

 そしてまた、このプログラムはオプションとして、PCのACアダプタ切断時に最小化や過高温時に
CPUコアクロック速度を低減する設定の選択もあります。

 既定で、このプログラムはシステム内で検出された全てのCPUコアを管理します。

使い方: cpuspeed [オプション]

オプション:
-d プロセスそれ自身をデーモン化する指定 (バックグラウンドで実行)

-i <時間間隔>
アイドル比率の検査間隔を設定し10分の1秒単位で速度を変化させます(既定は20)。

-p <速度アップ> <しきい値>
CPUコアのアイドル比率のしきい値を設定。<速度アップ>はCPUが最大可能速度に設定される
アイドル比率下限値。
<しきい値>はCPU速度が減速される上限値とCPU速度が増加する下限値を設定(既定は10と25)

-m <最小速度>
CPUが設定出来なくなる下限の最小速度をKHzで設定

-M <最大速度>
CPUが設定出来なくなる上限の最大速度をKHzで設定

-t <温度ファイル> <最大温度>
ACPI温度ファイルとCPUsを最低速度に設定させる温度を設定

-T <時間間隔>
10分の1秒で温度のポーリング間隔の設定(既定は10)
(要、上記の'-t'オプション)

-a <ACファイル>
ACPIのACアダプタ状態ファイル設定とACアダプタの非接続時に
CPUsを最小速度に設定指示をさせます。
(これは既定ですが、下記の'-D'オプションで変更されます。)

-A <時間間隔>
ACアダプター状態をポーリングする間隔を設定します。
(要、'-a' オプション)

-C
ACアダプター接続時に最大速度で動作します。
(要、'-a' オプション)

-D
ACアダプター非接続時に最小速度で動作します。
(要、'-a' オプション)

-r
プログラム終了時に前回の速度を保管します。

-S "<CPUコア1> [[<CPUコア2>] ...]"
CPUコアの単独の組のみを管理します。 特定したコアの全てが
(同じ早さにロックされ)一つの単独の組として制御され、それは
'n'がシステム上の全CPUコア数のとき、0からn-1の範囲です。
複数コアを特定時は必ずそのリストを引用符で囲んで下さい。
このオプションがないと、このプログラムはシステム内の全CPUの
全コアみんなを管理する為、自身のコピーを作成し、かってに
コアの組を決定します。古いカーネル上での利用や「作用するCPU」
ファイルが開けないといったエラーメッセージを得たならば、
その時は、このプログラムは、一緒に制御されるべきコアの各組
(多分物理的なCPU毎を意味します)の為に、このオプションを使い
分けて実行しなければなりません。

CPUコアを最大のパフォーマンスの為の最大クロック速度にしておくには、
SIGUSR1信号をCPUコア制御しているプロセスに送ります。

CPUコアを最大の電池持ちの為の最小クロック速度にしておくには、
SIGUSR2信号をCPUコア制御しているプロセスに送ります。

CPUコアのクロックの動的変更したものを回復するには、
SIGHUP信号をCPUコア制御しているプロセスに送ります。

著作者:
Carl E. Thompson - cet [at] carlthompson.net (Copyright 2002 - 2008)
続きを読む
posted by Mire at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

【節電/省エネ】CPUSpeed1.5の設定はどうすのか?

 CPUSpeed1.5はInstallしてしまえば節電していると言う負担感なしで機能し続けるので必須ではないもののやはり、用途によってや、節電優先を前提にするなら設定によるカスタマイズが必要になる。ところが、CPUSpeed1.5からは、従来とは設定ファイルの仕様が異なっている様に見える。でも過去の投稿を見ると何と以前の設定について書かずじまいだったので、遅ればせながらその古い「cpuspeed.conf」について前座で見ておく。そちらの方がCPUSpeedについての理解が深まる様に思うからである。




# /etc/cpuspeed.conf
#
# This configuration file controls the behavior of both the
# cpuspeed daemon and various cpufreq modules.
# (この設定ファイルはCPUSpeedデーモンと種々のCPUFREQモジュールの
# 挙動を制御します。)
### DRIVER (ドライバー)###
# Your CPUFreq driver module
# Note that many drivers are now built-in, rather tr[han built as modules,
# so its usually best not to specify one. The most commonly-needed driver
# module these days is 'p4-clockmod'.
# default value: empty (auto-detect/use built-in)
#
# あなたのCPUFreqドライバーモジュール
# 次のことに注意しましょう。現在多くのドライバーはモジュール組込みではなく、
# 組込まれていて、それは通常、最適のものではありません。
# 最近のモジュールは 'p4-clockmod'です。
# 既定値: 無指定 (自動識別/組込分活用)
#
DRIVER=p4-clockmod

### GOVERNOR ###
# Which scaling governor to use
# Valid scaling governors for your cpu(s) can be found in
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_governors
# on systems that support frequency scaling.
# NOTES:
# - The GOVERNOR parameter is only valid on centrino and powernow-k8 (amd64)
# platforms, other platforms that support frequency scaling always use
# the 'userspace' governor.
# - Using the 'userspace' governor will trigger the cpuspeed daemon to run,
# which provides said user-space frequency scaling.
# default value: empty (defaults to ondemand)
#
### ガバナー ###
# どんな制御のガバナーを使う
# あなたのCPUにとっての有効な制御のガバナーは、次の中に見出すことが出来ます。
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_governors
# これらは周波数制御をサポートするシステム上のものです。
# 注意点:
# - ガバナーの設定値は、centrinoとpowernow-k8 (amd64)プラットフォーム上たげで有効で、
# 周波数制御をサポートする他のプラットフォームは常に 'userspace' ガバナーを使います。
# - 'userspace' ガバナーの利用で、CPUSpeedデーモン(サービス)実行が発動され、
# user-spaced周波数制御と言うものを提供します。
# 既定値: 無指定(ondemandが既定となる)
GOVERNOR=conservative

### FREQUENCIES ###
# NOTE: valid max/min frequencies for your cpu(s) can be found in
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_frequencies
# on systems that support frequency scaling.
#
### 周波数 ###
# 注意点: あなたのCPUで有効な最大最小周波数は、次の中に見出すことが出来ます。
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_frequencies
# これらは、周波数制御をサポートするシステム上のものです。
#
# maximum speed to scale up to
# default value: empty (use cpu reported maximum)
# 制御上限速度
# 既定値: 無指定(CPUが記する最大値を利用)
MAX_SPEED=2258000
# minimum speed to scale down to
# default value: empty (use cpu reported minimum)
# 制御下限速度
# 既定値: 無指定(CPUが記する最小値を利用)
MIN_SPEED=100000

### SCALING THRESHOLDS ###
# Busy percentage threshold over which to scale up to max frequency
# default value: empty (use governor default)
### しきい値制御 ###
# ビジー比率のしきい値でこれを越えることで最大周波数に向け引上げ制御する
# 既定値: 無指定(ガバナーの既定値を利用)
UP_THRESHOLD=
# Busy percentage threshold under which to scale frequency down
# default value: empty (use governor default)
# ビジー比率のしきい値でこれを下回ることで最小周波数に向け引下げ制御する
# 既定値: 無指定(ガバナーの既定値を利用)
DOWN_THRESHOLD=

### NICE PROCESS HANDLING ###
# Let background (nice) processes speed up the cpu
# default value: 0 (background process usage can speed up cpu)
# alternate value: 1 (background processes will be ignored)
### NICE プロセス処理 ###
# ジョブの低優先順位(nice)プロセスによるCPUのスピードアップの許容
# (訳註:niceには上品とか礼儀正しいとの意がある)
# 既定値: 0 (低優先のプロセス利用もCPUのスピードアップを許容する)
# 変更値: 1 (低優先のプロセス利用では無視される)
IGNORE_NICE=0

 ご覧の通り、CPUSpeedの設定値は指定されていなくても常に既定値が決められており、
それに従い動作する仕組みであるということだ。

続きを読む
posted by Mire at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

DPMS設定とCPUSpeed1.5によるLinuxマシンの節電省エネ化

 昨今のLinuxの場合も、Install直後の既定設定では省エネ関連の設定は一切なされていない。精々、近いものとして、NotePC向けの電源管理にの設定で、ノートPCを閉じた時のサスペンドやハードディスクの回転停止、そして、画面をSleepにしたり、アイドル状態で画面を暗くするといった程度のものに過ぎず、期待出来る省エネをもたらす様なものではない。
 PCではざっくり言うとディスプレイで等の外部機器で半分、残り半分をCPUを中心とするPC側で電力消費をしている。そう考えると、先ずはディスプレイを含む外部接続機器を未使用時に自動で止めることが出来れば消費電力を半減出来ることになる。

 また、アイドル時のCPU本体のクロック周波数を変更することで、駄々の温風ヒーターとなっている不要な電力消費を低減することも出来る。本稿では、この2つについての対応方法と関連について、はじめにDPMS設定によるディスプレイの省エネについて簡単に記述させて頂いた上で、続いてCPUSpeed1.5によるCPUのクロック周波数の制御について書かせて頂く。

DPMS設定

 DPMSは、Display Power Management Signaling の略で、VESAにあるディスプレイ省電力モードの標準規格であるので、市販されている今時のディスプレイであれば恐らくほとんどが対応しているので、PC側より規格通りの信号送出でディスプレイの省エネ制御が出来るはずだ。
 LinuxOS側の対応状況を確認したかったら、先ずは次の様にコンソール上で叩いて試て欲しい。




mire@mire-FMVNF75YD:~$ xset q
Keyboard Control:
auto repeat: on key click percent: 0 LED mask: 00000000
XKB indicators:
00: Caps Lock: off 01: Num Lock: off 02: Scroll Lock: off
03: Compose: off 04: Kana: off 05: Sleep: off
06: Suspend: off 07: Mute: off 08: Misc: off
09: Mail: off 10: Charging: off 11: Shift Lock: off
12: Group 2: off 13: Mouse Keys: off
auto repeat delay: 500 repeat rate: 30
auto repeating keys: 00ffffffdffffbbf
fadfffefffedffff
9fffffffffffffff
fff7ffffffffffff
bell percent: 0 bell pitch: 400 bell duration: 100
Pointer Control:
acceleration: 2/1 threshold: 4
Screen Saver:
prefer blanking: yes allow exposures: yes
timeout: 0 cycle: 0
Colors:
default colormap: 0x20 BlackPixel: 0 WhitePixel: 16777215
Font Path:
/usr/share/fonts/X11/misc,/usr/share/fonts/X11/100dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/75dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/Type1,/usr/share/fonts/X11/100dpi,/usr/share/fonts/X11/75dpi,/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType,built-ins
DPMS (Energy Star):
Standby: 0 Suspend: 0 Off: 0
DPMS is Enabled
Monitor is On


 これは、当方のUbuntu10.10上での実行例だが、「xset q」の実行で後半にある「DPMS (Energy Star):」以下の記述があれば望みありと言うことであろう。

 ここの記述は現在の設定を表している訳だが、「Standby: 0 Suspend: 0 Off: 0」とすべてゼロ秒となっているのでこのままでは機能しないことが判る。

 その上で、スタンバイ状態移行: 120秒、サスペンド状態移行: 240秒、電源断移行: 480秒に設定するなら次の様にする。




mire@mire-FMVNF75YD:~$ xset dpms 120 240 480
mire@mire-FMVNF75YD:~$ xset q
Keyboard Control:
auto repeat: on key click percent: 0 LED mask: 00000000
XKB indicators:
00: Caps Lock: off 01: Num Lock: off 02: Scroll Lock: off
03: Compose: off 04: Kana: off 05: Sleep: off
06: Suspend: off 07: Mute: off 08: Misc: off
09: Mail: off 10: Charging: off 11: Shift Lock: off
12: Group 2: off 13: Mouse Keys: off
auto repeat delay: 500 repeat rate: 30
auto repeating keys: 00ffffffdffffbbf
fadfffefffedffff
9fffffffffffffff
fff7ffffffffffff
bell percent: 0 bell pitch: 400 bell duration: 100
Pointer Control:
acceleration: 2/1 threshold: 4
Screen Saver:
prefer blanking: yes allow exposures: yes
timeout: 0 cycle: 0
Colors:
default colormap: 0x20 BlackPixel: 0 WhitePixel: 16777215
Font Path:
/usr/share/fonts/X11/misc,/usr/share/fonts/X11/100dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/75dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/Type1,/usr/share/fonts/X11/100dpi,/usr/share/fonts/X11/75dpi,/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType,built-ins
DPMS (Energy Star):
Standby: 120 Suspend: 240 Off: 480
DPMS is Enabled
Monitor is On
mire@mire-FMVNF75YD:~$


 ご覧の通り、「xset q」の出力で設定値だけは少なくとも変わっていることがわかると思う。後は、実地にアイドリング・テストで確かめるしかない。尚、当方の場合、少なくともサスペンド迄は機能していることが確認出来たのでそれで良しとしている。

 尚、液晶モニターの場合、画面信号が黒になって、一見光っていない様に見えてもバックライトが光っている場合もある。テストに当たっては部屋の照明も消して暗くして確かめて頂きたい。

 さて、ディスプレイの省エネ節電についてはこの程度にして、次に移らせて頂く。続きを読む
posted by Mire at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

Ubuntu10.10 64bit に Eclipse3.7 Indigo 導入(1) 〜 OS編 その2

 少し、本題とは外れるが、折角入れたLinux端末OSなので、色々とアプリを物色して試たので、その内、目欲しいものをここに揚げて置くことにする。

make installしたい

 Debian系のUbuntu10.10もRedHat系同様にリポジトリ経由で概ね必要とされるソフトウエアの導入とセキュリティ対策を含むバージョン管理がお任せで出来てしまう。しかし、求める全てのソフトがそこに登録管理させている訳ではないので、必要により最新のソースコードから導入する選択肢も確保しておきたいところだ。Ubuntu10.10のコンソールで「make」と打つと判るが標準Installではmakeを可能にする開発ライブラリ類は一切Installされていない。
 「build-essentials」はUbuntu上部のメニューより「システム」→「システム管理」→「Synapticパッケージ・マネージャ」からInstall出来る。GUIがお嫌いな方は「sudo apt-get install build-essential」としてもよい。これで全てが可能になる訳ではないが、gcc, g++,libc6-dev, makeといった必要最小限の開発ライブラリがInstall出来る。少なくとも以下の「CPUSpeed1.5」と「KeyholeTV」の2つはこれのみで対処出来る。

CPUSpeed1.5

 今は猫も杓子も「省エネ」ということで、Linux端末でも利用に合わせてCPUクロックを下げてしまおうということで、CPUSpeed1.5をInstallした。当方のPCのCPUはモバイル向けのIntel CORE2DUOだったので初期設定のままで期待通りの動作をした。CPUSpeedについては以前ここでも投稿しているが設定ファイルが大きく変わっているので何れ稿を改めて書かせて頂くつもりでいる。CPUSpeedについて知りたい方は、本家またはその訳文を取敢えずは参照頂きたい。

KeyholeTV

 利用としては多少灰色気味の用途?とも言えるが、ネットにつながっている場合には「視聴専用の簡易ワンセグ」擬きとして利用出来るものである。
 詳しくは本家ページを見て頂きたいが、このアプリは、低負荷で1対多の放送が発信者用ソフト「KeyHoleVIDEO」で配信するコンテンツを世界中で視聴出来るものだ。KeyholeTVを起動するとその時点でライブ状態の番組のリストが出るので、それを選択して視聴することになる。
 著作権上は問題があるものの、遠隔の地方番組や地方から東京や大阪の民放等を事実上視聴出来る価値は高い。自前のコンテンツをお持ちで放送に興味のある方は「KeyHoleVIDEO」を使い、発信に挑戦して試るのも一興かと思う。放送免許何ぞは要らない世界だから。
続きを読む
posted by Mire at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

Tera Term utf-8 でテンキー

 Tera Term は、古くからLinuxをやっている人にとっては、馴染みの深いTelnetクライアントツールである。セキュリティ面の必要性でTELNETからSSHが主流になった段階で当方も一時Puttyの利用をした時期もあったが、今では、また、このTera Termの利用に戻っている。元々、Tera Termは、Teranishiさんがフリーソフトとして、個人でリリースなさっていらしたが、今では、http://ttssh2.sourceforge.jp/ で「BSD ライセンス」でサポート供給され、SHHだけでなくUTF-8対応が図られているので、メニューのキーボード設定で「del」キーと「BackSpace」キーのチェックを入替れば、普通に使う向きには特に不満はないものと思う。

 ただ、首記のテンキーについては、恐らくPC機種のキーボードに依存する所があるのだろう、設定を見る限りでは、動作してもおかしくないのだか、少なくとも当方が利用しているNotePC「Fujitsu FMV BIBLO 75D/Y」のテンキーではビープ音がなるだけで機能しなかった。この程度のことは、別に不便という程でもないので放置していたが、まぁ、出来るにこしたことはないので、今回、ユーザ割当で対応して試た結果出来たので、ここに書き留めて置くことにする。

続きを読む
タグ:teraterm ssh Tellnet
posted by Mire at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

【CentOS5.4】日本語形態素解析MeCabのInstall

 日本語は、漢字かな混じりで文字を空白文字で区切ることなく記載される。その為、その意味や読みを判断するには、何処迄が単語で文節なのかを把握する必要がある。そういったことをやってのける処理のことを形態素解析といい、知名度でいうとkakasi, ChaSenと並び、高性能
謳っているのが、このMeCabだ。
 形態素解析の用途としては、NAMAZUやZope内のCatalogの検索データ作成等の他、自動音声読上げ、点字訳、自動翻訳等々がある。

 現時点で取り立てて用途がある訳ではないが、あって損はないツールなので、今回インストールして置くことにした。実際のインストールは本体と辞書の2つが必要で、さらにPython上で利用する為のモジュールを入れる。実行状況は以下の通り。只、MeCabは、以前標準ではEUC-JPで設定されるので、その当たりを注意して行なう必要がある。正常にインストール出来ると以下の様な処理が可能になる。
 オプションなしの実行では、各単語別に「表層形\t品詞,品詞細分類1,品詞細分類2,品詞細分類3,活用形,活用型,原形,読み,発音」の書式で解析結果を表示する。例えば助詞の「は」と「へ」の部分の発音は「ワ」「ヘ」と解析出来ているので、「WA」「e」として自動音声読上げに活用することが可能となる。

 尚、公式ページの通りのインストール方法は、かつてのLinuxの日本語=EUC-JPという暗黙の了解の上では問題ないが、国際化後の現在のLinuxではUTF-8を標準文字コードとして統一的に対応した方が混乱しないで済むと考えるので、その方向でのインストールとした。詳細は後半の追記エリアに記述しておく。
     


[root@l22dm ~]# mecab
あなたをリゾートへご案内させて頂きます。
あなた 名詞,代名詞,一般,*,*,*,あなた,アナタ,アナタ
を 助詞,格助詞,一般,*,*,*,を,ヲ,ヲ
リゾート 名詞,一般,*,*,*,*,リゾート,リゾート,リゾート
へ 助詞,格助詞,一般,*,*,*,へ,ヘ,エ
ご 接頭詞,名詞接続,*,*,*,*,ご,ゴ,ゴ
案内 名詞,サ変接続,*,*,*,*,案内,アンナイ,アンナイ
さ 動詞,自立,*,*,サ変・スル,未然レル接続,する,サ,サ
せ 動詞,接尾,*,*,一段,連用形,せる,セ,セ
て 助詞,接続助詞,*,*,*,*,て,テ,テ
頂き 動詞,非自立,*,*,五段・カ行イ音便,連用形,頂く,イタダキ,イタダキ
ます 助動詞,*,*,*,特殊・マス,基本形,ます,マス,マス
。 記号,句点,*,*,*,*,。,。,。
EOS

     


[root@l22dm ~]# /usr/local/bin/python2.6
Python 2.6.4 (r264:75706, Nov 5 2009, 23:51:30)
[GCC 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-46)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import sys
>>> import MeCab
>>> m = MeCab.Tagger()
>>> print m.parse('あなたをリゾートへご案内させて頂きます。')
あなた 名詞,代名詞,一般,*,*,*,あなた,アナタ,アナタ
を 助詞,格助詞,一般,*,*,*,を,ヲ,ヲ
リゾート 名詞,一般,*,*,*,*,リゾート,リゾート,リゾート
へ 助詞,格助詞,一般,*,*,*,へ,ヘ,エ
ご 接頭詞,名詞接続,*,*,*,*,ご,ゴ,ゴ
案内 名詞,サ変接続,*,*,*,*,案内,アンナイ,アンナイ
さ 動詞,自立,*,*,サ変・スル,未然レル接続,する,サ,サ
せ 動詞,接尾,*,*,一段,連用形,せる,セ,セ
て 助詞,接続助詞,*,*,*,*,て,テ,テ
頂き 動詞,非自立,*,*,五段・カ行イ音便,連用形,頂く,イタダキ,イタダキ
ます 助動詞,*,*,*,特殊・マス,基本形,ます,マス,マス
。 記号,句点,*,*,*,*,。,。,。
EOS

>>>
[4]+ Stopped /usr/local/bin/python2.6
[root@l22dm ~]#

mecab本体のインストール
wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab/0.98/mecab-0.98.tar.gz/download
--2009-12-19 19:53:44-- http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab/0.98/mecab-0.98.tar.gz/download
tar xvzf mecab-0.98.tar.gz
cd mecab-0.98
./configure --with-charset=utf8 --enable-utf8-only
make
make check
make install
※ 「make check」ではエラーが発生するが問題ない様だ。また、既に 別途makeした後に再度make実行したいときは、「make clean」をしてからとなる。
mecab辞書のインストール
wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-ipadic/2.7.0-20070801/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz/download
--2009-12-19 20:14:18-- http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-ipadic/2.7.0-20070801/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz/download
tar xvzf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
./configure --with-charset=utf8
make
make install

mecab-pythonのインストール
wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-python/0.98/mecab-python-0.98.tar.gz/download
--2009-12-19 19:53:06-- http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-python/0.98/mecab-python-0.98.tar.gz/download
tar xvzf mecab-python-0.98.tar.gz
cd mecab-python-0.98
python setup.py build
python setup.py install
「import MeCab」が実行出来れば、OKだが、当方では、次の様にエラーが発生した。
     


[root@l22dm ~]# python
Python 2.6.4 (r264:75706, Nov 5 2009, 23:51:30)
[GCC 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-46)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import MeCab
Traceback (most recent call last):
File "", line 1, in
File "/usr/local/lib/python2.6/site-packages/MeCab.py", line 25, in
_MeCab = swig_import_helper()
File "/usr/local/lib/python2.6/site-packages/MeCab.py", line 21, in swig_import_helper
_mod = imp.load_module('_MeCab', fp, pathname, description)
ImportError: libmecab.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
 この場合の対策は次の通り。emacs等エディタを使い次のファイルを作成後、「ldconfig」を実行しpathを認識させた。「/usr/local/lib」へのpathくらい始めから既定で通って欲しい気はする。
    /etc/ld.so.conf.d/MeCab.conf


/usr/local/lib


 尚、Tera TermによるSSH接続では問題ないのだが、当方のVNC経由のX環境でのkonsole上では、SCIMを用いたかな漢変換時の出力がダブって入る現象があり、mecabコマンドそのもののハンド利用には課題を抱えている。実務でハンド入力することは先ずないので実害はないが、備忘の為、これも、ここにメモしておく。続きを読む
posted by Mire at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

【節電/省エネ】「cat /proc/cpuinfo」の情報、よく判らん

 CPUSpeed利用では、CPU側に周波数/電圧調整の機能が備わっていることが前提なので、その辺を「cat /proc/cpuinfo」から、機械的に判別出来ないかと思って調べて試るが、これって言うオフィシャル情報に行き着かない。詳しく書いて頂けているBolgしては次の2つかな。2氏の情報掲載に感謝。


/proc/cpuinfo を見てみる」(kaakichi7 さん の linuxな日々 〜 virtual serverでやってみよう 〜 より)
/proc/cpuinfoの中身」(ぴろりん さん の ぴろにっき より)

 
 当方の目的でズバリのものは、flags内に、「est」があればSpeedStepテクノロジに対応とのことだ。でも、当方のPentium4には無いんだよな。up cidの2flagsは不明。

 もうひとつのアプローチとして、cpu family, model, stepping で、CPUの世代を割出し、そこから対応するかどうかググって試るしかない様だ。推定ながらIntelの場合、modelは世代のことの様だし、その細かい版数がどうもsteppingと理解してよい様で、cpu fammilyは、ひょっとすると対応機能を割出せるものなのかもしれないとは思った。
 ただ、少なくとも、当方のPentium4は、見掛け上のシュミレートが実行されているのではないのであれば、ちゃんとCPUSpeedで周波数が多段階切替しているので、多分省エネにもなっているのだろう。そうだとすると、少なくとも、第2世代のstepping7移行については、flagsにestがなくとも対応しいる可能性はあると考え、自己責任で試して試る価値はあるのかもしれない。
 尚、Pentium4の世代については、wikipediaのPentium4辺りで確認するしかないかな。

 別途情報元が判ったら順次追記したい。続きを読む
posted by Mire at 12:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

【CentOS5.4】CPUSpeed起動でPentium4機を節電省エネ化

 サーバ管理をしたことがある方ならお判りと思うが、サーバ機というものは、更新の度に消費電力が劇的に増加している。また、空調でピンピンに冷やせる環境に設置出来れば幸せだが、夏場やお天道様の開けっ広げの部屋に設置していようものなら、冷却ファンがメイッパイ唸りを上げて稼働し部屋を温めてくれる。

 サーバ管理者をしていた時はCPU能力確保がまだ大切だったので、積極的にCPUクロックを管理して迄、省エネに努めようとは思わなかったが、自宅サーバになると(夏場でも冷房は入れないし設置場所は自然空調日差良好な健康的環境)、やはり常時通電だと気になる。そこで、CentOS5.4のサービス設定を見て試ると、cpuspeedが有るではないか、でも何故か動いていない。

 そこで、ググっ使い方を調べて試た。CPUクロックの制御で消費電力を減らす仕組みはNotePCでは、Windows機でも当り前だが、Desktop機になるとOSに機能がないことから、その存在すら知られていない。でも、Pentium4であれば機能するもの(Intel SpeedStep® テクノロジーに対応分)もある様で、/etc/cpuspeed.confにちゃんと設定すれば「自己責任」で利用可能になりそうである。まあ、確証がない限りイチかバチかで壊れることを覚悟しての実行だが、SpeedStep テクノロジ(第1世代)はPentium3頃から入っている可能性があり、Pentium 4-M移行は第2世代、AMD社製の多段階可変には、拡張版 Intel SpeedStep からの対応の様で、対応時期は知らないが、Intel社のPentium4の頁でも「拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーに対応したインテル Pentium 4 プロセッサーでは...」と対応分があることを記述している。因みに、当方のFMV-L22D/Mの分は、2.26GHzなので、WikipediaのPentium4の頁にある分類では「Northwood(ノースウッド)」の世代にあることが判る。


 他方、その設定としては、まとめると次の4つを記入すれば取敢えず動作する様だった。 最初のdriverについては、予めCPUを調べ合うものを指定し、調整方法として「GOVERNOR=」をondemand, conservative, powersave, performance の中から選択指定すると共に、MAX_SPEEDとMIN_SPEEDをkHz単位の整数で指定する訳だ。

  1. DRIVER=p4-clockmod
  2. GOVERNOR=conservative
  3. MAX_SPEED=2258000
  4. MIN_SPEED=100000


 そこで、/etc/cpuspeed.confを探すがCentOS5.4には存在しない。find / -name cpuspeed で調べて試ると「/etc/sysconfig/cpuspeed」として存在することが判ったので、
「cp /etc/sysconfig/cpuspeed /etc/cpuspeed.conf」して編集し
「/etc/init.d/cpuspeed restart」として試たが変化がない。で、仕方がないので「/etc/sysconfig/cpuspeed」を編集して「/etc/init.d/cpuspeed restart」と無事起動し、クロック周波数が変動することをKDEシステムガード上で確認出来た。目出度し目出度し。これでファンの音もNotePC並に低減出来たので、もし、来年の夏迄使っていたら、涼しい夏になるものと思う。でも今日は冷えてるなあ。温風ヒータ代わりに元に戻そうかな(笑)。
     /etc/sysconfig/cpuspeed - emacsで編集


# /etc/cpuspeed.conf
#
# This configuration file controls the behavior of both the
# cpuspeed daemon and various cpufreq modules.

### DRIVER ###
# Your CPUFreq driver module
# Note that many drivers are now built-in, rather than built as modules,
# so its usually best not to specify one. The most commonly-needed driver
# module these days is 'p4-clockmod'.
# default value: empty (auto-detect/use built-in)
DRIVER=p4-clockmod

### GOVERNOR ###
# Which scaling governor to use
# Valid scaling governors for your cpu(s) can be found in
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_governors
# on systems that support frequency scaling.
# NOTES:
# - The GOVERNOR parameter is only valid on centrino and powernow-k8 (amd64)
# platforms, other platforms that support frequency scaling always use
# the 'userspace' governor.
# - Using the 'userspace' governor will trigger the cpuspeed daemon to run,
# which provides said user-space frequency scaling.
# default value: empty (defaults to ondemand)
GOVERNOR=conservative

### FREQUENCIES ###
# NOTE: valid max/min frequencies for your cpu(s) can be found in
# /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_available_frequencies
# on systems that support frequency scaling.
# maximum speed to scale up to
# default value: empty (use cpu reported maximum)
MAX_SPEED=2258000
# minimum speed to scale down to
# default value: empty (use cpu reported minimum)
MIN_SPEED=100000

### SCALING THRESHOLDS ###
# Busy percentage threshold over which to scale up to max frequency
# default value: empty (use governor default)
UP_THRESHOLD=
# Busy percentage threshold under which to scale frequency down
# default value: empty (use governor default)
DOWN_THRESHOLD=

### NICE PROCESS HANDLING ###
# Let background (nice) processes speed up the cpu
# default value: 0 (background process usage can speed up cpu)
# alternate value: 1 (background processes will be ignored)
IGNORE_NICE=0

 尚、調整方法として「on_demand」も試してみたが余りにもCPU利用に対し敏感に変動するので省エネ効果を主眼に置くなら意味がなさそうだったので、採用しなかった。以下、参考迄、KDEシステムガードの画面コピーを添付しておく。ondemandでは極めて頻繁に切替わる為、自宅サーバはconservative設定に変更conservativeでもCPU使用率が上昇すると一気にクロック数が上昇するのので自宅サーバにとっては問題ない
 単純に、クロック数比(12.55%)が消費電力と同じとするなら、アイドル状態が多くなるサーバの消費電力を白熱球からLED照明に替えた程度の効果はあると言うことかな。まあ、CPU以外にマザーボード、ストレージ等、それに電源装置とそのファンの消費電力もあるのでまだすべきことは少なくない。後、HDD回転停止位はありそうなので、情報が整い次第やって試るつもりだ。





     cpuspeedサービス実行前のCPU情報


[root@localhost etc]# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 15
model : 2
model name : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.26GHz
stepping : 7
cpu MHz : 2257.651
cache size : 512 KB
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 2
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe up cid xtpr
bogomips : 4515.30

[root@localhost etc]#
     cpuspeedサービス実行後のCPU情報


[root@localhost etc]# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 15
model : 2
model name : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.26GHz
stepping : 7
cpu MHz : 283.326
cache size : 512 KB
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 2
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe up cid xtpr
bogomips : 4515.30

[root@localhost etc]#



続きを読む
posted by Mire at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

【CentOS5.4】L22D/MにMemory増設し旧Linux機HDD内を閲覧

 手持ちの立ち上がらなくなったLinuxサーバの復旧を試みてみたものの電源すら入らなくなってしまった。
 電源を入れようとしても一切のLEDも点灯しないしファンも廻らないので、電源装置の故障である可能性が50%以上あるとみるが、切り分け用の代替電源装置が手元にないので、その切り分けも出来ない。300Wなので以前手放したPCを保持していればなんとかなったのかもしれないが今更仕方ない。起動して過去のLinux設定を生きた状態で拝みかったが現時点では諦めるしかない。そこで当座を凌ぐ次善の策として、このLinux機のメモリー1Gbを借物のL22D/Mに乗せ、動作上のストレスを軽減した上で、内蔵HDDをUSB接続し過去の遺産を眺めて試るこちにした。

 先ずは、メモリー調査をすると。予想通り共にDDR系で脈はある。
1.「FMV L22DM 内蔵MEMORY 256Mb PC2100U 25330 A0 DDR PC2100 CL2.5」
2.「牛丼PC MEMORY 512Mb PC3200U 30331 DDR 400MHz CL3」
FMV L22DM 内蔵MEMORY 256Mb PC2100U 25330 A0  DDR PC2100 CL2.5牛丼PC MEMORY 512Mb PC3200U 30331  DDR 400MHz CL3 ググって試るが絶対OKとのお墨付き迄は得られなかったが、L22D/M側がPC2100対応をうたっているので、上位規格PC3200も動作する可能性は高いとのことなので電源を切りコンセントを抜いた上で、静電気除けにPCの金属フレームに手を触れ体内電位をアースしてから取り換えた。
 L22D/Mの電源を入れるとBIOS操作を求められることもなく、そのまま素直にLinuxで認識してくれたので再度電源を切り512Mbを2枚共挿入して暫し利用することにした。「Pentium4 2.26GHz 1GHz SWAP 500Mb」なのでメモリーは多少の負荷をかけても余裕があり、とても軽快になった。

HDD_ICON.png

 次に、以前紹介のUSBインターフェイスを介して、接続、抜差しで認識した後、X画面上のアイコンの右クリックの「プロパティ」「Mounting」で「読取り専用」にチェックを入れてから「マウント」を選択し接続した。お陰で、過去の資産で結構古いバージョンながら、自作のPythonの汎用モジュールやアプリが見つかった。久しぶり見て試ると結構ひどいものもあるので、精査した上で、逐次、当方のmireモジュールにマージして行こうと思う。また、アプリでは、DBと単純なクエリ文を指定することでDBテーブルの編集画面を表示するFirebird&Webベースの「TeFF.py」が見つかったので、コードを見直しの上いずれ、GPL公開することにする。
PROPATY.png
 以下に念の為、作業中のアイコンや画像を貼付けて置く。ReadOnly_Mount.pngMOUNT.png

 マウントに成功すると下方にあるUSBメモリ風のアイコンに変わる。当然ながら、取り外し時にはきちんと「安全に取除く」か「umount」コマンドでアンマウントしてからする。これはLinuxでも同じ。






















USB_MEM_ICON.png
タグ:L22D/M Linux CentOS5
posted by Mire at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

【CentOS5.4】IPアドレスを固定に変更

 Linuxの場合は専らサーバー用途のUnix系のOSの為、名前管理上、IPは固定アドレスとした方が手っ取り早い。常時運転しているLinux機があるならば、DHCPDとDNSを使い、ダイナミックドメインの仕組みを作り、且つ、Linuxクライアント側にはSambaにゆる名前解決を組込めば、Windowsと同等にDHCPによるアドレス管理であっても名前解決を動的に行なうことが出来る。しかし、いきなり組むには、残念ながら当方のプランクが大き過ぎるので、今回は、先ずはIPアドレスを固定に変更を行なった。

 本日は、IPアドレスを固定にする為の設定ファイルの編集とその有効化で基本的な関係ファイルは次の3(+1)個。

  1.  /etc/sysconfig/network Linux機自身の名前を「HOSTNAME=」以下に定義
  2.  /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 NWデバイス「eth0」のIP設定を定義
  3.  /etc/hosts 古き良き黎明期からある名前解決定義ファイル
  4. [ /etc/resolv.conf 参照するDNSサーバを記入]


 具体的には、それぞれ次の様に編集した上で、networkサービスのリスタートで変更を反映させた。この「service network restart」も当然ながら、SSHやVNCからの実行でなく、Linux機側で直接実行が必須だ。まあ、「reboot」なら大丈夫遠隔操作でも大丈夫だが、運転中のサーバでは邪道なので、その認識は必要だ。


1. 「/etc/sysconfig/network」の編集

   /etc/sysconfig/network - emacs [編集前]


NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=localhost.localdomain
   /etc/sysconfig/network - emacs [編集後]


NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=l22dm.mire


2. 「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」の編集

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 - emacs [編集前]


# Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139/8139C/8139C+
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=00:11:22:33:44:55
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 - emacs [編集前]


# Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139/8139C/8139C+
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.220
NETMASK=255.255.255.0

HWADDR=00:11:22:33:44:55
GATEWAY=192.168.0.1
BROADCAST=192.168.50.255

ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet


3. 「/etc/hosts」の編集

# Do not remove the following line, or various programs
# that require network functionality will fail.
#127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
127.0.0.1 l22dm.mire l22dm localhost
::1 localhost6.localdomain6 localhost6


4. 「/etc/resolv.conf」はそのま流用

/etc/resolv.conf - emacs [DHCP生成文を当面流用。プロバイダ側で変更時には手動修正での対応となる]


; generated by /sbin/dhclient-script
search AREA1.MY.PROVIDER.NE.JP
nameserver 123.45.67.88
nameserver 123.45.67.89


 素人返りしてしまった当方が、若干解説を加えて置く。このIPアドレスを固定にする前はDHCPがMACアドレス(etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0ファイル内のHWADDR)に対し一意のIPアドレスを付与すると同時に、そのNETMASK,DEFAULT GATEWAY,BROADCASTを渡してくれる。また、dhcpd.conf内に設定があれば、DNSやWindowsのドメインサーバのアドレスも受渡しが可能だ。固定IPで付与するということは、これらの情報をそのIP機器側で上記の様に設定する必要が出る訳だ。
 この様なネットワーク設定を個別に行なっているとネットワーク空間のお引越し等のさい結構大変な思いをするので、かつて当方ではdhcpd.confにMAC固定でIPを指定して対応していた。この方法ではDHCPの連続正常稼働が必須となるものの日常的なIP端末のアドレス管理をdhcpdの設定に集約することになり、管理ポリシー次第であるものの推奨出来る方法と考えている。

 尚、/etc/hostsについては、記入するIP機器のIPが実質固定IPであるならば、必ずしもネットワークのDNSと統一性のあるものを設定する必要はなく、それを記入するLinux端末内でのみ有効な略称を設定していてもなんら構わない。かつて当方は、HUB,ルータ,GWに対し略称を定義し、NINO等のネットワーク管理で利用していた。続きを読む
タグ:Linux CentOS5
posted by Mire at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

【CentOS5.4】久しぶりにLinux Installして戯れてみた

 転んでタダで起き上がるのは嫌いなので、復旧出来なかったPCにLinuxを入れて遊んで試みることにした。いゃあ、やっぱり、1年半のプランクを感じた。結構基本的なコマンド何ぞも忘れており、その度にGoogle頼みの作業だった。まあ、一度調べれば昔取った杵柄で後はどうってことはないのだが、暫くはこんな感じなんだろうな。

 今回CentOS5.4を入れて試たPCは次のものだ。

製 品 名: Fujitsu Deskpower L22D/M

【Hardスペック】
  • ディスプレィチップ: SiS 651 (ビデオメモリ: 32MB)
  • LAN/WAN I/F チップ: Realtek RTL8139/810X Fast Ethernet 系
  • ディスプレィ解像度: 1280×768
  • CPU Pentium 4 2.26GHz
  • メモリー: DDR 256MB
  • HDD I/F: ATA100
  • HDD: Maxtor製 ATA133 120GB 7200rpm(旧)
    ⇒ HITACHI製 HDP725025GLAT80 250GB 他同SPEC

(FMV-DESKPOWER L22D/M FMVL22DM のスペック
富士通パソコン ドライバーダウンロード情報ページより)
富士通の サポート > Linux関連情報 > 動作確認情報ではX対応に問題ありの代物。一体型故の嫌らしさあり。Linux好きなら購入しない機種かな。


 Linuxについては、ubuntuも気になるがDebian系の為躊躇、リハビリの今回は以前使ったことがあるCentOSを選択した。最新版の為、色々と勉強させられることになるだろうけど。

 さて、先ずは、CDイメージを計6枚焼いて準備と共にPCのBIOS設定を変え、CD/DVD起動に変更等の下準備後、一枚目を入れビックリ、色々とbootオプションを試したが、GUI表示がまともに表示されない。「boot: linux text」でテキストモードによるインストールという手もあるが、戻るのが嫌いなイノシシの様な性格なので読めないことは諦めて、作業展開はほぼ判るので「CentOS 5 のインストールといろいろな設定 」辺りで、表示内容の確認を補いながらインストールした。

 このX表示の課題はKnoppixでも確認済みのもので、Knoppixではbootオプションに、「knoppix resolution=1280x768 depth=32」として立ち上げることで対処したもので、インストール後の設定変更で対応することにした。

 ただ、この対処には、SiSのままで、「システム」「ディスプレィ」「モニター設定」タブで、色の深さを「数千の色」にすれば取敢えず解決する。しかし、このままでは、画面が5割程暗く余り満足行くものではない。そこでドライバーをSiSからvesaに変更し、1024×768で利用すると取敢えず、明るさは解決するものの、横1280に1024dotで描画するのでイマイチ汚い。

 この辺りは2年程過去のLinuxバージョンが対象とはなるが、対策Driverを作成された方(winischhoferさん)がいて、Mntさんは、「Debian on FMV Deskpower L22D/M」でそのdriverで解決されたとのことだ。当方はPC自体が依頼品の借物ので今回は深追いしないが、その頃のソースも公開されているので判る方は今でも解決可能かもしれない。当方の感想としては、今後のPC購入ではSiSには関わらないでいたい(笑)。Linuxがスムーズに動かない枯れたチップのメーカーを使ったPCは最初から除外だ。

 借物なので大したことは出来ないが、メモリーが256程度であるもののCPUの能力に余裕があるので、端末として操作する限り結構軽い動作で、以前元気だった頃のWin2000の様なストレスがないのは気に入った。反面、何分2年半のブランクはemacs操作すら覚束無い状態でXでのGUI操作にかなり依存してしまっている自分の性能には幻滅した。

 でも、Linuxに触れていると気持ちは落ち着く。やっぱLinux用のPC買うかなあ。それとも、電源が入らなくなった壊れたPCと格闘すべきか。ああ、いずれにしてもその余裕資金が欲し〜い。続きを読む
タグ:Linux CentOS L22D/M
posted by Mire at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
紺碧の艦隊 ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
タグクラウド
ファン
利用中のオープンソース
最近のコメント
最近の記事
過去ログ
QRコード
レガシーなアプリはいかが?
Dell 法人のお客様ページ
  • 【法人様向け】デル、お得なキャンペーン情報
  • 法人のお客様向け ストレージソリューション
  • 法人のお客様向け ネットワークソリューション
  • 【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • デル-個人のお客様ページ
  • 【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • オンライン広告限定キャンペーンページ
  • ソフトウェア&周辺機器 パソコン工房
    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) マウスコンピューター/G-Tune
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。