2010年01月19日

【ZWiki和訳】ZWiki.OrgのFAQ α0〜 本当に古い記述だけど参考には

 取敢えず訳して試ました。リンクは多少いい加減ですが、まあ、役にたつかもしれないので取敢えず掲載します。

ZWiki FAQ 和訳(α0)

Zwiki関連全事項へのよくある質問と解答。

FAQは、FrontPage上の文書の様に、そこそこに体系付けられています。 今のところ 他の文献とかなり重複しています。 全く新鮮でない - どうか立ち去る前に更新して下さい。 :)

目次

一般

wiki, zwiki, zope, plone は何ですか?

Wikiは誰にとっても編集が簡単な独特なWebサイトです。 Zwikiは定評あるオープンソースのWebアプリケーションサーバ、 Zopeに基づいたwikiソフト実装です。 PloneはZope上に構築されたコンテンツ管理システムです。 これ以上は、 Glossary ([用語解説]?)をご覧下さい。

誰がZWikiを使っていますか?

Zwikiは、学術、業務、コミュニティそして個人のサイトで使われています。 ZWiki利用者(PeopleUsingZwiki)では、公開Zwikiのいくつかを案内しています。 多くのZwikiはファイアウォールの背後に置かれ、団体とプロジェクトの文献用に使われています。 現在も過去もユーザはGNUソフト、Zope、DebianそしてUbuntuを組込んでいます。

Zwikiはオリジナルとどう違うの! WikiWikiWeb、他のWiki... は ?

ZWiki:FrontPage には追加機能の概説があります。 注意、これらは通常は任意選択です。 標準的Wikiとの違い(DifferencesFromClassicWiki)にもっと情報があるかもです。

http://wikimatrix.org で、他のWikiエンジンとZwikiの大ざっぱな比較が出来ます。

どの様に自己のZwikiサイトを作るのですか?

手元機器上に ZoPe とZwikiが共にインストールされているか、操作可能な サーバ機器が必要でしょう。 それか、公開Zopeサイトの一つを使って下さい。 そこで、あなた自身のWikiを作成出来ます。: http://zope.org, http://freezope.org, 等。 無料ホスティング(ZWiki:FreeHosting)で、あなた専用の !*.zwiki.org サイト を依頼出来ます。訳註: ! で注釈リンクを抑制!! このサーバ上で最新且つ最高に良いコードで動作しています。

ZwikiはPloneのサポートや必要があるのですか? CMFは? CPSは?

Zwikiはその何れも必要としませんが、Ploneや素のCMFサイトとは 親密に一体化します。 それらサイトのWikiは出し入れの移動が出来ますし、 Zwikiの見栄えも適切に置き変わります。 CPSはサポート外で駄目 ですが、そんなに難しくはない。 ZopeWiki:CPSZWiki をご覧下さい。 この修正 Patchを歓迎します。

具体的には、何処でPlone内のZwikiについてもっと調べることが出来ますか?

Zwikiは大抵Plone/CMFの同じに出し入れ動作します。通常は文献、 課題追跡等。一度、共に対象にすると、これらもまた、 具体的には、PloneとCMF特有の課題用のページでもあります。: [Zwiki and Plone]

Zwikiの利用

どの様にZwikiサイトを使うのですか?

基礎的な補助として、HelpPageで着手して下さい。

編集

どの様に外部エディタで編集するのですか?

サーバ管理者が外部編集を設定済なら、鉛筆アイコンを編集(edit) リンク近くにご覧頂けます。 ExternalEditor のヘルパーアプリを、そのページの 記述によりインストールと設定をして下さい。 次に、鉛筆をクリックで、 ご選択のエディタにページを持出すことになります。

とはいっても、依然いくらかの不具合があります。 もし保存時に誤ったロックエラーを 受取ったら、Wiki-Safetybelt: (安全ベルト)の行を取除き再度保存して下さい (本物の編集衝突でないと確信するなら)。

どの様にFTP経由で編集するのですか?

管理者がFTPアクセスを設定済なら、どれかftpクライアントか ftpを認識するアプリを使いサーバと接続します。 知って置くべきこと:

  • Zope ftp のport番号(多分21, 8021 またはそれ以外のどれか)
  • 必要な場合は、Zopeログイン
  • Wikiフォルダへのパス。 注意: このパスは、Webで見るものとは
異なるかもしれません。なぜなら、ZopeのFTPはVirtual host(仮想URL)を解しません。
  • 編集したいページのID これは、ページ名と若干異なるかも しれません。 FTPのディレクトリリストまたはWebブラウザ内のページの URLからIDを見付けることが出来ます。

どの様にwebDAV経由で編集するのですか?

あなたのページの一つのURLまたは http://zwiki.org/SandBox をWebdav認識の エディタで開いて試て下さい。 動作しましたか?

外部編集やFTP、Webdav経由で編集出来ません。他に本物のエディタ利用が出来る方法はありますか?

他の選択肢:

  • w3m, w3m-el と [lynx] ブラウザ ( それに結局は他のものも、 たぶん) テキストエリア用に設定したエディタなら可能です。

どの様にEmacsで編集するのですか?

  • Emacs か Gnuクライアントを外部エディタあるいはテキストエリアエディタ(上記参照) として設定して下さい。

  • Emacsの組込FTPアクセス(ange-ftp/efs/tramp)を使う方法で、ページにアクセス して下さい。 この放浪者が最新最良のもので、そのパスは '/ftp:server#zopeftpport:/path/to/wiki/PageName' に多少似ています。 ~/.netrcでパスワードが 設定出来ます。

    もし、FTPが接続中に固まるなら、次が必要かもしれません。:

    (setq ange-ftp-try-passive-mode nil)
    

    ZopeへのEmacs FTPアクセスには不具合がいくらか残っています。 主要なひとつとして、 保存中に時々動きを永久に止めるものを知っています。 見付けた 唯一の次善の策はこれです。: userlock.el と eval-defun ask-user-about-supersession-threat 関数を取込みます(それでメモリーに userlock.el バッファを保持します)。 その後、2〜3のデバッガプロンプトがページ変更か 保存を試みると何時も発生します。- ご機嫌を直す迄は (c)ontinue, (y)es に 単純に答えます。 - でも少なくとも動作します。

    XEmacs と EFS を利用しているのなら、 (ZWiki ページとしてよりも DTML Documentの)ページ削除と再作成での、その抑制に、 '(setq .efs-make-backup-files nil)' が必要かもしれません。訳註: !XEmacsとしてリンク抑制。

    htmlモードにするといくつかが便利な強調表示となります。 例 次で可能になります:

    (add-to-list 'auto-mode-alist '("wikiserver:/" . html-mode))
    

どの様にファイルをアップロードするのですか?

編集(edit)をクリック後「ファイルや画像のアップロード(upload a file or image)」 でファイル名を入力か選択し、保存(Change->Save)をクリックして下さい。 ファイルはWikiフォルダ内にアップロードされリンクが ページの末尾に追加されます。(イメージ系なら、 代わりにそれがページに表示されます。)

wiki内の編集フォームにこのオプションが見えないなら、恐らくZMI内のWikiフォルダの セキュリティタブで 'Add Documents, Images, and Files' の許可を 有効にすることが必要です。

どの様にページの名前変更をするのですか?

ページ名変更の為には、Wiki管理者が 'Zwiki: Rename pages' 許可を与えなければ なりません。(Plone/CMFでは、'Zwiki: Edit pages' 許可で 充分CMFに適合します(?))。 同様に未認証なら、少なくとも設定

(options)リンクでの username クッキー設定が必要なのかもしれません。

標準の編集フォームでページ名を変更出来ます。 ページ名欄で変更し 保存(Save)をクリックするだけです。 関連ページにも残り、その名前への 全リンクは可能な限り更新されます。

ページ管理フォーム(末尾)を使いページ名を変更することも出来ます。

どの様にページを削除するのですか?

この実行には 'Zwiki: Delete pages' 許可を持たなければなりませんし、 認証か最低でもusernameクッキーが必要です(参照上記)。

ページ編集し、"DeleteMe <http:://zwiki.org/DeleteMe>`_" で始め保存することで、ページ削除が 出来ます。

また、ページ管理フォーム(参照末尾)でも実行出来ます。そのページに行き 削除(delete)ボタンをクリックして下さい 。

そのページは recycle_bin サブフォルダへ移動します(参照 ZWiki:RecycleBin)。訳註: 何処にあるの?、linkも切れているぞ。

ページ管理フォームって何ですか?

ページ管理フォームは、既定(非CMF)スキンの一部分です。 それは大量の Wikiメンテ時に、階層変更、名前変更そして削除をより簡単で 便利にします。

http://pythonlife.up.seesaa.net/image/managethispage_ja.png http://pythonlife.up.seesaa.net/image/managethispage.png http://zwiki.org/managethispage.png

このフォームをご覧頂くには、次が必須:

  • 認証済か UserOptionsusername 設定がある
  • 'Zwiki: Rename pages' か 'Zwiki: Delete pages' の許可がある

Zope/Zwikiが私の文書に段落タグを挿入し書式を壊します。 どの様にこれを修正したら良いのですか?

Structured Text、reStructured Text そして wikiwikiweb markup の様な出力書式(markup)モードでは、こうなります。
あなたは多分このページタイプをHTMLに変更するべきなのでしょう。

参照 どの様にページタイプを変更するのですか? (訳註 何処にもないので説明が必要かも。また、Plain Textの選択肢や構造化テキストの書式を紹介した方が親切かと思う。 To change the page's type, click edit, in the markup field, select page's type that you want. To other way, you shuld study the markup formats in your wiki pages's documents, see reStructuredText, STX)

どの様にして左右の角括弧は正しく表示させたらいいのですか?

行を分けてそれらの関係を崩しすと出来ます。[この ]様に

Wiki名回避(ZWiki:WikiNameEscape)を使うことも出来ます。例えば!一つを左角括弧の前に置くことで [this]の様に。

StructuredTextページ上なら、 :: による リテラルクウォート(による整形済みテキストブロック化、またはpreタグ by mire)で出来ます。この様に

[これ]

どの様にしたら WikiBadge の論議をリンク表示させずに出来るのですか?

'!WikiBadge' の様な一つの ! は WikiBadge とレンダー表示されます: (カタログを使わず動作?)。 これらリンクが本当に欲しいなら、HTML かStructured Textリンクを上の質問分の様に使って下さい。

新しいWikiを始めています。 - どの様にWikiフォルダ追加せず、既定ページをインストール出来ますか?

0.23以降はそれらのインストールには /setupPages メソッドを呼ぶことで 出来ます(要、 'Manage properties' 許可)。

どの様にKupuをZwikiページで使うことが出来ますか?

Zwiki はまだKupuサポートをしていません。参照: ZWiki:1057

どれくらい長くページを大きく出来ますか? そして、どの様に保存時に判りますか?

(例 Discussionページ) この Wiki 上の最大ページは、約120Kです。 ページは、次の2つの内1つが起きる迄、大きくすることが出来ます。

  1. 編集時間に苛立ちを感じる その保存時の書式変換(特に
structured text)がより長いページはより長くかかってしまいます。
  1. 保存しようとした時Pythonのreモジュールが "再帰制限超過(max recursion limit exceeded)" エラーを返すとき (ZWiki:395 : #395Zwikiの正規表現は大規模ページやサイトで失敗するかも) これはページサイズ、 コンテンツ、変換書式モードそしてたぶんpythonの実装に 依存しています。 GeneralDiscussion のアーカイブリンクでご覧頂ける通りに、 我々はこの対処でページ分割をしなければなりませんでした。

ページ階層

どの様にして、一つの階層で全ページを見たり印刷出来ますか?

インストール可能なDTMLメソッドがあり、この助けになります。 - 参照 ZwikiPrinting? (訳註: 任意のページ?bare=1 で本文のみの最も簡素な表示、任意のページ/text で本文入力テキストを表示、任意のページ/print は素では使えない。ZMI上のDTML Methodとしてインストールして下さい。独自スタイルシートの付の本文ブロック印刷用のオプションはないが、参考迄、ここに 改造したもの を置いておきます。) 他の選択肢はwgetまたはcurlに ページ/contents や ページ/offspring で指示すことです。それに一つのリンクを深くゆっくり這わせて下さい。

メール購読

どの様に購読は動作するのですか?

Zwikiベースのwikiまたは単一ページの購読は、だれかがコメントを 追加したら(既定ではWikiは全編集もまたメール送信に設定されているかもしれません) Email受信により何時でも出来ます。(訳註: 最近のメール購読フォームでは購読ボタンの右側に「全編集」のチェックボックスがあり、それをチェック後、ボタンを押すことで、コメント投稿に加えeditformによる編集時もメール購読が可能になる。訳者の場合、興味あるページ毎で全編集付きでメール購読を良くしている。変化を見逃すことがないのでとても便利である。)

wikiによってはEmailでのコメント投稿を可能にしていることもあります。 設定されていれば、 購読者になることで(wiki内の何処でも)、これが可能になります。

更なる詳細は WikiMail をご覧下さい。

どの様な方法で購読するのですか?

Wiki管理者が設定済なら購読(subscribe)リンクを各ページ上でご覧 頂けます。 これをクリックして下さい([Shift+]Alt+U ショートカットも同様に機能します)。訳註: ショートカットの操作はブラウザ種別で異なります。(詳細は HelpPage をご覧下さい。) 初回はこのフォームで あなたのEmailアドレスを入れ (Change -> Save options)をクリック して下さい。 クッキーが有効ならば、これは記憶されます。

これで2つの大きなボタンが見えるでしょう。 一つはWiki全体の購読を、もう一方は 現操作ページの購読を切替えます。 購読しない時 ボタンの背景は赤、購読していると それらは緑です。(訳註: Zwikiてはそうでした。近年は、stylesheet定義が空となり色は出ません。購読フォームでは説明も親切に切替るデザインです。感性や用途面で必要な方はstylesheetでカスタマイズします。) このページの末尾にある購読(subscribe)をクリックで、 して試ましょう。訳註: 近年、共通操作リンクはskins/wiki/links.ptに集約され右上配置。

CMF/Ploneでの注意点: 現zwiki_ploneスキンでは2つの小ボタンで、赤/緑 の表示切替もありません。 また、CMFメンバーIDをEmailアドレスの代わりに入れるかも しれない。あなたの選定で設定されたアドレスが 使われます。 あるCMF/PloneサイトはメンバーID入力不要に出来る様な購読フォームに カスタマイズしているかもしれません。

他機能: 他の購読者な簡潔にリストがあります。 他の単一ページ 購読分もリストされます。

どの様に購読解除するのですか?

上方の購読(subscribe)リンクをクリックして下さい。 Wiki全体または現在のページを購読を しているなら、あなたは緑で見えます。ボタンをクリックする迄は、共に 赤(または本文のそば)くなります。訳註: 現スキンでは色分けなし。 「購読通知設定中の他ページ(other page subscriptions)」のリストを見て、そのリンクフォローで購読解除可能です。

註記: クッキーが有効でないと、あなたのEmailアドレスを最初に入れ Changeをクリックする必要があるでしょう。 あなたの購読アドレスと 同じものを入れなければなりません。

購読(subscribe)リンクが見えません。なぜないの?

Wiki管理者の WikiMail 設定が必要です。詳細はそのページをご覧下さい。

課題追跡

どの様にWikiに課題追跡を設定するのですか?

参照 ZWiki:ZwikiIssueTracker この手順は CMF や Plone サイトでも機能する筈です。

Zwikiのインストール

どの様にZopeをインストールするのですか?

http://zope.org/Products から初めます。また、あなたの導入機器環境の パッケージを使います。 Zopeは基盤に依存しませんし、とても簡単な インストールです。訳註: Zope2.12.xからは、easy_installのみ対応となりました。virtualenvを併用で、以前の様な独立したZope環境を構築されることをお勧めします。手順は1. Python2.6最新版のインストール、2. そのPythonにeasy_installをインストール、3. Zope実行ユーザに切替えvirtualenvを作成、4. Zope2をeasy_installでインストール、5. Zopeインスタンスを作成、6. zope.confや必要なpatchを適用しZopeを起動、7. ZWiki2?をダウンロード、8. ZopeインスタンスのProductsフォルダ内で解凍し、Zopeを再起動、9. 必要な関連プロダクトやモジュールを追加インストール、10. ZWikiサイトの追加やimport、11. 必要によりZWiki/i18n/ja.poを修正し翻訳を更新、12. 必要なZWikiカスタマイズを適用 等といった手順となる。お決まりの手順なのでインストール手順をスクリプトに書くことで数ブロックにまとめることが出来る。(詳細は 叩き台ソース で)

どの様にZwikiをインストールするのですが?

最新版をFrontPageからダウンロードし、Zopeプロダクトディレクトリで解凍後、 Zopeを再起動して下さい。 管理者ガイド [Installation]? の章はもっと詳しいです。 訳註: ZWiki、Zope、PythonそしてPloneやPlacelessTranslationService?等はそれぞれ対応バージンの依存関係があります。ZopeはインスタンスとWeb通信ポート番号に注意すれば複数共存出来ますので、先ずは最新版をテストし、問題があれば従来の安定版で個別サイトサービス別で模索して試るのが良いでしょう。複数のインスタンスを持つことで障害時の対応と切り分けがやり易くなる利点もあります。但し、Zope+CMF+Ploneはとても重いので、常用分を絞りサービス起動させましょう。因みに訳者はPloneは使っていません。サーバリソースの関係もあり、今のところ、その重さと要らない機能と付合う気はない。

どの様にPlone や CMF サイトにZwikiをインストールするのですが?


PloneやCMFサイトを作成後、 [Chapter 06: Zwiki and Plone]? 上の記述 の様にそこにZwikiを登録して下さい。 大まかには2つの方法があります。: cmf_install_zwiki external メソッドインストール後 SITEURL/cmf_install_zwikiを見る、あるいは CMFQuickInstallerTool? のツールをインストール してそれを使いZwikiを "install" (登録)します。 これで、plone/CMF コンテンツ管理 インターフェイスを使ったWikiページを追加することが出来るでしょう。

Windows上にZwikiをインストール出来ますか? Mac OSは?

勿論、ZwikiはZopeが動作する何処でも動作します。 Tipsの為、 Installing をご覧下さい。

設定

/src, /setupPages, /upgradeAll 等の様な利用可能な特別な全URLに何がありますか?

それはほとんど ZWikiPage? クラス提供のメソッドです。これらはソースを 読むか、APIDocs? で見付けることが出来ます。 一般的なものを少し:

clearCache
upgradeAll
reindex_object
backlinks
comment
diff
map
create
edit
editform
reparent
catalogId
lastEditTime
subscribeform
text
pages
pageIds
wikilink
stxToHtml
zwiki_version

これらはWikiフォルダかその上位にある他のZopeオブジェクトのこともあります。例: ExternalMethods? や DTMLMethods?

mailin
fixprops
cmf_install_zwiki
view_source
print

また、CMF/Plone由来のスキン、等:

wikipage_view
recentchanges
wikinav_portlet

どの様にWikiのアクセス制限をするのですか? また、編集の様な機能を含んでませんか?

最も簡単な方法: ZMI内のWikiフォルダのセキュリティタブに行き、 関連アクセス権を見付け、 "acquire" と他のチェックボックスを解除します (多分、Managerは例外)。 例:

  • 編集防止には、'Zwiki: edit pages' 許可チックを解除します。
  • ファイルのアップロードの防止には、 'Add Documents, Images, and Files' チックを解除します。
  • 完全にアクセスを認めないのなら、 'Access contents information' と 'View' チックを解除します。

Zwikiの既定スキンは、その新規ユーザの不許可オプションを表示しない様に します。それで、編集、コメント追加、ページタイプ変更、ファイルアップロード 等が認められずに、それらのオプションはユーザから隠蔽されます。

勿論、より複雑な方法で、許可、役割そしてユーザを設定することも 出来ます。 Zopeセキュリティシステム関係はZopeBook?で習熟して下さい。

どの様に編集(edit)リンクをログインフォームに持って来させるのですか?

既定では、ユーザが編集許可を持たない時に、編集(edit)リンク表示は されません。 たまには編集(edit)リンクを常に表示させることがより望ましいことがあります。 その時には、必要に応じてログインフォームを持って来させます。 これが方法:

既定スキンを使っているなら: 'wikipage_macros' テンプレートを カスタマイズして下さい。次で始まる編集フォームを探して下さい:

<a tal:condition="python:user.has_permission('Zwiki: Edit pages',here)"

tal:condition 属性を取除くか、'...python:1 #user...' を挿入し、 それを常に真となる様にして下さい。

Plone内なら: portal_types -> Wiki Page -> Actions に行き、 edit actionを見付け、'View'の許可を変更して下さい。

どの様にPlone利用以外でメンバー登録を可能にするのですか、?

私は、Ploneが提供するWikiユーザ登録に興味を 持ち続けています。 でも、PloneとZwikiが一緒に上手く動作していないことが判って います。Zwiki改良の過去2年相当の価値が欲しいなら、 ユーザ登録を自動化する為に何があるかというと、Email確認と ユーザ登録による編集アクセス制限です。 JohnDeBruyn?

ユーザ登録用の編集操作制限は全く単純なものです。(edit-acces=>edit-access※miss spell): 認証されている Zwikiページの入れ物のZwiki編集許可を設定しacquire 列許可のチェックを外すだけです。 ユーザ登録の為、dtml-method を 書かなければならない方もいるでしょう。 Email確認はZopeのMailhostオブジェクトで 実行する様に出来ることでしょう。 私はこれが依然なされたかどうかに関係なくアイデアは 持っていません。 Benedikt

Zwikiはどの様にページIDとタイトルを処理しますか?

"標準化された" ページ ID を割当します。そのIDは python 処理が可能でURLでも利用可能そして(予測とWikiName?と 相似にする為に)いつも大文字で始めます。

普段は、これを無視し使いたいページ にだけ注意 を払います。 角括弧で囲んだ [自由形式名] をページ名に使うなら、 ページ名の大文字化して記憶されるでしょう。

言いかえるなら、あなたのページ名選択で、ZwikiはそんなIDを選択します。 通常 これはトラブルを起こしません。もし ゛`FuzzyUrls? <http://zwiki.org/FuzzyUrls>`_ を有効にする Zwikiのstandard_error_messageをインストールしたら特にです。

Ploneコンテンツ管理インターフェイスで、Wikiページを管理するなら、 編集短縮名優先権を可能にします。またZMIで管理するなら、 それは紛らわしくなります。なぜならZwikiのID選択に手動で 優先可能で、Wikiリンクを阻害してしまいます。Zwikiは次回 のページ編集時に再度そのIDを調整します。

当然あなたがそうしないことを推奨します。 Zwiki側のページID設定に任せて、 Wikiページ名の変更が必要ならZwikiの編集フォームかページ管理 フォーム経由での実行が最善です。

最終的に、あなたのWiki全体の標準化構想の変更をも欲するなら : canonicalIdFrom() を修正して下さい。

なぜ私のサイトで曖昧リンクが動作しないのでしょう?

Fuzzy links 機能は 'standard_error_message' オブジェクトに組込んで います。

このDHMLオブジェクトはサイトが固まり停止しても、サイト コンテンツアクセスの為の設定が必要です。 その修正には、サイトの ログイン ユーザのアクセスが合致するそのオブジェクト用にProxy Roleを 設定して下さい。 (既定の場合は、"認証済" user role でしょう。)

すなわち: ZMI内の 'standard_error_message' を編集してから、Proxy タブを 選択して下さい。 standard_error_message オブジェクトでアクセスを 持たせたい role を選択強調表示し、保存して下さい。

Zwiki 許可(permission)とは何ですか?

QuickReference にあるそのリストをご覧下さい。

了解、どの様にログインフォームを設定しますか?

Zopeの組込ログインフォームはポップアップダイアログ("基本認証")です。 数あるクッキーベースで供給されるZopeプロダクトのいくつかを使い、ログインフォームの カスタマイズが出来ます。

  • Plone(またはCMF。参照 ZwikiAndPlone) - ちゃんと作るか CMF/Plone サイト内にWikiを 移動して下さい。 利点: 簡単、最強のメンバーシップ機能を含んでもいます。

    欠点: 異なるWikiスキン、大量の他オブジェクト

    と機能の引継ぎ、速度低下を招きます。 だけど、何時でも zwiki_plone スキンを追加装備の全てを隠したものに差替える ことは可能です。 (http://cvs.sourceforge.net/cgi-bin/viewcvs.cgi/zwiki/zwiki/skins/zwiki_orig/Attic/)。

  • ExUserFolder? (XUF) - ExUserFolder? acl_users をWikiフォルダに追加して 下さい。 XUF の説明書の学習とそれらのログインフォームを設定すべく いじくり回す必要が出て来ます。 利点: 軽さ、様々なユーザ データベースソースのサポート 欠点: あまり活発に開発されていない。 把握し難い。

どの様に不特定の人が自分で登録出来る様にしますか?

上記の Plone/CMF 解決が最も簡単です。ExUserFolder? もこれに対応して います。

ZWikiは catalog を使いますか?

ほとんどのZwikiはページの ZCatalog? オブジェクトを持ちます。 Zwikiはこれを利用し、速度向上と大規模Wikiのメモリー使用を減らします。 catalogはFilterIssues?の様に先進の問合せも可能にします。

Zwikiは暫くの間、catalog付きでも無しでも動作する様に設計されましたが、 最新版はcatalogの存在が標準です。 古いwikiをお持ちなら まだ catalog なしで動作しています。 それをインストールするには、任意のページ/upgradeAll(または、任意のページ/setupCatalog) を訪問して下さい

ZwikiAndZCatalog? にはもっと履歴と議論があります。

どの様に Zwikiはそのカタログを見付けますか。 複数の catalog、獲得(acquisition)、Plone ?

Zwikiは Wikiフォルダ内の Catalog または、Wikiフォルダ内か その上位の ``portal_catalog``という名のCatalogを探します。

catalog (最近の変更、検索結果、階層)が混乱している様です。 どの様に再構築するのですか?

管理者で 任意のページ/upgradeAll をご覧下さい。 このアップグレードはWiki内の全ページを再レンダー化、再カタログ化しページ階層キャッシュを再生成します。 大規模Wikiでは暫く時間がかかるかもしれません。 他のユーザからの僅かな書込み編集活動しかない時は、そうするのが最も良いです。 ログはBLATHERレベルで event.logに記録されます。 その挙動は引数渡しで修正出来ます。 Admin.py内の upgradeAll をご覧下さい。 追加のcatalog登録の状況下では、それはそこにないでしょう。これはそれらを消去しないのかもしれません(?) - もしそれなら、最初にZMIを使いcatalogを消去して下さい。

任意のページ/updatecontents をご覧頂くことでページ階層のキャッシュを正しく再生成出来ます。

たまに、これでは問題修復に充分でないでしょう。 - それならば、Wikiフォルダから outline オブジェクト を完全に削除してコンテンツを再読込みして下さい。 (これは、サブトピックスの手動再整列を棄損するでしょう)

助けて! Restructured Textのページに UTF-8 Unicode文字を入れると UnicodeDecodeError に見舞われます!

zope.conf 編集で rest-input-encodingrest-output-encoding の両方に utf-8 を設定して下さい。

どの様に編集フォーム内で許可するページタイプのリストを変えるのですか?

  • ZMI内のWikiフォルダ上で、プロパティタブに移動
  • 下の "add a new property"フォームに移動
  • Name欄に: 'allowed_page_types' を入力
  • Type欄で: 'lines' を選択
  • Value欄を今は空のままにして、'add' をクリックして下さい。 これで、Value欄に 空の数行のスペースを伴なった新たな allowed_page_types プロパティを 持つことになります。
  • さて、Value欄に提供したいページタイプを行に一つずつ

入れて下さい。 ZMI内のページプロパティタブ内かZWikiPage?.py内で 見ることが出来るpage_type IDを使って下さい。 0.52のものは:

rst
stx
html
plaintext
wwml
moin

これは次を可能にします: reStructured Text, Structured Text, HTML, plain text, WikiWikiWeb markupとMoinMoin? markup。 違う選択またはその現れる順番を 合わせるには、リストをそれに沿って修正して下さい。

  • "Save" をクリック。
  • Wikiに戻りページを編集: 選択したページタイプが提供され、 それは記述的名称で確認出来る筈です。 (もちろん、 'Zwiki: Change page types' の許可があると仮定すれば)。

註記: Zwikiの編集フォームだけに当てはまり、そのページのZMI の プロパティタブ内のページタイプリストとは異なります。

次も参照 http://www.netvironments.org/laurazWiki/WikiPageTypes .

外観のカスタマイズ

どの様にスタイルシートを編集するのですか?

例 リンク、本文その他のフォント、等々を違う見掛けに したい (本文フォントは spanタグで変更出来ますが、リンクの変更には CSSかbodyタグ自体にアクセスする必要があり...)

Zwiki 0.18なら、既定スキンは 'stylesheet' との名のstylesheetオブジェクトがあれば それを使っています。 単に、WikiフォルダへDTMLMethod? かこのIDでファイルを追加して下さい。それにはあなたのスタイルシートを含めます。

DTML methodを使うなら、

この行を含めて下さい:

<dtml-call "RESPONSE.setHeader('Content-Type', 'text/css')">

どの様にWikiの外観を変えるのですか?

Zwikiページは 'wikipage' と言う名のページテンプレートからその外観を取得します。 ('standard_wiki_header' と 'standard_wiki_footer' 言う名のDTMLMethods? も サポートされますが、廃止予定です。) 他のサポートスキンテンプレートは: 'backlinks', 'contentspage', 'diffform', 'editform', 'subscribeform', 'recentchanges', 'searchwiki', 'useroptions' 。

Zwikiは、通常 組込の既定のものをその為に提供しています。適切な 名前のページテンプレートをwikiフォルダに作ることでそれに優先させることが出来ます (または上記)。 始めるには、対応する既定ソースからコードをコピーして下さい。 それはファイルシステムの ZWiki/skins/default/ (か "here":zwikidir/skins/default)で 見付けることが出来るでしょう。訳註: 最新のスキンは「/ZWiki/skins/zwiki」にあります。

CMF または Plone サイトでは、少し違う動作をします: テンプレートは、portal_skins/zwiki_plone folderに保持されていますし、その名前の いつくかは僅かながら違っている(例 wikipage_view)。 これらの一つを 優先させるにはZMIのそこに行きCustomizeをクリックするだけです。 これは編集可能なコピーを

portal_skins/custom にインストールします。

一つ事例を挙げると、古い standard_wiki_header を使っていても、同じ 処方を適用します。 このレシピはZopeの基礎知識を持つ読者を想定しています:

  • Zope管理画面に行きWikiフォルダに変更

  • 追加する "DTML Method" タイプのZopeオブジェクトを選択

  • ID と Titleを 'standard_wiki_header' とする

  • "choose" ボタンを使いハードディスクから 'standard_wiki_header.dtml' ファイルを選択

  • "Add" ボタンを押す

  • 新たに作られた standard_wiki_header を編集: 3行目 変更:

    <TITLE><dtml-var "aq_parent.title"><dtml-var title_or_id></TITLE>
    

    追加:

    <TITLE><dtml-var "aq_parent.title"><font color="FF0000"> - You are at: </FONT><dtml-var title_or_id></TITLE>
    
    

これで全Wikiページが新しいTITLEタグを得ます。 全Wikiページのブラウザ タイトル表示 "あなたの Wikiウェブ名 WikiName" の代わりに、 "あなたの Wikiウェブ名 - You are at: WikiName" とします。

どの様にZwikiウェブ上の既定アイコンを変更するのですか?

既定のスキンは存在すれば 'site_logo' のフォルダ プロパティを利用 します。そこにサイトロゴ用にHTMLの小片を置くことが出来ます。

IDを 'site_logo' としたイメージオブジェクトをちゃんとWikiフォルダに作ることも 出来ます。

またスキンのカスタマイズが出来ます。参照上記。

どの様にページの背景色を変えるのですか?

背景色は 'wikipage' スキンテンプレート(customまたは既定)のページの stylesheetからまたはBODYタグから来ます。 これらカスタマイズ 上の情報は上をご覧下さい。

個別ページの背景色をユーザに変えさせたいならどうで しょうか? 発想:

  • 特定ページのプロパティに基づいた色を設定して、ユーザに そのプロパティ設定を可能にする編集フォームを修正して下さい(Tracker.py:changeProperties は 助けになるかもです。) (画像プログラム色選択画面が色選択に使うことが 出来たら素晴らしいでしょう)
  • ページ本文の特定タグに基づいた色を設定。

なぜ、ページの頭のこのレンダー表示が見えないのですか?

フォルダ内(またはその上位)の古い 'standard_wiki_header' (または 'standard_wiki_footer') DTMLMethod?をお持ちの時に発生します。それは そのZwikiバージョンと互換がありません。 最も簡単な解決はそれらを削除し 既定スキンを使うことです。

最終更新登録でWikiユーザでなくZopeのログ名が表示されます。 これを変更出来ますか?

はい、認証済Zopeユーザ名は zwiki_username クッキー に優先する。 この変更にはZWikiPage?.pyのusernameFrom()を 修正する必要があります。

DTML スクリブティング

Wikiページ内の貼付スクリプト ? それはセキュリティ課題ですか?

はい、しかし実際にはあなたが考えるより少ないものです。社会的技術的双方の 理由により:

  • Zwikiはそもそも共同運営のコミュニティ利用を対象にされています
  • Zopeは熟成した堅牢なセキュリティシステムを持ち、それをsandboxで 動作させていますし、任意にスクリプトのアクセス特権の制限を設定 出来ます。
  • 慎重な多数派は、破壊的少数派から自身を防御出来ています。
  • 作業戻しとバックアップ

Zwikiはまだ広まっていないので、これまでより悪用事例を見ることに なることが予想出来るのは事実です。 しかしながら上記要素に効果は 残るはずです。

いつWikiページDTMLを使うのですか?

Wikiの管理者でそれを有効にしたとき。 有効ならば、次の様なテストスクリプト で調べることが出来ます:

<dtml-var ZopeTime>

あるいは、up-to-date フォームも、"DTML" が リストされれたページタイプに 現れるや否や。

どの様にWikiでDTMLを有効にするのですか?

Zwiki 0.22 から 0.25は、0.22 の ReleaseNotes? をご覧下さい。 0.25 以上は、 0.25 の ReleaseNotes? をご覧下さい。 より古いバージョンのZwikiは、"How do I change the list of allowed page types ?" をご覧下さい。

どこでXする為のDTMLの切れ端を見付けることが出来ますか?

DTMLCookbook? をご覧下さい。 http://zopewiki.org/DtmlCookbook , と http://zopelabs.com 。 zwiki.org 上の動的ページを精読もして下さい。 例 - RecentChanges?, WikiBadges?, FivePages? 等。 (色分け可能な ExternalEditor? の利用を、それらをより読み易くする為に推奨します)。 尚勿論、 #zwiki, DTMLCookbookDiscussion?GeneralDiscussion 上で質問する ことも出来ます。

雑多

どの様にこの FAQ を編集するのですか?

他と同じ様にこのページを編集して下さい(編集(edit)をクリックまたは Alt-E を押します)。 RestructuredText? が 書式化の為に使われています。 または、コメントだけを入れて下されば、 後で誰かがまとめます。


タグ:Zope ZWiki
posted by Mire at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

【ZWiki拡張】印刷用頁で印刷する 〜 ヘッダ/フッタなんて要らない

 ZWikiは構造化テキスト等、変換後のHTMLに近いテキスト入力で、素早く文献をまとめ、そのまま公開出来ることが利点である。しかし、その印刷となると、残念なことに画面の何処にも印刷向け機能がない。その為、そのドキュメントを印刷すると、不要なページのヘッダとフッタが漏れなく付いてくる。
 しかし、これは標準で組込まれないだけで、ZWikiのソースコードのサンプルを使いZMI上で、DTMLメソッドを置くだけで実現出来る。そのソースコードは、 Products/ZWiki/scripts/print.dtml に入っている。

 使うには、これをZMIのZWikiサイトフォルダのContentsタブ内で右情報のオブジェクト追加欄で「DTML MEthod」オブジェクトを「Add」し、名前を「print」とし、そのファイルを *File* 欄で読込み「Add」ボタンクリックで追加すれば終わりである。

 利用は、ZWikiサイト内の任意のページのURLに 「/print」と付けるだけである。使い勝手は別として、スタイルシート無しのとてもシンプルな本文表示の上に、着脱可能な簡素な操作用ヘッダが付いている。当然、素のままでは英語標記だが、機能的には、そのヘッダ表示を外すリンクだけでなく、傘下のサブトピックを続けて表示させることも出来る優れものだ。

 このままでも充分つかえるが、当方の場合、同じ要領で、stylesheetという名のDTML Methodを追加し表題等を中心に独自のスタイルシートに置換えて利用しているので、その適用切替えを可能にして試たので、ここにソースを公開して置く。
     print


<HTML>
<HEAD>
<TITLE><dtml-var "aq_parent.title"><dtml-var pageName></TITLE>
<dtml-if "stylesheet"><dtml-if "REQUEST.get('stl',0)"><link rel="stylesheet" type="text/css" href="stylesheet" /></dtml-if></dtml-if>
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!-- Begin
function printdialog(text){
text=document
print(text)
}
// End -->
</script>
</HEAD>
<BODY>
<dtml-if "REQUEST.get('stl',0)">
<dtml-call "REQUEST.set('print_stl','1')">
<dtml-else>
<dtml-call "REQUEST.set('print_stl','')">
</dtml-if>

<dtml-if "REQUEST.get('with_children',0)">
<dtml-call "REQUEST.set('print_w_children','1')">
<dtml-else>
<dtml-call "REQUEST.set('print_w_children','')">
</dtml-if>
<!-- display header -->
<dtml-unless "REQUEST.get('no_print_header',0)">
<p>
<table width="100%"><tr><td><em>Printer friendly format for &dtml-pageUrl;
<dtml-if "REQUEST.get('with_children',0)">
and all child pages</dtml-if>
:</em></td>
<td align="right">
<FORM><INPUT NAME="print" TYPE="button" VALUE="Print this document" ONCLICK="printdialog()"></FORM>
Display
<dtml-if print_w_children>
<a href="&dtml-URL1;/print">without</a>
<dtml-else>
<a href="&dtml-URL1;/print?<dtml-if print_stl>stl=1&amp;</dtml-if>with_children=1">with</a>
</dtml-if>
child pages or
<a href="&dtml-URL1;/print?<dtml-if print_w_children>with_children=1&amp;</dtml-if><dtml-if print_stl>stl=1&amp;</dtml-if>no_print_header=1">without header</a>
or
<dtml-if print_stl>
<a href="&dtml-URL1;/print?<dtml-if print_w_children>with_children=1</dtml-if>">without stylesheet</a>
<dtml-else>
<a href="&dtml-URL1;/print?<dtml-if print_w_children>with_children=1&amp;</dtml-if>stl=1">with stylesheet</a>
</dtml-if>
<a href="&dtml-URL1;" title="return to the normal view">return</a>

</td></tr></table>
</p></dtml-unless>
<!-- build page info -->
<dtml-let folder="folder()">
<dtml-if print_w_children>
<dtml-call "REQUEST.set('page_offspring',offspringIdsAsList())">
<dtml-else>
<dtml-call "REQUEST.set('page_offspring',[])">
</dtml-if>
<!-- display page(s) -->
<dtml-in "[id()] + page_offspring" prefix=x>
<dtml-let page="folder[x_sequence_item]">
<p>
<table width="100%" border="0" cellspacing="0" cellpadding="3"
bgcolor="#f0f0f0"
><tr><td>
<h1><dtml-var "page.pageName()"></h1>
</td>
</tr>
</table>
<dtml-try>
<dtml-var "page(bare=1)">
<dtml-except>
<p>
Could not render
</p>
</dtml-try>
<br />
</p>

</dtml-let>
</dtml-in>
</dtml-let>
</BODY>
</HTML>

これで、stylesheet利用の切替と元ページに戻るリンクが追加出来る。ただ、これだけでは、いつもの既定表示ページ側で毎回urlに「/print」をタイプしての利用となりかったるい。そこでついでで、右上のリンクに「印刷(print)」リンクを追加する為、「Products/ZWiki/skins/zwiki/links.pt」を直接書替て対処した。本来は上記同様のoverrideの筈だが何故か上手く参照されないのでオリジナルのbackupを取った後でそうした。久しぶりなので何かを間違ったのだろう。
    Products/ZWiki/skins/zwiki/links.pt


<html>
<body>

<div metal:define-macro="links" id="navlinks" class="linkpanel">
<table class="shade1" width="100%" border="0" cellspacing="0">
<tr>
<td align="right">
<metal:macro metal:use-macro="here/macros/sitenavlinks" />
<metal:macro metal:use-macro="here/macros/pagenavlinks" />
</td>
</tr>
</table>
</div>

<div metal:define-macro="sitelinks" class="linkpanel">
<table class="shade1" width="100%" border="0" cellspacing="0">
<tr>
<td align="right">
<metal:macro metal:use-macro="here/macros/sitenavlinks" />
</td>
</tr>
</table>
</div>

<metal:macro metal:define-macro="sitenavlinks">
<a href="" tal:attributes="href here/homeUrl"
title="show front page"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">home</span></a>
<a href="" tal:attributes="href here/contentsUrl"
title="show wiki contents"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">contents</span></a>
<a href="" tal:attributes="href here/changesUrl"
title="show wiki recent changes"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">changes</span></a>
<a href="" tal:attributes="href here/trackerUrl"
tal:condition="here/hasIssueTracker"
title="show issue tracker"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">issues</span></a>
<a tal:attributes="href here/indexUrl"
tal:condition="here/indexUrl"
title="show wiki index"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">index</span></a>
<a href="" tal:attributes="href here/uploadsUrl"
tal:condition="here/uploadsUrl"
title="show upload page"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">uploads</span></a>
<a tal:attributes="href here/preferencesUrl"
title="show wiki options"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">options</span></a>
<a tal:attributes="href here/helpUrl"
tal:condition="here/helpUrl"
title="show help page"
i18n:attributes="title">
<span i18n:translate="">help</span></a>
</metal:macro>

<metal:macro metal:define-macro="pagenavlinks">
<a tal:condition="python:0"
tal:attributes="href python:here.pageUrl() + '/backlinks';"
href=""
title="which pages link to this one ?"
i18n:attributes="title"
><span i18n:translate="">backlinks</span></a>
<a tal:condition="here/isMailoutEnabled"
tal:attributes="href python:here.pageUrl() + '/subscribeform'"
href="page_url/subscribeform"
title="configure email subscription to this page or site"
i18n:attributes="title"
>
<span tal:condition="python:0
#here.allSubscriptionsFor(request.get('email',''))
#show subscription status - too expensive " >(un)</span >
<span i18n:translate="">subscribe</span></a>
<a tal:condition="python:0 #user.has_permission('Zwiki: Edit pages',here)"
tal:attributes="href python:here.pageUrl() + '/diff';"
href=""
title="show this page's change history"
i18n:attributes="title"
><span i18n:translate="">diff</span></a>
<a tal:attributes="href python:here.pageUrl() + '/print';"
href="page_url/print"
title="print this document"
i18n:attributes="title"
><span i18n:translate="">print</span></a>

<a tal:condition="python:user.has_permission('Zwiki: Edit pages',here)"
tal:attributes="
href python:here.pageUrl() + '/editform';
title python: here.translateHelper('edit-page') + ' (' + here.linkTitle() + ')'"
href="page_url/editform"
title="edit this page (last edited n days ago by so-and-so)"
>
<span i18n:translate="">edit</span></a>
<a tal:condition="here/isExternalEditEnabled"
tal:attributes="href python:
here.wiki_url() + '/externalEdit_/' +
modules['Products.PythonScripts.standard'].url_quote(here.id()) +
'?borrow_lock=1'"
href="wiki_url/externalEdit_/id"
title="edit using external editor"
i18n:attributes="title"
><img src="misc_/ExternalEditor/edit_icon" border="0"
alt="(external edit)" i18n:attributes="alt" /></a>
</metal:macro>

</body>
</html>


 以上で、デザイン面は兎も角、普通に使える様になった。2年程前には、page templateの書替えて、不要なヘッダフッタ部分の非表示を、urlの引数で直接させたことはあったが、こちらの方が良い様だ。

 尚、取敢えず、今回は全て英語表記(というかそれに似たもの)で済ませ、後はi18n国際化で対処するが前提となっている。現在、PracelessTransrale では、DTMLはサポートされていない様なので、日本語にしたい方は、直接日本語を埋め込んで頂くしかない。links.pt 側は、今回次の行を、ja.poに追加後、Zopeを再起動で日本語に置換わる筈だ。
    Products/ZWiki/i18n/ja.po 追加分のみ


#
msgid "print"
msgstr "印刷"

#
msgid "print this document"
msgstr "この文書を印刷"
続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

【ZWiki和訳】HelpPage_ja 最新版 〜 StructuredText版

 以下は、HelpPage_ja_RC1 2010-01-08 の内容です。ここのページは改訂次第順次差替え予定です。古い分は残しません。原文は http://zwiki.org/HelpPage をご覧下さい。以下の記載はローカルリンクの訳文のままの為、このBlog上ではリンク表示できません。


helppage:原文(英語)訳註0

これは何ですか?

 このサイトは Wiki という編集可能な類のWebサイトであり、一人あるいは大勢のユーザによる 書換えが簡単で効率的なものです。 こちらに Wikiについての詳細があります。訳註1

 Zwiki は、このWikiサイトで実行中のソフトウエアです。 利用は割に簡単ですが、 以下のクイック・オーバービューは、お役に立つかもしれません。 後は必要により、 zwiki.orgにある ユーザガイドとその他の説明文をご覧願います。

Zwiki巡り

 Zwikiのユーザインターフェイスは、大きくはStandardと(Ploneサイト内で動作する) Plone の2つの風味をかもし出します。 マウスカーソルを操作箇所上に持って行くことで、 有用なツールチップをご覧頂けます。Standardでの操作リンクでは通常そうで、例えば次の通り:

  • ホーム(home) ホームページへ移動(goes to the wiki's front page) 訳註2
  • 最近の変更(changes) 最近の変更を表示(lists recently changed pages)
  • 設定(options) 設定を表示(lets you set a username (may be required for editing.))

 Wiki内のページはユニークな名前を持ち、互いに簡単にリンク可能です。どのWikiページが リンクされるかを確認するには大きなページタイトルをクリックして下さい。Zwikiは、 その要約の様に変更可能な階層の中にページを管理します。ページにSubtopics(付属文書)が あるときには、その本文の直ぐ後にリンク掲載されます。 目次(contents) はそのページ全体の 階層構造を表示します。

作成変更

 サイト管理者が許可すれば、ページの作成、編集、コメント、名前変更、 階層変更、削除、そしてファイルやイメージのアップロードが 出来ます。 公開しているZwikiでは、編集出来る様にする為に、設定(options)でのユーザ名設定が 必要なことがあります。 Tips:

  • コメントはページの末尾にあるコメント欄を使い、追加して 下さい。 (多くの購読者からのレスが入るかもしれませんが、その対処には、投稿テスト用に SandBox?(お砂場)ページを使う様にしましょう。)

  • ページ内容を書き換えるには 編集(edit) をクリックします。 同様に、そのページの 名前変更、ページタイプ変更、そして、ここへファイルや画像アップロードが可能かも しれません。 また、した内容を変更の註記に入力することも出来ます。

  • 保存(save)すると、ページタイプ次第で、本文は数種のmarkup規則に 基づき書式変換されます。 例: 空行隔離の 段落や **太字** は 太字 になる等します。 訳註3

  • ページ本文内の Wiki名 はその名前でそのページに自動的に リンクします。 [自由形式の 名称]でも、角括弧で囲むと、 同様になります。 もし、そのときにその名前のページがまだないならば ? のリンクが 現れれますので、作成準備が出来た段階で、それをクリックをします。

  • ページは作成した時点で、直前にいた作成時のページのSubtopicに なります。 Backlinks表示には、親とSubtopicsのページが同様に リストされていて、現ページを階層内の新たな位置に移動させ 階層変更出来ます。 ページURLは常に最上位にありますので、 リンク切れなく自由に階層を再配置可能です。

  • 許可されている時には、クイックページ管理欄も各ページの末尾に ご覧頂けます。 これはページを作成、名前変更、 階層変更または削除するもう一つの方法です。

Emailによる連携

 購読登録 、書込みがあったときに、Email通知を受信し一つ または複数ページあるいはWiki全体を購読可能にします。 コメントと 新規ページや全更新箇所だけを入手出来ます。訳註4

 Zwikiによっては購読者に対し、コメントやページ作成の投稿をEmail送信でも 可能にしています。 Wikiからのメールへの返信またはWikiの着アドレスへの 新規メールを送信するだけで、 そのメールは、その表題の 角括弧内の名前のページ(または既定のページ)に入ります。

キーボード ショートカット

 多くの操作もまた、キーボード ショートカットを用いて実行出来るかもしれません。 CtrlAlt を押したまま、以下のアクセスキーの一つを押すだけです。 (もし機能しないなら、 browser-specific instructionsを確認して下さい。 訳註5

Wiki内ナビ

f   トップページ(front page)へ
c   Wikiコンテンツ(contents)を表示
r   Wikiの最近の変更(recent changes)を表示
t   課題追跡(issue tracker)を表示
i   Wikiの索引(index)を表示
o   ユーザ設定(options)を表示
h   Wiki のヘルプ(help)を表示
0   (ゼロ) これらのアクセスキーを表示

Plone サイト内

-   Zwiki スキンを使う
+   Plone スキンを使う

ページ内操作

n   次(next)ページへ
p   前(previous)ページへ
u   親ページへ上がる(up)
b   (ここをリンクしている)backlinks を表示
m   メール(mail)購読状況を表示
e   このページを編集(edit)
x   外部(external)エディタで編集
d   編集差分(diffs)を表示
y   全編集履歴(history)を表示
v   ページ先頭(main page view)に戻る

ページ編集時

s   変更を保存(save)
w   保存せず変更をプレビュー(preview)

編集差分閲覧時

<   前差分を表示(あるなら)
>   次差分を表示(あるなら)


訳註:

  •  訳註0: 訳者は素人です。原文のニュアンスを 出来るだけ大切にしつつも、複文重文はその出現順に可能な限り合わせ翻訳しています。 ただ、それでは判り辛い場合には多少簡約させて頂いた場合もあります。 「原文:helppage(english)」 とZwikiの現バージョンの実体には乖離もあり、表現が必ずしも最適とは言えませんし、 その訳文であるこれ自体のレビュー作業に至ってはもっと不充分です。何か問題があれば、 「 【ZWiki和訳】HelpPage_ja 最新版 〜 StructuredText 構造化テキスト版」 にコメント頂ければ有難く存じます。(2010-01-08: HelpPage和訳RC1))
  •  訳註1: 日本語の説明としては、オリジナルの記述ながらjp.mediawiki.org にもあります。用途としては次のものが考えられます。
    1. コミュニティでの知識集約型コラポ

       手っ取り早くテーマ分野の知識や考えをまとめ上げる場合に力を発揮します。但し、テーマに対する記述は記 入時点から陳腐化が進行しますので、適宜名前変更などを行ない最新内容の改訂版と旧文書を並存させる等 工夫と手間が必要になる場合があることを念頭に置き存続期間を加味し管理体制を整えましょう。この用途の 最大のものにmediawikiによるWikipediaがありますが、その意味で壮大な実験と言っても良いでしょう。
       また、同時に公開wikiの場合には、著作権ライセンスの問題を明確にし、掲載内容と方法で他者の法律上の 権利を侵害しない様にすると共に、その利用に対し、ライセンスを言明しておいた方が良いでしょう。

    2. 個人的なローカルWiki

       お奨めです。手元のPC上またはURL非公開のWikiサイトをテーマ別に起こしほとんど全ての記入を自分自身 で行ない管理するので、わずらわしさがありません。公開したいコンテンツか発生したら、公開WikiやBlogに 転載します。

  •  訳註2: 日本語は PlacelessTranslationService導入時の表示。 ツールチップ表示はバージョンで異なり、最新のZwiki2.0bでは簡素に変更済である。 ここの日本語はその訳を掲載。
  •  訳註3: 素の StructuredText は ASCII文字以外の文字、例えば日本語等のマルチバイト文字を包含することを想定していません。 全てにおいて、太字表示にならず、「**」が両端に表示されたままになる時には、 ZopeコードにStructuredTextPatchを当てる必要があります。 部分的な場合には、太字にする句の外側をスペースで区切って試て下さい。 全角の句読点「、。」や括弧は英数半角のそれと異なり語句の区切りとして認識しません。 「**太字**」では駄目なので「 **太字** 」とします。
  •  訳註4: 購読(subscribe)の利用には、Zopeサーバ側の設定以外に、ユーザ側も設定(options)で、自身のリアルなemailアドレスとネット上のhandle名を登録頂く必要があります。
  •  訳註5: ブラウザ別のショートカットのキー操作は次の通り。
      ブラウザ 操作キー
    • IE
    • : Alt +アクセスキー その後に改行が必要
    • Firefox
    • : Shift+Alt +アクセスキー
    • Opera
    • : Shift+Esc
    • Google Chrome
    • : Alt
    • Konqueror
    • : Ctrl

補足:

  •  補足1: 変換書式(markup)には、上記で触れた StructuredText以外にも使えます。
    1. reStructured Text(docutilsモジュールによる新しい構造化テキスト。)

      基本的にテキスト文書としての視認性が高く、今では構造化テキストとしてきこれが標準的な 位置付けになっています。StructuredTextより多くの書式規則便利である反面、 素のままではHTMLタグの併用が出来なくなり、例えばtableタグによる自由なレイアウトが 難しくなります。 ただ、内部コードはちゃんとメンテされていて規格としての安定感があります。

      • 段付けによる書式化: StructuredTextとほぼ同じです。
      • 箇条書き :  空行が不要な為、間延感がないので編集テキストをそのままテキスト添付文書として 利用し易くなりました。
      • 斜体、太字等の文字修飾もStructuredTextに似ていますが、両端に半角スペース等が必要です。 下線は何故か出来ません。
      • 表題を記号文字によるアンダーライン
      • 外部リンク : urlの別の行への記載が可能になり、編集画面がより読み易くなりました。
    2. StructuredText

      構造化テキストで気軽に楽したいが、同時にHTMLも絡めて自由にレイアウトを楽しみたい場合に 最適な変換書式です。訳者の場合、tableタグが必要になったら迷わずこちらを使います。

    3. HTML

      bodyタグ内に書く、静的なHTMLを制限なく記載出来ます。HTMLをフルに使いより細かく表現したい場合や 既存のHTML文書の掲載に最適です。尚、下記のExternal Editor(補足2)を 活用して手持ちのHTMLエディタを利用頂くと編集が楽になることでしょう。

    4. Plain Text

       入力したテキスト文字列をそのまま、何ら書式変換なしに表示します。ソースコード等の掲載に最適ですが、 URLやWiki名リンクが一切使えないので、ページ連携が必要な場合には使えません。書式規則に対し、 アレルギーのある方がメンバーとして書込むページは、これにするしかないでしょうが、適切な親ページの 傘下に置けば、上部の親ページからリンクをたどることも可能なので、取敢えずは何とかなります。

  •  補足2: サーバ側にExternalEditor ProductがZopeに導入済ならば、 右上のメニューに鉛筆アイコンが表示されます。利用者側の端末に、そのHelperツールを導入し、利用したいエディタを設定することで、 利用可能になります。[サーバ側:CentOS5.4+Zope2.12.2+ZWiki2.0b1 vs 端末側:Vista+Firefox3.5.6+MKEditor3.8.1-Jで動作確認済]
  •  補足3: その他の日本語文書は僅少の状態です。必要により順次訳者のBlogの Zwikiタグカテゴリへの掲載記事を 取敢えずは参照下さい。Google検索では古い情報に埋もれてしまって這い上がれません^^;;。

     2010-01-08現時点で言うと次のページをご覧頂くことでZWikiの全容が描けると思います。 但し、怪しい和訳も含みますし、バージョン間の差異により、記述内容自体が、ご利用のZwikiと 一致しない場合もあります。その場合にはZwiki本家とZwikiのソースコードをご覧になり、判断 して下さい。情報をお持ちでしたら、英語で直接Zwiki本家のsimonさんに、日本語でしたら、 出来れば、訳者のBlog辺りにレス頂けると有難く存じます。

    • ZWiki和訳】ZWikiの設定(ZWiki configuring)β1
    • ZWiki和訳】外観のカスタマイズ(customizing appearance)α1
    • ZWiki和訳】Zwiki 2.0b1 2009/10/23 Release notes α1

※ それでは皆様大いに楽しんで下さいね。(^_^)/~

続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

【ZWiki設定】購読機能(Mail-in) 〜 コメント/書替内容の受信

 ZWikiでも、Zopeの持つMailHostオブジェクトを利用する形で、Email連携が可能である。メンバー間で公衆網やイントラ内でよりタイムリーなWiki運営を図りたいなら、とても有効な機能かと思う。
 その手順は以下の通り。
  1. jaMailHostプロダクトのインストール
     Zope標準の素のMailHostのままでは、日本語メールに対応しない。それを解決してくれるラッパープロダクトがjaMailHost(jMailHost)だ。Zope-2.12.1の場合、jaMailHost-0.4.4が利用可能なので、それをDL、解凍、そのフォルダをProductsフォルダに入れから、Zopeの再起動を行なえばよい。
     jaMailHostプロダクトのインストール


    [root@l22dm ~]# su - zope
    [zope@l22dm ~]$ cd DLs/
    [zope@l22dm DLs]$ wget http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagami/Download/jaMailHost-0.4.4.tgz
    --2009-12-30 19:01:25-- http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakagami/Download/jaMailHost-0.4.4.tgz
    www005.upp.so-net.ne.jp をDNSに問いあわせています... 210.132.253.5
    www005.upp.so-net.ne.jp|210.132.253.5|:80 に接続しています... 接続しました。
    HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
    長さ: 3661 (3.6K) [application/x-tar]
    `jaMailHost-0.4.4.tgz' に保存中

    100%[======================================>] 3,661 --.-K/s 時間 0s

    2009-12-30 19:01:25 (30.8 MB/s) - `jaMailHost-0.4.4.tgz' へ保存完了 [3661/3661]

    [zope@l22dm DLs]$ tar xvzf jaMailHost-0.4.4.tgz
    jaMailHost
    jaMailHost/README.ja
    jaMailHost/__init__.py
    jaMailHost/version.txt
    [zope@l22dm DLs]$ mv jaMailHost ../Z2/Products/
    [zope@l22dm DLs]$ cd ../Z2/Products/jaMailHost/
    [zope@l22dm jaMailHost]$ ls
    README.ja __init__.py version.txt
    [zope@l22dm jaMailHost]$ less ./README.ja

    [1]+ Stopped less ./README.ja
    [zope@l22dm jaMailHost]$ su -
    パスワード:
    [root@l22dm ~]# service zope20080 restart
    Shutdown zope: [ OK ]
    Starting zope: [ OK ]
    [root@l22dm ~]#

  2. MialHostオブジェクトの作成
     jaMailHostの場合、文字コードがutf-8でZWikiで使う為に、そのオブジェクトtitleを「utf-8」として作成する必要がある。
  3. ZWikiへのMail-in設定
     単純に発信させるだけであれば、ダミーのメールアドレスで構わないが、ZMI上のZWikiサイトオブジェクトフォルダのプロパティタブで、「mail_replyto」と言う名のstringプロパティを作成し値にEmailアドレスを指定する。当方の場合は次の設定とした。:

    mail_replyto : dummy@mydomain.com (string)

    これを済ませて、ZWikiのページを再読込みすると右上のメニューに「購読(subscribe)」のリンクとコメント欄下に丸括弧が表示される。
  4. 購読設定
     早速、どのページでも構わないので、右上のメニューに「購読(subscribe)」で、購読設定する。当方のja.poを使えば少なくともその中身は日本語なので理解出来ると思うが、ページのみなら左側を、Wiki全体なら左側で設定する。その上で、コメント表題欄()とコメントで記入して試よう。smtpメールサーバ迄通っていたら、「設定(options)」で設定した個人のEmailアドレスにその内容が着信する筈だ。参加者は、このサービスを必要により設定出来る。無論、個人のEmailアドレスは本人のものを設定して頂くことが前提である。
  5. ja.poへ翻訳漏れ分を追加
     尚、以前掲載したjp.poには、次の分に漏れがあり、翻訳されないので、既に当方のja.poを適用済の方はハンドで追加して欲しい。
     


    #
    msgid "subscribe"
    msgstr "購読"

    #. Default: "configure email subscription to this page or site"
    #: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:198
    msgid "configure email subscription to this page or site"
    msgstr "このページやサイト全体の購読のためのE-Mailアドレスを設定"

    #. Default: "1 subscriber"
    #: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:459
    msgid "1 subscriber"
    msgstr "1 人の購読者"

    #. Default: "${nb} subscribers"
    #: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:457
    msgid "${nb} subscribers"
    msgstr "人の購読者"
続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

【ZWiki和訳】Zwiki 2.0b1 2009/10/23 Release notes α1

 今回、ZWikiは、従来の安定版の流れのZWiki1とこれからの開発トランクブランチであるZWiki2に分かれた。主な変更は、完全なUnicodeコーディングとPython2.6下のZope2.12対応と言う訳だが、実際使って試ると意図に反し使えない機能も結構ある。ソースを見て試ると従来のPatch的な部分修正でなく、ばっさりとソースコードを整理してしまった様だ。  その状況を大枠でも理解しておくことは必要かと思うので、首記の「Zwiki 2.0b1 Release notes(2009/10/23)」の全和訳をやって試たので、ここに掲載して置く。原文は、プロダクトパッケージフォルダ内のCHANGE.TXTの頭の同バージョンの箇所にある。

Zwiki 2.0b1 2009/10/23

これは、Zwiki 2の最初のリリースで、元はZWiki-unstable ブランチです。 仕切り直して、2009/01/30に Zwiki stable と unstable のレポジトリを名前変更し、今は次を 保持しています。:

  • http://zwiki.org/repos/ZWiki1 - 昔ながらの Zwiki 0.x ブランチでZwiki 1 とします。 このバージョンはutf-8で文書保存し、Zope 2.11へのバージョン対応 をしています。 何か普通でない必要がない限り、さらなる発展は ないでしょう。 この系列の最終リリースを書いたのは、 Zwiki 0.61.0, 2008/10/24 です。
  • http://zwiki.org/repos/ZWiki - Zwiki開発の新たな主要系列で、Zwiki 2 とします。 このバージョンはUnicodeで文書保存し、 スキンの再構築と必須でない機能の取外した上で、Zope 2.12 と python 2.6 への対応を施しました。 より古いZopeは少なくとも2.0のリリース内で、 まだサポートしています。

Zwiki2での最大の変更は、UTF-8エンコードテキストというより、Unicodeでの 内部動作にしたことです。 non-ascii Wikiでのエンコーディング関連エラーは抑止が難しく、この変更はそれらの根絶に 役立つでしょう。 また、これは non-ascii 間違えることない文書検索を可能にするでしょう。 この機能の支援について、 Wirtschaftsuniversitat Wien (Vienna 大学 経済ビジネス) と Willi Langenberger 、に感謝します。 多くのスキンとコードを一掃しましたし、これからもあります。

リリース ノート

non-ascii Wiki文書を含むWikiが存在すると、おそらく、 新たなエンコーディング関係エラーを通知します。 (例: どれか non-asciiの文字で検索をして試て 下さい。) この場合は、全Wiki文書をUTF-8からUnicodeに変換することが 必要です。 これをするには、管理者として 任意のページ/upgradeAll にアクセスして下さい。

普通なら、たくさんの文書をお持ちでも、これには数分の時間を要します。 ログレベルを BLATHER に(zope.confで)設定し、進捗を見て完璧に仕上げる為に event.log を監視して下さい。

以降、ほとんどのエンコーディング関係エラーはなくなるでしょう(再度検索して試て 下さい)。 でないなら、先ずは、2度目のupgradeAllを試した上で、究明の為にレポートを(例えば#zwikiのsm宛に)お願いします。

同様に、カスタマイズしたスキンテンプレートがあるなら、たぶん更新が必要でしょう (例えば下部の最終更新者の註記を見て下さい)。 それは多分道を抜けそれらを引越し後で 利用することが最良です。または、再度最新のテンプレートにカスタマイズ を施して下さい。

閲覧

  • Zope3 Wiki上の Michael Haubenwallner のものの様に、"作成"日時 を右上に表示
  • 1414 - リテラルコードブロック中の段付けが表示されない(betabugさん)
  • マイナーレベルのcssの修正(betabugさん)
  • 検索欄上のnon-ascii 検索式の表示の修正(betabugさん)

編集

  • 517 - 名前変更中のより堅牢で入念なBacklinkの更新。 (Sascha Welterさん)
  • 1171 - 同じ段落内の一つ以上の2重丸括弧リンクが 現在機能。 (betabug)
  • 現在、Wiki内リンクは少なくとも一つの言葉の文字が、:の後に必要

メール

  • メール受信は最早external methodの設定を必要としません。 任意ページ/mailin にメール着信する /etc/aliases postが必要です。
  • 複数の mailhostがある時は、アルファベット順で最初のIDを選ぶことで、 Zope 2.11 "MailHost?" を使うことになります。"MaildropHost?" が今なお 有効となっている時は、誰ぞにとってmailhostのテストには 有用でしょう。
  • 利用していない着信Spamレポート機能を削除

一般

  • Unicode最終決戦! 内部テキスト処理をUnicodeに切替変更という大きな設定。 多くは、初期のUnicodeブランチから、単一の大規模Patchとして収容されました。 特筆すべき詳細:

    • 適切な操作には、WikiコンテンツはUTF-8から変換されていなければなりませんし、 upgrade手順がその1つの方法でしょう。 上記のUpgradeの註記をご覧下さい。
    • スキンテンプレートはプロパティでなく、(lastEditor(), lastEditTime() 等の)methodを使わなければ ならないでしょう。 カスタマイズした編集フォーム、更新履歴または最近の変更があるなら、適宜Updateする 必要があるかもしれません。 また、Catalogページ中枢に今は、last_editor でなくlastEditorを含んでいます。
    • 既定として、Wiki Catalogには、Unicode許容の ZCTextIndexes? を 使います。 任意ページ/upgradeAll (または /setupCatalog) は古いTextIndex?基盤のIndex があればアップグレードします。 (betabugさん)
    • Stefan Holekさんのコードを基盤したシンプルなUnicode許容のSplitterを 利用します。 次のコードは、大部分はStefan H.さんの UnicodeLexicon?プロダクトから取入れました。 Holek (ZPL) は次で見付けることが出来ます。 URL: http://www.zope.org/Members/shh/UnicodeLexicon . Stefanさんに色々と 感謝します。 ちょいとした要求なら、ここでこれをつかえます。 別途プロダクトをインストールする必要がありません。 これ以上の用途には、 もっと個別のSplitter (例: CJK splitter)をインストールし、新しく作成して下さい。 "ZCTextIndex? Lexicon"は、"SearchableText?" と "Title"の再生成では、 新しい目録の索引をつけます。 (betabugさん)
    • DTML評価時のUnicode保存 (#1411)
    • その他多くの Unicode関連の変更と修正 (simonさん, betabugさん)
  • スキンの一掃: テンプレートの再編成、より一貫して、ナビリンクとアクセスキー、スキン機構、 ファイルシステムスキン代替対応基盤の提供 これら多くは単一の大規模Patchで収容されました。 特筆すべき詳細:

    • CSS Idの追加
    • pageheaderテンプレート内のアクセスキー、リンク及び評価フォームの移動
    • ページ管理フォームを、新しいpagefooterテンプレートに移動
    • wikifooter and wikiheader の追加 - Wiki状況対応表示の為の可視 header/footer
    • 適切なリンク、アクセスキー等の為、全表示に pageheader か wikiheader の何れかを包含。 どこでも、全ナビリンクを表示。
    • 重複したアクセスキー定義回避には、Firefox3では改行を押さない様に しなければなりません。
    • 検索フォーム用のアクセスキー s を削除したので、編集作業保存の s は改行なしです。
    • "skin" プロパティまたは要求変数によるいくつかのスキン機構の 一掃とファイルシステムスキン代替対応基盤
    • 939 - 既に編集フォームにある時の、"e" アクセスキーの差止め (betabugさん)
    • 1361 - より入念に、編集フォームのパーミッションをチェック。編集 フォームはWiki上で"Add"権を持っている条件で、表 示可能でしょう。 例: 制限されたページ上の "add" フォームを 試してみると、この修正以前は、プレビュー(Preview)ボタンクリックは、 Unauthorized が発生しました。 (betabugさん)
  • /index を /index_object へー時メソッドとして追加し、/updateCatalog を削除

  • Catalog検索結果に今は、last_editor でなくlastEditorを含んでいます。

  • より以上のテスト(simonさん, betabugさん)

  • コードの一掃、説明文書 (simonさん)

続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

【ZWiki書込】日本語reStructuredText作表 〜 Unicodeにエッ?scape

 多分、reStructured Textによる書込みで一番苦労するのが、作表だろう。StructuredTextでは、tableタグの利用が可能なので逃げが利くが、reStructued Textでは、タグがそのまま表示されてしまい、そうも行かないからだ。で、今回、全漢字を使いテストしたいとは思ったが、それは大変なので気が向いたときにするとして、ASCIIコード表を書いて素の性質を調べて試た。完成したコード表のソースは次の通りだ。
reStructured Text による ASCIIコード表
 
 
ASCII文字コード表
=================
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| \ | 00 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90 | A0 | B0 | C0 | D0 | E0 | F0 |
+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+====+
| 00 | NUL| DLE|   | 0 | @ | P | \‘ | p | \■ | \■ | \■ | ー | タ | ミ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 01 | SOH| DC1| ! | 1 | A | Q | a | q | \■ | \■ | 。 | ア | チ | ム | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 02 | STX| DC2| \” | 2 | B | R | b | r | \■ | \■ | 「 | イ | ツ | メ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 03 | ETX| DC3| # | 3 | C | S | c | s | \■ | \■ | 」 | ウ | テ | モ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 04 | EOT| DC4| $ | 4 | D | T | d | t | \■ | \■ | 、 | エ | ト | ヤ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 05 | ENQ| NAK| % | 5 | E | U | e | u | \■ | \■ | ・ | オ | ナ | ユ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 06 | ACK| SYN| & | 6 | F | V | f | v | \■ | \■ | ヲ | カ | ニ | ヨ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 07 | BEL| ETB| \’ | 7 | G | W | g | w | \■ | \■ | ァ | キ | ヌ | ラ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 08 | BS | CAN| ( | 8 | H | X | h | x | \■ | \■ | ィ | ク | ネ | リ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 09 | HT | EM | ) | 9 | I | Y | i | y | \■ | \■ | ゥ | ケ | ノ | ル | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0A | LF | SUB| * | : | J | Z | j | z | \■ | \■ | ェ | コ | ハ | レ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0B | HM | ESC| + | ; | K | [ | k | { | \■ | \■ | ォ | サ | ヒ | ロ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0C | CL | \→ | , | < | L | ¥ | l | | | \■ | \■ | ャ | シ | フ | ワ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0D | CR | \← | − | = | M | ] | m | } | \■ | \■ | ュ | ス | ヘ | ン | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0E | SO | \↑ | . | > | N | ^ | n |  ̄ | \■ | \■ | ョ | セ | ホ | ゛ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
| 0F | SI | \↓ | / | ? | O | _ | o | DEL| \■ | \■ | ッ | ソ | マ | ゜ | \■ | \■ |
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
 これをZWikiで保存し、表示させると次の様なTABLEタグでレンダリングされたHTML表示になる。

ASCII文字コード表

00 10 20 30 40 50 60 70 80 90 A0 B0 C0 D0 E0 F0
00 NUL DLE  
01 SOH DC1
02 STX DC2
03 ETX DC3
04 EOT DC4
05 ENQ NAK
06 ACK SYN
07 BEL ETB
08 BS CAN
09 HT EM
0A LF SUB
0B HM ESC
0C CL
0D CR
0E SO
0F SI _ DEL
日本語を含めて、reStructuredTextで作表する場合は、まるでsjisのエスケープ文字の様に「\」を頭に付けないと表示出来ないUnicodeの記号が存在する。また、編集は文字幅表示が整う外部エディタで編集しないと難しい。 この様な作表を一発で作れる人は多分いないだろう。そこで今判っている範囲で手順をまとめておく。
  1. 日本語を扱う場合、各列の最大の文字幅を基準に全行の列幅を決定し、両端に半角スペースを挟んで「|」で区切る。
    • 半角英数のみのセルについては、末端の半角スペースを省きもう1文字半角スペース文字を入れても良い。
    • 列幅が異なるとそれは。列幅として反映されてしまうと同時に文字数に乱れがあると表示されなかったり、表の横幅が100%となり間延びすることがある。

  2. 「+」「-」を使い各列同幅の罫線を描きその上下に付ける。

  3. プレビューまたは保存で表示を確認する。多分、駄目です。(笑い)

  4. 駄目だった場合には、一行ずつ罫線文字列で挟み、1行の表を作り、どの行に問題があるかを確認し、その傾向を掴む。
    • 全角記号の内、制御文字と一致するものには頭に半角の「\」を付けて試る。以下既知がこの対応が必要な既知の文字だ。尚、「\」は文字数に加える必要がない。
      引 用 符: \”  \’  \‘
      矢印記号: \→  \←  \↑  \↓
      そ の 他: \☆  \★  \○  \◎  \●  \▼  \▽  \▲  \△  \■
                \□  \◆  \◇  \♭  \♪  \…  \‥  \†  \‡  \※
      演算図形: \≧  \÷  \±  \≠  \≦  \≧  \√  \∇  \∂  \∫
                \∬  \≡  \∞  \∽  \∝  \‖  \∠  \⊥  \⌒
      単位記号: \Å  \°  \Ω  
      論理集合: \⊃  \⊂  \⊇  \⊆  \∪  \∩  \∋  \∈  \∨  \∧
                \∴  \∵  \⇒  \⇔  \∀  \∃
                
      「\」を付ける必要のない文字
      そのまま: 〓  /  \  <  >  =  +  −  ^  *
                _   ̄  [  ]  {  }  ¥  $  %  〒  〜  ¬  
                ※ 普通の漢字はCJK拡張文字Bでもそのまま通る様だ。
続きを読む
posted by Mire at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

【ZWiki和訳】HelpPage_ja β1 〜 StructuredText 構造化テキスト版

ZWiki_HelpPage_ja_stx.png 前回は、reStructuredTextで和訳文を公開したが、今回は、ZWikiのskins内のソースコード「HelpPage.stx」自体をIsometryを使い和訳内容を見直して試た。尚、原文は、追記エリアのpreタグ内に入れいるので、そちらをコピヘでZWiki内に貼付け、変換書式(markup)を「Structured Text(構造化テキスト)」に変更して保存(Save)して頂けば、「HelpPage」原文と併置出来る。

 尚、「Structured Text(構造化テキスト)」をZopeで日本語利用するには、たかのさんのpatchが必須だ。Zopeをインストールしたディレクトリで「stletters.py」を検索し、修正後Zopeを再起動でOKだ。






lib/python2.6/site-packages/zope.structuredtext-3.4.0-py2.6.egg/zope/structuredtext/stletters.py
 
 
import string

def punc_func(exclude):
    punc = r''
    for char in string.punctuation:
        if char not in exclude:
            punc = punc + r'\%s' % char
    return punc

digits = string.digits
#letters = string.letters                   #修正前
letters = string.letters + '\200-\377\?\!'  #修正後
literal_punc = punc_func("'")
dbl_quoted_punc = punc_func("\"")
依然、おかしなところもあると思うので、何かお気づきのことがありましたら、ご指摘をお願いします。

これは何ですか?

このサイトは Wiki という編集可能なWebサイトの類で、一人または多くのユーザによる 書換えが簡単で効率的です。 こちらに Wikiについての詳細があります。

Zwiki は、このWikiサイトで実行中のソフトウエアです。 利用は割に簡単ですが、 次のクイック・オーバービューが、お役に立つかもしれません。 後は必要により、 zwiki.orgにある ユーザガイドとその他の説明文をご覧願います。

Zwikiの概要

Zwikiのユーザインターフェイスは、Standardと(Ploneサイト内で動作する) Plone の2つの風味をもたらします。 マウスカーソルを 操作箇所の上に持って行くことで、有用なツールチップをご覧頂けます。 Standardでの操作リンクでは通常そうで、例えば次の通り:

  • ホーム(home) ホームページへ移動(goes to the wiki's front page)
  • 最近の変更(changes) 最近の変更を表示(lists recently changed pages)
  • 設定(options) 設定を表示(lets you set a username (may be required for editing.))

(訳注: 日本語は PlacelessTranslationService導入の場合の表示、ツールチップ表示は バージョンで異なり、最新のZwiki2では簡素に変更済で日本語はその訳。)

Wiki内のページはユニークな名前を持ち互いに簡単にリンク出来ます。 どのWikiページがリンクされるかを確認するには、大きなページタイトルをクリックして下さい。 Zwikiは、アウトラインみたいな自由な階層の中にページをキープします。 ページに サブトピックス があるときには、その本文の直ぐ後にそれらがリンク掲載されます。 目次(contents) はページ全体の階層構造を表示します。

作成変更

サイト管理者が許可すれば、ページの作成、編集、コメント、名前変更、 階層変更、削除、そしてファイルやイメージのアップロードが 出来ます。 公開しているZwikiでは、編集出来る様にする為に、設定(options)でのユーザ名設定が 必要なことがあります。 Tips:

  • コメントはページの末尾にあるコメント欄を使い、追加して 下さい。 (多くの購読者からのレスが入るかもしれませんが、その対処には、投稿テスト用に SandBox?(お砂場)ページを使う様にしましょう。)

  • ページ内容を書き換えるには 編集(edit) をクリックします。 同様に、そのページの 名前変更、ページタイプ変更、そして、ここへファイルや画像アップロードが可能かも しれません。 また、した内容を変更の註記に入力することも出来ます。

  • 保存(save)すると、ページタイプ次第で、本文は数種のmarkup規則に 基づき書式変換されます。 例: 空行隔離の 段落や **太字** は 太字 になる等します。

  • ページ本文内の Wiki名 はその名前でそのページに自動的に リンクします。 [自由形式 名称]でも、角括弧で囲むと、 同様になります。 もし、その名前のページがまだない時は ? の リンクが現れるので、作成の用意がある時にクリックすれば良いのです。

  • ページは作成した時点で、直前にいた作成時のページのSubtopicに なります。 Backlinks表示には、親とSubtopicsのページが同様に リストされていて、現ページを階層内の新たな位置に移動させ 階層変更出来ます。 ページURLは常に最上位にありますので、 リンク切れなく自由に階層を再配置可能です。

  • 許可されている時には、クイックページ管理欄も各ページの末尾に ご覧頂けます。 これはページを作成、名前変更、 階層変更または削除するもう一つの方法です。

Emailによる連携

購読登録 、書込みがあったときに、Email通知を受信し一つ または複数ページあるいはWiki全体を購読可能にします。 コメントと 新規ページや全更新箇所だけを入手出来ます。

Zwikiによっては購読者に対し、コメントやページ作成の投稿をEmail送信でも 可能にしています。 Wikiからのメールへの返信またはWikiの着アドレスへの 新規メールを送信するだけで、 そのメールは、その表題の 角括弧内の名前のページ(または既定のページ)に入ります。

キーボード ショートカット

多くの操作もまた、キーボード ショートカットを用いて実行出来るかもしれません。 CtrlAlt を押したまま、以下のアクセスキーの一つを押すだけです。 (もし機能しないなら、 browser-specific instructionsを確認して下さい。(訳註、IE: Alt+アクセスキー後改行 / firefox: Shift+Alt+アクセスキー))

Wiki内ナビ

f   トップページ(front page)へ
c   Wikiコンテンツ(contents)を表示
r   Wikiの最近の変更(recent changes)を表示
t   課題追跡(issue tracker)を表示
i   Wikiの索引(index)を表示
o   ユーザ設定(options)を表示
h   Wiki のヘルプ(help)を表示
0   (ゼロ) これらのアクセスキーを表示

Plone サイト内

-   Zwiki スキンを使う
+   Plone スキンを使う

ページ内操作

n   次(next)ページへ
p   前(previous)ページへ
u   親ページへ上がる(up)
b   (ここをリンクしている)backlinks を表示
m   メール(mail)購読状況を表示
e   このページを編集(edit)
x   外部(external)エディタで編集
d   編集差分(diffs)を表示
y   全編集履歴(history)を表示
v   ページ先頭(main page view)に戻る

ページ編集時

s   変更を保存(save)
w   保存せず変更をプレビュー(preview)

編集差分閲覧時

<   前差分を表示(あるなら)
>   次差分を表示(あるなら)

続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

【CentOS5.4】ZWiki2の日本語化 〜 i18ndudeでpot生成

 【CentOS5.4】ZWikiの日本語化 〜 i18n/ja.poを弄るでは、取敢えず、PlacelessTranslateのi18nの仕組みと手順は考えず取敢えず適当に既存のja.poに追加訳を加えて対応して試た訳だが、Backlink上等に不自然に漏れが発生したりしていた。そこで今回は、じっくりと、その仕組みを調べることからやって試た。

 最新のZope2.12.1には、Products.PlacelessTranslationService-2.0a2を利用することになる。以前のZopeでは、Products.PlacelessTranslationService-1.4が使えたので、DTMLについても対処出来たが、どうもそれ以降では、DTMLはサポートされなくなった様で、僅かながらもDTMLが残っているZWiki2では、その部分の英語表示は諦めざるを得ないことが判った。また、reStructured Text化での提供に変わってしまった HelpPage についても、元々守備範囲外であるので、別途落とし所を考える必要がある。

 それを承知の上で、Zopeのi18n対応の手順に沿って、今回、ZWiki2の日本語化を追って試た。

 今回は、ZWiki2の公式ソースを弄らないことを前提にして、先ずは最新版のzwiki.potを作成し、不足分をハンドで補う形の作業したので、未だ漏れもあると思うが、次のものを使って頂ければかなり違和感が解消されるものと思う。(2009-12-19、掲載に当たりコピペでエスケープ「\」と生の改行タブ「<b />」が災いし、そのままのコピペでは全く機能しないことを発見し修正掲載。原因不明ながら、現在Pythonコード分も機能しない。)
 ZWiki/i18n/ja.po


#File Edit Options Buffers Tools PO Help
# --- PLEASE EDIT THE LINES BELOW CORRECTLY ---
# SOME DESCRIPTIVE TITLE.
# FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Zwiki-2.0b\n"
"POT-Creation-Date: 2009-12-14 17:50+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2009-12-19 05:55 +0900\n"
"Last-Translator: MiRe <http://pythonlife.seesaa.net/article/135887481.html>\n"
"Language-Team: Japanese <LL@li.org>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=utf-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0\n"
"Language-Code: ja\n"
"Language-Name: Japanese\n"
"Preferred-Encodings: utf-8 latin1\n"
"Domain: zwiki\n"

#. Default: "Subscribe to this page"
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:94
msgid " Subscribe to this page "
msgstr " このページを講読する "

#. Default: "Unsubscribe from this page"
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:87
msgid " Unsubscribe from this page "
msgstr " このページの購読を解除 "

#: ./profiles/default/types/Wiki_Page.xml
msgid "A zwiki page. Cooperates with other zwiki pages in the same folder."
msgstr "zwiki ページ。同じフォルダ内のzwikiページと連携します。"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:48
msgid "Backlinks"
msgstr "バックリンク"

#: ./skins/zwiki/badtemplate.pt:13
msgid "Bad template"
msgstr "不良テンプレート"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:161
msgid "Cancel"
msgstr "キャンセル"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:62
msgid "Change"
msgstr "変更"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:73
msgid "Check one or more checkboxes or enter a page name here, and click the button."
msgstr "1つ以上のチェックボックスをチェックするかここにページ名を入れ、ボタンをクリックして下さい。"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:169
msgid "Create"
msgstr "作成"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:80
msgid "Editor:"
msgstr "編集者:"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:53
msgid "Email will go to the address you have configured in site preferences."
msgstr "Email は、サイト内で選択し設定したアドレス宛に送信されます。"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:76
msgid "Enter a page name here and click the button."
msgstr "ここにページ名を入れ、ボタンをクリックして下さい。"

#: ./plugins/tracker/filterissues.pt:12
msgid "Filter issues"
msgstr "課題フィルタ"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:135
msgid "For editing help, see"
msgstr "編集のヘルプは"

#: ./skins/zwiki/helppage.pt:12
msgid "Help"
msgstr "ヘルプ"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:137
msgid "HelpPage"
msgstr "HelpPage"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:102
msgid "Here are it's subtopics."
msgstr "サブトピック一覧です"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:49
msgid "Here are the pages which link to it:"
msgstr "ここにリンクしているページ群:"

#: ./skins/zwiki/wikiindex.pt:12
msgid "Index"
msgstr "索引"

#: ./plugins/tracker/issuebrowser.pt:12
msgid "Issue browser"
msgstr "課題ブラウザ"

#: ./plugins/tracker/issuetracker.pt:12
msgid "Issue tracker"
msgstr "課題追跡"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:12
msgid "Mail subscription"
msgstr "メール講読"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:50
msgid "No other pages link to this one."
msgstr "リンクするページはありません。"

#: ./skins/zwiki/denied.pt:12
msgid "Not permitted"
msgstr "許可されていません"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:87
msgid "Note:"
msgstr "註記:"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:110
msgid "Optional change note"
msgstr "変更の概要"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:63
msgid "Page name"
msgstr "ページ名"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:164
msgid "Page subscribers"
msgstr "ページ講読者"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:26
msgid "Parents"
msgstr "親文書"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:156
msgid "Preview"
msgstr "プレビュー"

#: ./skins/zwiki/recentchanges.pt:12
msgid "Recent changes"
msgstr "最近の変更"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:20
msgid "Related pages"
msgstr "関連ページ"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:86
msgid "Reparent"
msgstr "階層変更"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:27
msgid "Return to edit history"
msgstr "履歴編集に戻る"

#: ./skins/zwiki/history.pt:16
msgid "Return to page"
msgstr "ページに戻る"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:69
msgid "Revert to this version"
msgstr "このバージョンに復旧"

#: ./skins/zwiki/searchwiki.pt:12
msgid "Search this wiki"
msgstr "このWikiを検索"

#: ./skins/zwiki/contentspage.pt:40
msgid "Singletons:"
msgstr "単独ページ:"

#: ./plugins/tracker/tracker.py:336
msgid "Sorry, this wiki doesn't allow anonymous edits. Please configure a username in options first."
msgstr "失礼、このWikiは匿名編集を許可しません。先ずは、オプションの「設定」でユーザ名を設定願います。"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:128
msgid "Subscribe to whole wiki"
msgstr "Wiki全体への購読"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:96
msgid "Subtopics"
msgstr "サブトピック"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:144
msgid "TextFormattingRules"
msgstr "TextFormattingRules_ja"

#: ./skins/zwiki/badtemplate.pt:14
msgid "There was a problem locating one of this wiki's skin templates. There may be another object in the ZODB with the the same ID, obscuring the skin template. Or the template may be missing on the filesystem due to an incomplete Zwiki installation."
msgstr "このWikiのスキンテンプレートの一つの位置決めで問題がありました。ZODB内に同じIDの別オブジェクトが存在しているかもしれません。それはスキンテンプレートの存在を不明瞭にしています。あるいは、不完全なZwikiのインストールの為、テンプレートがファイルシステム上になくなっていませんか。"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:99
msgid "This page has no subtopics."
msgstr "サブトピックはありません"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:82
msgid "Time:"
msgstr "時間:"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:121
msgid "Unsubscribe from whole wiki"
msgstr "Wiki全体の変更通知を解除"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:124
msgid "Upload a file or image"
msgstr "ファイルや画像のアップロード"

#: ./skins/zwiki/useroptions.pt:12
msgid "User options"
msgstr "ユーザオプション"

#: ./profiles/default/types/Wiki_Page.xml
msgid "Wiki Page"
msgstr "ZWikiページ"

#: ./skins/zwiki/contentspage.pt:13
msgid "Wiki contents"
msgstr "Wiki コンテンツ"

#: ./skins/zwiki/contentspage.pt:10
msgid "Wiki contents for"
msgstr "Wiki コンテンツ"

#: ./skins/zwiki/wikistats.pt:12
msgid "Wiki statistics"
msgstr "Wikiの統計"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:173
msgid "Wiki subscribers"
msgstr "Wikiの購読者"

#: ./plugins/tracker/tracker.py:361
msgid "You are not authorized to edit this ZWiki Page."
msgstr "このZwikiページの編集権限がありません。"

#: ./plugins/tracker/tracker.py:353
msgid "You are not authorized to rename this ZWiki Page."
msgstr "このZwikiページの名前変更権限がありません"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:105
msgid "You can reorder them by clicking the ^ buttons."
msgstr "「^」ボタンのクリックで順序を変えることが出来ます。"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:70
msgid "You can set this page's parent(s) to place it within the overall page hierarchy."
msgstr "全てのページ階層の中から、このページの親を設定出来ます"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:79
msgid "You can type just the first few letters, case and punctuation are ignored."
msgstr "最初の文字数個を入力して下さい。尚、大文字/小文字や句読点は同一視されます。"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:58
msgid "Your email address"
msgstr "メールアドレス"

#: ./skins/zwiki/diffform.pt:28
msgid "ZODB history"
msgstr "ZODB の更新履歴"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:111
msgid "a note makes RecentChanges more useful"
msgstr "「変更の概要」は変更の記録としてRecentChangeに表示されます"

#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:102
msgid "all edits"
msgstr "全編集"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:161
msgid "cancel this edit and return to the page"
msgstr "編集をキャンセルして前のページに戻ります"

#: ./plugins/pagetypes/common.py:262
msgid "comments"
msgstr "コメント"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:170
msgid "create this wiki page"
msgstr "このwikiページを作成します"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:29
msgid "is a subtopic of:"
msgstr "は以下の下位トピックです:"

#: ./skins/zwiki/backlinks.pt:28
msgid "is a top-level topic."
msgstr "は上位レベルのトピックです"

#. Default: "PREVIEW"
#: ./skins/zwiki/editform.pt:181
msgid "label_preview"
msgstr "プレビュー"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:74
msgid "markup"
msgstr "記載マークアップ書式"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:141
msgid "or"
msgstr "または"

#. Default: "You are subscribed to these other pages"
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:146
msgid "other_page_subscribed"
msgstr "購読通知設定中の他ページ"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:156
msgid "preview this edit"
msgstr "編集内容をプレビュー確認"

#: ./plugins/pagetypes/html.py:52
#: ./plugins/pagetypes/rst.py:81
msgid "reply"
msgstr "返信"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:75
msgid "select the formatting and rendering style for this page"
msgstr "このページ用の記載書式と描画スタイルを選択します"

#. Default: "You can subscribe to this page or to the whole wiki. Subscribers receive a copy of comments via email. Or return to"
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:38
msgid "subscribe_desc_comments"
msgstr "このページまたはWiki全体を購読することが出来ます。購読者はEmail経由でコメントのコピーを受け取ります。または戻って下さい:"

#. Default: "You can subscribe to this page or to the whole wiki. Subscribers receive a copy of all edits via email. Or return to"
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:43
msgid "subscribe_desc_edits"
msgstr "このページまたはWiki全体を購読することが出来ます。購読者はEmail経由でコメントのコピーを受け取ります。または戻って下さい:"

#. Default: "To subscribe, please configure your email address."
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:69
msgid "subscribe_no_email"
msgstr "講読するには、メールアドレスを設定して下さい"

#. Default: "You are currently not subscribed<br /> to this page."
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:83
msgid "subscribed_page_no"
msgstr "現在あなたはこのページを講読していません"

#. Default: "You are currently subscribed<br /> to this page."
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:79
msgid "subscribed_page_ok"
msgstr "あなたはこのページを講読中です"

#. Default: "You are currently not subscribed<br /> to the whole wiki."
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:117
msgid "subscribed_wiki_no"
msgstr "Wiki全体の変更の通知は設定されていません。"

#. Default: "You are currently subscribed<br /> to the whole wiki."
#: ./skins/zwiki/subscribeform.pt:113
msgid "subscribed_wiki_ok"
msgstr"あなたはこのWiki全体を講読中です"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:64
msgid "the name of this wiki page (changing this may be slow!)"
msgstr "このwikiページの名前です(変更には時間がかかります!)"

#: ./skins/zwiki/editform.pt:125
msgid "upload a file and link it on this page ?"
msgstr "ファイルをアップロードしてこのページにリンクを置きますか?"

#####################################

#. Default: "changes"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:128
msgid "changes"
msgstr "最近の変更"

#. Default: "contents"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:123
msgid "contents"
msgstr "目次"

#. Default: "discussion"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:133
msgid "discussion"
msgstr "議論"

#. Default: "edit"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:231
msgid "edit"
msgstr "編集"

#. Default: "help"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:159
msgid "help"
msgstr "ヘルプ"

#. Default: "home"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:118
msgid "home"
msgstr "ホーム"

#. Default: "index"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:143
msgid "index"
msgstr "索引"
#. Default: "issues"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:138
msgid "issues"
msgstr "課題"

#. Default: "options"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:153
msgid "options"
msgstr "設定"

#. Default: "show discussion page"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:129
msgid "show discussion page"
msgstr "議論ページを表示"

#. Default: "show front page"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:114
msgid "show front page"
msgstr "FrontPageを表示"

#. Default: "show help page"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:154
msgid "show help page"
msgstr "ヘルプを表示"

#. Default: "show issue tracker"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:134
msgid "show issue tracker"
msgstr "課題追跡を表示"

#: ./ZWikiPage.py:861
msgid "show last edit"
msgstr "最後の更新を表示"

#. Default: "show wiki contents"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:119
msgid "show wiki contents"
msgstr "目次を表示"

#. Default: "show wiki index"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:139
msgid "show wiki index"
msgstr "索引を表示"

#. Default: "show wiki options"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:149
msgid "show wiki options"
msgstr "設定を表示"

#. Default: "show wiki recent changes"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:124
msgid "show wiki recent changes"
msgstr "最近の変更を表示"

#. Default: "search all pages"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:331
msgid "search all pages"
msgstr "全ページ検索"

#. Default: "search issues"
#: ./skins/dtmlmessages.pt:29
msgid "search issues"
msgstr "課題の検索"

msgid "search issue page"
msgstr "課題ページを検索"

#. Default: "name"
#: ./skins/dtmlmessages.pt:12
#, fuzzy
msgid "name"
msgstr "名前,"

#. Default: "name,"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:501
msgid "name,"
msgstr "名前,"

#. Default: "new"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:497
msgid "new"
msgstr "新規"

#. Default: "parent,"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:498
msgid "parent,"
msgstr "親,"

#. Default: "replacement,"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:504
msgid "replacement,"
msgstr "置換え,"


#. Default: "enter a page name and click buttons to the right (mouse over for help)"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:515
msgid ""
"enter a page name and click buttons to the right (mouse over for help)"
msgstr "ページ名を入力して実行したい内容のボタンを押してください(マウスをボタンに重ねるとヘルプが表示されます)"

#. Default: "subject"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:420
msgid "subject"
msgstr "題名"

#. Default: "a subject helps clarify threads and RecentChanges"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:421
msgid "a subject helps clarify threads and RecentChanges"
msgstr "題名はスレッドや最近の更新をわかりやすくします"

#. Default: "add a comment"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:465
msgid "add-comment"
msgstr "コメントの追加"

#. Default: "to comment (and cc any subscribers) enter text here and click add"
#: ./plugins/latexwiki/wikis/latexwiki/wikipage.pt:436
msgid "to comment (and cc any subscribers) enter text here and click add"
msgstr "コメントを書いて「コメントを追加」を押すと追記されます(変更通知も送信されます)"


#
msgid "reparent"
msgstr "階層変更"

#
msgid "rename"
msgstr "名前変更"

#
msgid "delete!"
msgstr "削除!"

#
msgid "create"
msgstr "作成"

#
msgid "Help"
msgstr "ヘルプ"

#
msgid "Save"
msgstr "保存"

#
msgid "page"
msgstr "ページ"

#
msgid "create this page"
msgstr "このページを作成"

#
msgid "go to home page"
msgstr "ホームページトップへ"

#
msgid "which pages link to this one ?"
msgstr "どのページがこことリンクしているのか ?"

#
msgid "make this page a subtopic of the page you have entered"
msgstr "このページを入力指定したページ傘下のサブトピックにします"

#
msgid "rename this page to the name you have entered, updating all links"
msgstr "このページを入力した名前に変更し、Wiki内のリンクもそれに付替えます"

#
msgid "create a page with the name you have entered, as a subtopic of this one"
msgstr "入力した名前でページを作成し、このページのサブトピックにします"

#
msgid "delete this page, and redirect links to the page you have entered, if any"
msgstr "このページを削除し、リンク関係があるならWiki内のリンクを入力指定したページに置換えます"

##
#msgid "subtopics:"
#msgstr "サブトピックス:"

##
#msgid "comments:"
#msgstr "コメント:"

#
msgid "change this wiki page"
msgstr "このWikiページを変更します"

 元々、ハンドでの補完は少ないとの想い込みで作業をしてしまったが、思ったより不足分が多く時間がかかってしまった。取敢えずは、以前の分よりは使えるので、先ずはここに掲載して置く。
 訳文は、オリジナルをそのままコピーしたものもあるが、当方がオリジナルに気付かず訳して改悪したもの、オリジナルを知った上で敢えて修正したものがある。おかしなものがあれば、英語力、日本語力共に不足しているので、ご指摘頂ければ有難い。

 で、後は、今回行なった手順をを書いておくことにする。Zopeのi18n対応は、ZPT(Zope Page Template )等も翻訳対称にしないと務まらない為、Zope用のpot作成ツールがある。それが、標記のi18ndudeである。使い方は、「i18ndude --help にあるぞ」となっているので、それに従うことになる。英語なので判り辛いので、後日別稿でその訳をつけるので、詳しくしそちらを参照して頂きたいが、やったことは次の通りだ。
 /Products/ZWikiに移動後、i18ndudeでzwiki.pot生成。jp.poをzwiki.potで置換、emacsで訳文追加。


[zope@l22dm ZWiki]$ cd /home/zope/Z2/Products/ZWiki
[zope@l22dm ZWiki]$ /home/zope/my_zope2/bin/i18ndude rebuild-pot --pot /home/zope/ZWiki/zwiki.pot --create zwiki ./*
/home/zope/my_zope2/lib/python2.6/site-packages/i18ndude-3.1.1-py2.6.egg/i18ndude/odict.py:7: DeprecationWarning: object.__init__() takes no parameters
dict.__init__(self, dict)
[zope@l22dm ZWiki]$ mkdir back
[zope@l22dm ZWiki]$ mv i18n/ja.po bak/ja20091217.po
[zope@l22dm ZWiki]$ cp /home/zope/ZWiki/zwiki.pot i18n/ja.po
[zope@l22dm ZWiki]$ emacs i18n/ja.po

続きを読む
posted by Mire at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

【ZWiki和訳】外観のカスタマイズ(customizing appearance)α1

ZWiki_custmizing_appearance.png.png 前稿の翻訳支援ツール「Isometry」の試用も兼ね、首記の日本語訳を行なったので、ここに掲載して置く。前稿では、改行数と行頭空白文字の制御を問題として上げていたが、今回は、文節のハンド修正に工夫を加えてそれを回避した結果、翻訳出力そのものをZWikiの編集フォームに貼付けるだけで、ほぼ実現することが可能になった。
 文節のハンド修正では、次のことに注意し実行するとこで、少なくとも「reStructured Text」対応で発生するレイアウトの乱れについては影響を最小限にすることが可能である。
  1. 行頭には余分の半角空白文字を追加したり、削除したりしない様に分割して、修正する。
  2. 翻訳文との対比の関係で原則1文1行としてハンド修正をする必要があるが、その際、空行が新たに発生しない様に、文中の句読点や括弧を使い、それを空行にしない様にする等の工夫をし、それも無理な場合にはダミーの文字列(今回は<!---->)を入れ空行とならない様にする。

 尚、今回、ここに掲載の訳文は、テスト的にざっと訳したものなので、まだ細かい誤りは多いと思うが、少なくとも意味を真逆に捉えた箇所はないと思う。これは、その程度のものと考えで活用頂くと共に、お気づきのことがありましたら、ご指摘をお願い致します。今回より、訳文の掲載はページタイプを「reStructured Text」とした形式のテキストのみで掲載させて頂くことにした。HTMLで読みたい方は、ZWikiをインストールの上、手元のWikiページにコピペして利用頂きたい。続きを読む
posted by Mire at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

【ZWiki和訳】ZWikiの設定(ZWiki configuring)β1

ZWiki_Configuring.png 以下は、以前、「ZWiki configuring (ZWikiの設定)」2009-08-29に、訳しかけのいい加減なものを掲載したが、この度、ZWiki2をインストールしたのを契機に、もう一度見直し、未訳の箇所も無くして試た。一部、訳者のZWikiと日本語(苦笑)への理解が悪く、理解してもらえない箇所もあるものの(機械翻訳に比べれば遥かに日本語らしくなり^^;;、)当方が英語を読んで判るレベルよりは良くなったので、ここに掲載する。
 何かお気付のことがありましたらは、ご指摘頂きたくお願いします。

 参考迄、追記エリアに、当方のPC上のZWiki内のreStructured Text形式の訳文とその原文を以下に掲載した。本文は、そのソースコードをZWiki上に入力しブラウザ上で表示させて得られたHTML文を(不要リンクを削除した上で)掲載したものなので、reStructured Textの実例として比較して見て頂くと良いかと思う。「表題のhタグ」、「.. contents::」による目次表示、 箇条書き等、人により参考になるものと思う。但し、リンク関係は、ここがZWikiサイトでないので、自サイト宛のものは削除、事例としてのzwiki.org宛のリンクはそれに書替えさせて頂いく等しているので全く参考にはならない。興味がある方は、実際に手元のPCにZWikiをインストールして、下のソースを投入して試てどうなるかを確かめて欲しい。また、見栄えは、このBlogのスタイルシートが優先されてしまっているので全く異なる。しかしそれは、スタイルシート次第で如何様にも変幻自在であるとのこと。因みに当方の手元PC内のローカルZWikiの見栄えは右図の通りで、zwiki.orgのものとは変えている。


原文 http://zwiki.org/Configuring

ゴール

このセクションでは、新しくWikiをどう始めるのかということと、プロパティ設定による種々の機能等をカバーして行きます。 ZWiki の機能は、フレキシブルであり、全機能が全てのwikiにふさわしいという訳ではありません。 気にせずに 必要に合わせて自由に読んで、次の節に移って構いません。 そこでは、 customizing appearance (表示のカスタマイズ) についお話しして行きます。

例: Wiki作成

あなたのサーバに、Zwikiをひと度入れる( installed )と、あなた自身の Wiki Web を開始することが出来ます。 入れた場所により、普通の または "Plone" の表示をWikiは持つことになります。 CMF または Plone サイト内の Zwiki Web は、Ploneの ユーザインターフェイスを表示します。

あなたは、それぞれ、ZMI または plone インターフェイスへの管理者レベルのアクセスが必要となるでしょう。 後で移動することもwikiを再設定することも可能です。 それ程、詳細は気にしないで下さい。

普通のWiki の作り方

  1. 別窓の何れかのフォルダで、ZopeサーバのZMI画面を開いて下さい。 ルート直下での例: http://あなたのサイト/manage
  2. Add メニュー で、 ZWIki を選択します。
  3. あなたのWikiフォルダのIDを入れて下さい。 短い小文字の文字列が良い選択です。 例: 'wiki'。
  4. Add Wiki ボタンを クリックして作ります。

すると、ぴかぴかのWikiトップページをご覧頂けます。例: http://あなたのサイト/wiki/FrontPage 。 Wikiは、既定のページと DTML methods の組合せを含み、それはZMI 内で見ることが出来ます。 この状態では、まだカタログは使いません。

plone wiki の作り方

  1. manager で ploneサイトにログインして下さい。
  2. 「plone_setup(plone設定)」へ行き、そして「install new products(新プロダクツをインストール)」へ行って下さい。 それから、ZWiki をインストールして下さい。
  3. さあ、Wikiを始めたいフォルダーに行くか、新フォルダを作り、 contents タブをクリックして下さい。 例 http://yourplonesite/folder_contents
  4. Add メニュー で、``Wiki Page`` を選択; 「add new item 」ボタンをクリックして下さい。
  5. Ploneの作成したページ名を FrontPage に変更します。 他の名前を使うことも出来ますが、 FrontPage は、追加ステップなしで、フォルダの既定ページとして認識されます。
  6. 改行キーを押すか「Save(保存)」ボタンをクリックして下さい。

新しい "plone" wiki のページをご覧頂けます。 例 http://yourplonesite/FrontPage. Wiki は、一つのページを含み、 そして、それはPloneサイトのcatalogを使います。

設定トピックス

virtual hosting

あなたのZopeサーバとは異なるURLをあなたのWikiにつけたいこともあるでしょう。
通常、 apache Webサーバ と Zopeの virtual host monster でやってます。

Wikiフォルダ

どの種類のフォルダ内からでも、例えばルートフォルダからでも、Wikiは始めることが出来ます。 もし、数百ページを越えて増えて行くと考えるならば BTree Folder の使用を考慮しましょう。 [How To Migrate To A BTree Folder] (BTreeフォルダへの移植方法)

フォルダ用の短い小文字による名前はそれをWikiページと見分け、 URLを打ち易くて覚え易いものにします。

初期コンテンツ

新しいWikiの活性剤として便利な dtml methods と 既定ページとの 小さなセットと共に、出来て来ます。 ZMI内の Add ZWiki フォームが、それらをインストールします。 basic option を選んで下さい。 現Addフォームに 他のオプションがあるかもしれませんが、これは多分バグです。

同様に、どのフォルダででも、単一のWikiページを作りWikiを開始することが出来ます。 CMF/Ploneサイト内では、これだけがその方法です。 もし、そうするのなら、 任意のページ/setupPages に訪問する操作で、既定初期ページを後で加えることが出来ます。 そして、 任意のページ/setupDtmlMethods に訪問する操作で、dtml methods (推奨)も追加することが出来ます。

既定ページ

WikiフォルダのURLを訪れると、 index_html DTML method により、 Wikiの既定ページへリダイレクトされますが、通常それは、 FrontPage という名前です。 別のフロントページを使いたいなら、フォルダ上の "string" 型プロパティ の "default_page" にセットして下さい。 http://WIKI/manage_propertiesForm.

PloneのWikiは、通常、Ploneでの自動実行に依存しています。 サイトプロパティ内にあるPlone既定ページ名リストで編集出来ます。

あいまいURL

あいまいURL有効時には、 正確なURLを完璧に記憶しておく必要はありません。Zwikiは気の効いたことをします。 URLを補正して該当ページを開く、 または、全文検索かその名前での新規ページ作成を問合せる等の何れかです。 FuzzyUrls もご覧下さい。

これは、標準Wikiで既定インストールされる standard_error_message オブジェクトで有効になります。 PloneのWikiでそれを追加するには、 任意のページ/setupDtmlMethods を訪れなければなりません。 警告: 認証が必要な非公開のWikiにおいて完璧に役を果たす訳ではありません。 参照 #1117(zwiki.org)

セキュリティ

セキュリティは沢山の課題を抱えています。含んでいるもの: あなたのシステムのセキュリティを傷つけない (dtml と fit を参照のこと); あなたのWikiへの閲覧編集すべき人を選択し関係者以外禁止すること(アクセスポリシーを参照のこと)、 破壊的な自動実行プログラム とスパマーに対するコンテンツの保護 ([wiki management]を参照のこと)

動的コンテンツ - DTML, と その無効化

Zwikiは、動的な DTML code のページ挿入を相対的に安全な方法でサポートしています。 これは既定で無効になっています。ほとんどの方はセキュリティの為と単純な理由でそれを外したまま放置しています。

これは、ユニークで強力な機能であり、便利なWiki問合せ、カスタムフォームハンドラ、本格的な Wevアプリ等の様な迅速な反復開発を許容します。 DTMLCookbook (DTMLクックブック)に、サンプルがあります。 多くのZwikiの機能、例えば RecentChanges 、 user options 、そして IssueTracker は、skinに移行する迄は、 dynamic wiki content が原型でした。 次の文字で、静かに、(簡単にカスタマイズする為の)ページを導入することが出来ます。 任意のページ/setupDtmlPages

DTML と セキュリティ

信頼のない編集を許可する公開Wikiのにとっては、この様な機能は本来、巨大なセキュリティホールとされるでしょう。
Zwikiでは、この機能をオープンなWikiシステムの中で互角に、比較的安全に提供出来ます。Zopeのセキュリティモデルに感謝。 それは何故か?
  • DTML は、ファイルシステムへのタッチや任意のライブラリのインポートを許可しないという意味で、 restricted code (制限付コード)です。 但し、もしも、localfs または ファイルシステム公開オブジェクトをZODB内に入れているなら、 DTMLにファイルシステムの一部にアクセスを許してしまうかもしれません。

  • DTML は、それを動かすユーザとほとんど同じ権限で動作します。 信用のないユーザには、ZMI(Zope管理刊面)の閲覧、wikiフォルダの外側のコンテンツの削除、ユーザ追加、権限変更等を認めませんし、このことは、そこで動作しているDTMLにも言えることなのです。

  • DTML は、Wikiページのオーナーとほとんど同じ権限で動作します。 そう、(信用出来ないユーザが悪意のあるDTMLを追加することで、次からページを管理者画面表示実行させてしまう)トロイの木馬攻撃を防ぐには、Wikiページが、(nobodyの様な)低い特権ユーザに所有されていることを先ず認識すべきであり、DTMLは、誰が実行するかに拘わらず、制限されることでしょう。

    Zwikiページは、そのWikiフォルダよりそれらの所有権を取得します。 そう、理論上、 Wikiフォルダの所有者(How-Toよ何処に?)をちゃんと設定すべきであるし、完全に整えることになります。 実のところ、最近はテストされていません。なので、どうか、これに頼る前に再テストの実施とこのページの更新をどうぞ宜しくお願いします。

DTMLの有効化がリスクを発生させることは、疑いのないことです。 既述の通りの DTMLの能力制限に注意を払っている場合でさえ、 サービス拒否への攻撃は多分簡単に編成されます。 そうでないなら、 悪意のある DTML に多分、ZODB全体のコンテンツ削除、ZODBの更新履歴を元に戻すことを難しくするSPAM、密かに新たな管理者アカウント追加、localfs 追加でZopeで有効なユーザがアクセス可能などんなファイルにでも(例えば、/etc/passwd)アクセス、等々を可能にしてしまいます。

そう、制限の全くないDTMLの可能なWikiの運営を選択するならば: 自身のリスク対応力を考慮して、自己(責任で)判断で、注意深く設定し、(必要な)バックアップをキープし、あなたのサイトで何が起きることから目を離さないようにしましょう。 編集制御したイントラまたは公開のWikiでは、悪意のあるDTMLは問題ではありません。 でも、もしWikiをより後日をオープンにするならば、あなたのポリシーを見直すことを覚えておいて下さい。

Wiki内(または単独のページ)のDTMLを有効にするなら、ZMIのプロパティタブで true の boolean プロパティ allow_dtml を追加して下さい。 逆に、 もし、サーバ上のWikiがDTMLを常に有効にするものがない確かなものにすることを望むなら、 no_dtml という名のプロパティを、型と値は何でもいいので、例えば、(ZMIの)ルートフォルダにでも追加して下さい。

もし、 reStructured Text を使っているならば、raw ブロック内に、DTMLタグを埋め込まなければなりません。 (.. raw:: html で始めます。)

アクセスポリシー

あなたはWikiの実行する権限を誰に許容するかを決めることが必要となり、そして、それに沿って Zopeの permissions を設定することでしょう。 例えば、あなたのWikiを全ての来訪者に完全開放するかもしれないし、厳重にあなた個人のみとするかもしれないし、あるいはその中間となるかもしれない。

考慮すべき基本機能は、view(閲覧)、search(検索)、rating(投票)、comments(コメント)、 edits(編集)、reparent(階層変更)、rename(名前変更)、delete(削除)、 upload(ファイルアップロード), external edit(外部エディタ利用)です。 それぞれは、 ZMI内のWikiのセキュリティフォルダで設定する1つまたはそれ以上のpermissionsで制御されます。 QuickReference で、それらのリストをご覧下さい。

メンバーシップ

メンバーシップは、サイト上のアカウントを持つことが出来る様に、来訪者に自身での登録、あるいは、管理者により登録を認めることをいいます。その方々のパスワードとサイト志向を記憶に留めておいて、通常、もっとアクセス権をサイトに対し供与することです。 これを補助してくれる、いくつかの [ZopeProduct]s があります。 これをかなえる最も簡単な方法は、Ploneサイト内にあなたのWikiを置くことです。 同様に ZopeWiki:CMF , ZopeWiki:CPS, ZopeWiki:GroupUserFolder 及び ZopeWiki:ExUserFolder も、ご参照下さい。

拡張性のある検索 - catalog 否や?

ZCatalog は Zopeの索引機能です。 Zwiki はその活用で、より早くかつパワフルな検索を提供可能であり、大規模なWikiにおいて顕著です。 標準Zwiki では既定で有効ではありません。 というより、多分そうであるはずです。 他方、 plone zwiki では既定で有効です。でも、 Zwiki が必要とする最高性能である全フィードでというわけではありません。 そして、どちらのケースでも、 新しいwikiを作った後の何れかの時点で、このことを実行して欲しい。: http://あなたのサイト/wiki/FrontPage/setupCatalog を訪問して下さい。 これによりカタログの存在を確認し、wikiの最高性能の為の全必要フィードを持っています。 これは繰り返し実行しても無害です。 その後は、次の変化に気づくことになることでしょう。

  • 最近の変更(recent changes)では、いくつか"〜から(since)" ボタンが表示されます。
  • 検索フォームの動きは、以前より僅かながらもより高レベルです -

単なる文字一致ではなく、言葉と論理演算検索を行います。

  • Wikiが沢山のページを含んでいるなら、

最近の変更(recent changes)、検索そして通常の操作はより早く、メモリ消費も少なくなることでしょう。

検索方法の仕組みは、カタログに設定されたテキストインデックスに依存した照合結果です。 ZCTextIndex が、良い選択と思います。

サブトピックス

サブトピックス(階層下の子ページ- ページ階層([page hierarchy])特集参照)を持つときは、 本文とコメントの間に自動的にリストされます。 これは、Wikiコンテンツをより見付け易くする助けをしますし、手入力によるリンク作業を省くことも出来ます。

もしこの機能が不要ならば、 wikiフォルダに、boolean プロパティを show_subtopics の名前で追加し、そのチェックボックスのチェックを外して下さい。

0.42以降: サブトピックスの表示用に代替テンプレートを選択することも出来ます。 詳細は、表示のカスタマイズ( customizing appearance )を参照して下さい。

特別な方法として、例えば別の位置 (dtml-var subtopics )に、サブトピックスを表示するには DTML を使うことが出来ます。 尚、これを実行した場合には、 Zwikiは、このことを認識して、サブトピックスの重複表示を回避します。

ページタイプ

既定で、Zwikiはユーザにページタイプ(Markup)を編集フォーム内で選択することを認めていて、 それは、テキストソースが、Webブラウザ内に、どの様にレンダリング表示されるものなのかを決定します。 通常、これは、文字書式規則( text formatting rules )を変更する効果を持っています。 また、 Zwiki: Change page types permission を外すことで、これを隠し、利用を認めないことも出来ます。

Wikiフォルダ上へのプロパティ設定で、許容するページタイプを制限することが出来ます。 そうするには、ZMI内でWikiフォルダのプロパティタプに入り、``allowed_page_types`` という名前で、 lines プロパティを追加します。 認めたいページタイプの短縮名を行に一つずつ入れて下さい。 例:

stx
rst
html

ここで利用出来るページタイプは:stx, rst, moin, wwml, htmlplaintext です。 これらは、上記のリンクで既述しています。

どの様な場合でも、最初に来るタイプが、新規ページの既定となります。 ですから、既定のタイプを設定するには、 allowed_page_types プロパティを作成しなければなりませんし、 その上で、そのリスト最初に既定とするタイプを設定します。 もし、一つのタイプのみを含めることにするなら、 常にこのタイプが使われることになります。 この方法では、例えば、HTML や 構造化テキスト 専用のWiki とすることが出来ます。

註記: このプロパティは、自動的にはアップグレードされませんので、 当然、これを長く持ち続けるならば、 置換えの必要な旧式のタイプ名を保持する必要があります。

ファイルとイメージのアップロード

ZMI(http://あなたのWikiサイト/manage)の セキュリティ タブ上の Documents, Images, and Files の追加のパーミッションは、誰にファイルとイメージをアップロードすることを可能にするかを決定します。 これが有効ならば、編集フォームの下に Upload a file or image 欄を表示します。

Wikiリンク

Wikiリンクは、同じWiki内の他のページへのハイパーリンクとして、自動認識するシンプルなものです。
これらは、HTMLと平文テキストを除く全てで有効です。 Zwikiは、3つの異なる種類のWikiリンクをサポートしています。:
  • "素のwiki名リンク(bare wikiname links)" は、伝統的なWikiリンクで、キャピタライズされた ページをWiki名(WikiName) で書くことでフォーマットされます。

    全ての国際文字が、素のwiki名リンク(bare wikiname links) をサポートしているとは限りません。

  • 角括弧(ブラケット)リンク あるいは フリー形式リンク は、角括弧で囲んたページ名でフォーマットされたものです。

    角括弧内にはWiki名があってはならないが、スペース文字、句読点、それに国際文字等も使えます。

  • "2重角括弧リンク(double-bracket links)" は、上記と同様だが、二重の角括弧が必要です。

    Wikipedia (MediaWiki) がこのスタイルを利用しています。

  • 二重丸括弧リンクは、角括弧の代わりに丸括弧を使います。 理屈としてだが、角括弧は、多くの世界的キーボード上では、(既定では出来ず)タイプが難しいのです。

ZMIの中のWikiフォルダのプロパティタブに行って、boolean プロパティ名をそれぞれ個別に、 use_wikiname_links, use_bracket_links, use_double_bracket_links, と use_double_parenthesis_links として、追加し(チェックを外すことで)、任意のものを無効に出来ます。 (註記 0.46以前は、use_doublebracket_links のスペルでした。) 時々、これは、リンクを阻止したいときに便利です。 3つ全てを無効にしたなら、Zwikiは、wikiリンクを最早自動では行ないません。 それだと、ハイパーリンクは、テキストフォーマットルールかHTML形式で手動で作らなければなりません。

もうひとつ、素のWiki名リンクの表示をどの様にコントロールするかのプロパティがあります。: もし、boolean プロパティ space_wikinames を追加(チェック)するならば、 素のWiki名は、常にキャピタライズされた単語の間にスペースをつけて表示されます。

国際化

  • ページ文では: 全ての国際文字がページ文内で使える筈です。
  • テキストフォーマットルールでは: いくつかのテキストフォーマットシステムは国際文字をサポートしていますが いくつかはしていません。 zope.conf に locale を設定して下さい。 構造化テキスト(Structured Text)には、 StructuredTextUnicodePatch も試してみて下さい。
  • ページ名とWikiリンクでは: 国際文字は全て、角括弧Wikiリンクまたは、ページ管理フォームを使ったときに機能します。 素のWikiリンクは、zope.conf内のlocaleで定義された大文字と小文字で見分けます。localeがないときには(既定)で、latin-1 プラス 他のものになります。
  • スキンでは: ブラウザの優先言語のスキンでユーザに見てもらいたいならば、 PlacelessTranslationService をインストールして下さい。

wysiwyg 編集

[Epoz] プロダクトをインストールしたら、 HTML 型のページには WYSIWYG 編集フォームがFirefoxとmozillaベースのブラウザ、IE、そして多分その他いつくかの最新ブラウザのユーザには提供されます。 古いブラウザのユーザには、普通のテキストエリアフォームの表示のままです。

これは。有用な機能を提供します。それは、テキストフォーマットルールを学ぶ時間またはその意欲のないユーザで顕著でしょう。 ブラウザへ何らのインストールも必要ないという大きなの優位性を持っています。 Zwiki ページ内で表(table)を編集する一番簡単な方法でもあります。

外部編集(external edit)

ExternalEditor プロダクトをZopeサーバにインストールすると、 wikiユーザは、選択した任意のテキストエディタによる編集を可能にする鉛筆アイコンが見えることでしょう。 (ヘルパースクリプト <HowToEditPagesWithExternalEditor>`_ をユーザが導入 した後に可能になります。) HowToEnableExternalEditorOnYourSite では、この使い方を記述しています。

これは非常に価値のある機能を提供します。 Emacs,Gedit,Notepad等どんなものでも使用して大きなページの編集がより便利になります。 また、HTMLページには、 Mozilla Composer 、FrontPage 、または、 Dreamweaver の様なツールが使えます。

ページ評価

Zwiki はシンプルなページ評価の機能を提供しています。 この切り入れをするには、 Zwiki: rate pages パーミッション を設定して下さい。 ページ評価が有効なときには、 ユーザには右上にシンプルな6個のボタンのフォーム(五つの星印 プラス 非可視の-1ボタン)を表示します。 ページは一つ星(平均値)からスタートします。 その内、 ページ評価は全ユーザの投票の平均になります。 ログインまたはユーザ名クッキーを持つ各々のユーザが、1ページ当り1つの投票権を持っていますし、 それは何時でも変更可能です。 匿名ユーザは、今のところ、一つの投票権を共有しています。 そうなので、匿名ユーザの投票は、次の訪問者により変更され得るので、全体としてそれ程実用的ではありません。

メール送出

あなたの(管理する)wikiにコメントか編集があったときに、メールを出すこと設定はとても簡単です。 通常、 ZMI 内にある wikiフォルダの Properties タブ に mail_replyto という名の string プロパティ を追加し、 そこに利用可能またはダミーのemailアドレスを入れるだけでよいのです。 完全な詳細については、 HowToSetUpMailOut をご覧下さい。

これにより、ユーザは、常に recent changes をチェックしていなくとも、興味のあるページあるいはwiki全体のモニターをすることが出来ます。 断続的な活動をしているWikiでは特に有用です。

メール受信

システム管理者アクセスをしているなら、 Wikiに送信するEmailを許す、特別なEmailアドレスを設定出来ます。 メール送出 と相まって、 Wiki会議に参加する方々に、メールリーダーだけを利用して、興味のあるWikiコンテンツに向けて即座に送信することを可能にします。 テーマの見出しは、対象ページの選択に使われます。 これ以上については、 HowToSetUpMailIn をご覧下さい。

これ以上のZwikiのメール統合については、 [mail] をご覧下さい。

RSS フィード

Wikiのシンプルな RSS 2.0 フィードは、ANYPAGE/changes_rss と ANYPAGE/pages_rss で入手出来ます。 これらには、それぞれ、もっとも最新の作成変更されたページをリストしています。 これ以上は、[RSS] にあるノートをご覧下さい。

課題追跡システム

いくつかの機能強化により、 ZWIKIは、かなり良い「issue tracker(課題追跡)」としての機能を果たします。 課題ページは「#」記号で始まる名前のWikiページとすることにより、 特別の課題用の欄を伴って表示されます。 専用の検索フォームは、課題のフィルタリングと表示の為に提供されます。 また、 課題ページリンクを「#」番号だけで書くことが出来ます。

これって便利なのだろうか? 課題追跡の為の専用Wikiは必要ありません。 普通のページに課題をごちゃ混ぜすることが出来ますし、 通常のZwikiの機能は普通に働きます。 - 編集、メール受送信、他等。 これは、素早くシンプルで有用な課題追跡システムをプロジェクトに追加するだけで、なんら新たなものを学ぶこともなく、"文書(docs)" と"課題追跡(bug tracker)" サイトへの知識の分離横断による断片化もないことに重要性があります。

このシステムをWikiに設置するには、 任意のページ/setupTracker を一度訪問するだけです。 これで、いくつかのフォルダプロパティが追加され、 Wikiのカタログの設定と初期テスト用の課題ページを作成します。 これは繰り返し行なっても無害です。 例えば、もし、あなたの課題追跡が疑わしいのであれば、設定が時代遅れです。

これにより基本課題追跡フォームを?左側に?ご覧になるでしょう。 そのフォームは、現在の課題の外観を付与し、新たな課題の追加を可能にします。(訳注: ここは誤訳の可能性あり) "問題(issues)"リンクで何時でもここに戻れます。 これはWiki内に少なくとも1つの課題ページがある限り表示されます。 また、[access key] (t が 課題追跡用)の alt-t を使って下さい。(訳注: IEはalt+tの後で改行、Firefoxはalt+shift+tです。) 同様にここから"filter issues" と "issue browser" のフォームにもアクセス出来ます。

CMF/Plone内では、"問題(issues)" リンクは、"問題追跡(issue tracker)" 文書アクションリンクとして表示されます。 - もし無かったら、Plone設定内のZwikiプロダクトのアップグレードか再イントールが必要かも知れません。

setupTracker は、いくつかの issue_ プロパティをWikiフォルダ上にインストールします。 ZMI上の変更で、カテゴリ、重大性、状態そして色をカスタマイズ出来ます。 issueプロパティの追加設定の追加に簡単な方法は、今直ぐはありません。 でも、IssueTrackerOwnerAndDueDate Patchをご覧下さい。 WikiBadges の様な adhoc な技法が利用可能であるとこも認識して下さい。 (WikiBadgesは)課題に注釈を付ける為の、ページ階層またはページ命名規則。(訳注: 良く判らず訳しています。)

DTMLを有効にしたWikiを持ち、issuetracker/filterissues/issuebrowser ページ テンプレート の代わりとして、もっと調整可能な(zwiki.org上の様な) IssueTracker/FilterIssues/IssueBrowser ページのインストールを望むのならば、 SOMEPAGE/setupTracker?pages=1 を訪問して下さい。

次の様に、課題ページを作成する特別のメール受信用のアドレスを設定可能です。

  • 先ず最初に、メール受信を機能させます(上記参照)。
  • その上で、 *bugs@domain または *tracker@domain フォームの、特別なメール受信スクリプト用の別名を設定して下さい。 すなわち、 別名は "bugs" または "tracker" で終わらなければなりません。

fit

fitは表形式のフォームに(データと期待する結果を入力する)テスト仕様書を読むテストツールです。 (テストコードと言われる)テストを走らせて、結果を示す表のセル色をコード化します。 Zwikiと一緒にインストールしたときは、 Wikiページ内でテストの開発と実行が出来ます。 これ以上については、 ZwikiAndFit をご覧下さい。

パープル ナンバーズ

この機能は退役しました、更新

PurpleNumbers は、 小さな紫色の数字で、簡単に参照する為にページの各段落に自動的に加えられたものです。 Zwiki内ではこれの部分的な実現です。人によっては便利なのかも知れません。 有効にするには、 ZMI内のWikiフォルダのプロパティタブを開いて下さい。 そして、新しい boolean プロパティ use_purple_numbers を追加し、チェック。 これ以上は、 PurpleNumbers をご覧下さい。

後で、このプロパティを変更または取除くなら、 ページが再レンダー表示する迄は、効果を見ることは有りません。 これを強制実行するのは、編集作業、 EACHPAGE/clearCache または、 SOMEPAGE/upgradeAll の訪問です。

latex

LatexWiki アドオンプロダクトのインストールにより、Wikiのlatex マークアップレンダー表示に出来ます。

axiom, reduce, graphviz.

Axiom と Reduce は、強力な コンピュータ 代数システムであり、Wikiと一体化出来ます。 そしてそれは、数学の問題を書いて解くことが出来る様にします。 GraphViz グラフ描画ツールキットもまた一体化で、 任意のグラフ図形を生成出来る様にします。 MathAction をご覧下さい。

設定ツール

設定に使うツールと場所のリスト:

  • ZMI (Zope Management Interface 〜 Zope管理画面)
  • コンテンツ タブ (contents tab)
  • プロパティ タブ (properties tab)
  • セキュリティ タブ (security tab)
  • UNDO タブ (undo tab)
  • Plone/CMF UI
  • plone setup
  • フォルダ コンテンツ(folder contents)
  • portal_skins
  • API methods
  • /zwiki_version
  • /setupCatalog
  • /setupTracker
  • /setupDtmlMethods
  • /setupPages
  • /updatecontents
  • /upgradeAll

質問と解答

ルートフォルダのURLの後に /setupCatalog を打ったところ、 "missing site" errorが出ました。また、FrontPageの後にタイプ打ったけれど何も起こりません。
URLは、 .../Wikiフォルダ/setupCatalog ではありません。 http://site/wikifolder/FrontPage/setupCatalog を使って下さい。 (いずれのWikiページでも実行出来ます) 現時点で、これによる視覚的なフィードバックは帰って来ません。 エラーもなく直ぐ完了します。 機能しているかを確かめるには、.../FrontPage/hasCatalog を開いて見ましょう。 True が表示されることでしょう。 同様に最近の更新(recent changes)の ...options で、もっとご覧になれます。

再生作業

学んだこと

  • Wiki の作り方
  • ユーザが見るURLの制御方法
  • wikiへのアクセス制御方法
  • wikiカタログが何で、欲しいものなのか。
  • DTMLが有効なWikiが何で、欲しいものなのか
  • 既定ページの設定方法
  • 副題(subtopics)の表示制御方法
  • 利用可能なページタイプの選択方法
  • wikiリンク構文の選択方法
  • 必要となる 国際化の設定が何であるか
  • wysiwygと外部アプリ編集を有効にする方法
  • ページ評価の活用方法
  • メールの送受信の設定方法
  • WikiのRSSの場所
  • wiki内での課題追跡システム(issue tracking)のサポート方法
  • fit, purple numbers, latex, axiom, graphviz といった

他の機能のサポート方法

次は customizing appearance (表示のカスタマイズ) です。


続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

【ZWikiの機能】お手軽IssueTracker〜課題追跡システムの装着

 Issue Tracking System(課題追跡システム)をご存じだろうか、Python系ではTracが有名だが、それと同じ様な機能をZWikiは標準で持っていて、簡単なお呪いを叩くだけで使える様になる。その実用例はZWiki本家のもので確認頂くのが早いだろう。

 Issue Tracking System(課題追跡システム)は、元々、システム開発でのBugとり目的に作られているので、ZWki本家のIssueTracker同様にその用途に使えるのは言うまでもないが、ちょいと用途を変えれば、普通にToDoツールとして転用することも可能だ。ZWikiの場合、ZWikiサイト1つに1つのIssueTrackerが作成出来るので、用途別にZWikiサイトを起こせば、プライベートな業務管理も可能になる。これって使って試ると結構便利なのだが、あまり知られていない様なのでここで紹介しておくことにした。

当方のお奨め設定手順は次の通り。

IssueTrackerの親ページを作る


 これは必須ではありませんが、IssueTracker利用開始のお呪いを唱える場所が親ページになり、そちらのSubTopicsとして整理されるので、そうした方が幸せでしょう。ページ名としては、IssueTrackerの用途名を入れるのが良いでしょうが、当方では「IssueTracker」という名前で作成している。
make_parent_page_of_IssueTracker.png 右図の様に先ずは、ページの末尾にあるフォームに「IssueTracker」の様にIssueTrackerの用途名を入れ「作成(Create)」ボタンをクリックし、画面が変わったらその下部にある「作成」ボタンをクリックして頂くのが楽だろう。

IssueTracker の setup


IssueTracker_setupTracker.png 大したお呪いではない。右図の様に先程作成した「IssueTracker」の用途名のページURLに「/setupTracker」を付けて、そのページを表示させようとするだけのことだ。そうすることで、「IssueTracker」システムが表示されると同時に、右上のメニュー内に「問題(Issues)」のメニューが追加される。以降、このリンクメニューで簡単に利用することが可能になる。(でも、何故かIssueTraker自体のURLは「/FrontPage/issuetracker」となってしまう。そんな決め打ちのシステム設計の様だが、気にしなければ使えるので後は素知らぬ顔で使うだけだ(笑))。
IssueTracker_setupTracker2.png

カテゴリの追加修正


 初期状態だと、カテゴリはgeneral(一般)だけで、とても寂しい。これだけでは、数が増えて来ると段々使い難くなって行く。仕方がないので通常、当初はgeneralで登録して始める訳だが、カテゴリ分けをしたくなったら、ZMIのZWikiサイトフォルダのPropatiesタブで追加修正すれば良い。但し、既存のものを修正削除した場合には、そのカテゴリはホームレスになってしまうので後で、一つ一つ新たなカテゴリーに修正して行く必要がある。

IssueTrackerの使い方


 IssueTrackerは単に、フォームページのスキンを被せて動作する様に作られているに過ぎない。その為、その登録ページはZWikiページそのものだ。その為、そのmarkupは既定のものとなってしまうことは頭に入れておこう。
 画面は、今のところ、改訂でi18n用の配慮がされていない段階の様なので英語表記のままだが、課題名をNameに入れ、内容をDetailに書き、必要により、分類(Category)等を変更して「add issue」をクリックして頂くだけ。作られたIssueページの頭にはIssueTrackerのフォームがくっついてくるので、修正や、コメント追加はそちらで、乱れやスペルミス等は「編集(edit)」で行なうことが出来る。結構シンプルな仕組みだ。

 まあ、最新版でのIssueTrackerの最大の課題は日本語にならないことなので、それでも登録しておくかな。でも、それを見てだれが解決するかが問題だ(笑)。当方はまだi18nの仕組みに疎いのだ。まずは学習が先ってことだよな(苦笑)。続きを読む
posted by Mire at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ZWikiの設定】お手軽書込み開始 〜 ページタイプ(markup)の設定

 ZWikiの簡単な使い方の説明を始めに書けよとやはり言われそうなので、気は進まないが、簡単なお手軽書込み開始の為の設定程度については触れることにする。

 Zwikiの場合、編集画面内のmarkup欄でPlain Textを選んで置けば、書式の縛りのない只の平文テキストでも運営出来る。allowed_page_types.pngmarkupの既定は「reStructuredText」になっているので、それ辺りがネックになる様なら、「ZWiki configuring (ZWikiの設定)」内のページタイプにある通り、ZMI内のWikiサイトフォルダに「allowed_page_types」 という名前の lines プロパティを追加し、それに次の様な4行を入れて「Save Changes」ボタンをクリックして貰えば良いだけだ。
plaintext
stx
rst
html
 この場合、既定が最初の「plaintext」=平文テキストになり計4種のmarkup利用が可能ということになる。尚、このmarkupはページ別に「編集」画面で何時でも変更し、その書式を利用してページを書き換えることが出来るので、既定のreStructuredTextを試して上手く行かないときに平文テキストに個別に切替えて逃げてもらった方が良い様に思う。allowed_page_types2.png


 そうは言っても、初めてreStructuredTextというmarkupを聞いた方々にとってはその書式自体が判らないし、いきなり実用ページの書込みは辛いだろう。その対策の慣例としてwikiでは「SandBox」つまり「お砂場」のページを起こし、そちらで練習頂く様にすることになっている。Zwikiの場合はページの末尾で「SandBox」または「お砂場」というページ名を入れ「作成」ボタンを押して頂き、ページ作成編集画面が、練習場所を提供して、ご自分と共同利用者に使って頂ければ、話しは終わるのではないだろうか。

Create_SandBox.png
Create_SandBox2.png
 ついでなので知っていると良いものをいくつか、おまけ程度に以下に記入して置く。只、嘘や片寄った記述になっていると思うので、出来れば、原書では「A ReStructuredText Primer」「Quick reStructuredText」「reStructuredText Markup Specification」、和訳なら、「ReStructuredText 入門」「はやわかり reStructuredText」「reStructuredText Markup Specification日本語訳」辺りをご覧になった方が確実でしょう。尚、reStructuredTextは、ZWiki固有の規格でなく、Pythonの定番モジュール「Docutils: Documentation Utilities」の機能で実現している規格で、今も改善が進められ、マニュアルも更新されているので、おかしいと思ったら、原書側を確かめた方が利口だろう。また、そうして何か気付いたことがあれば、ご自身のBlogかここに書込む等して、利用者が判る様にして頂けると有難い。

タイトル



==========
大項目1
==========

----------
中項目1
----------

~~~~~~~~~~
小項目1
~~~~~~~~~~

==========
大項目2
==========

----------
中項目2
----------


タイトル名の前後または後に半角記号をその長さ以上で続ける。記号を変えるとその順でhタグの大きさが決まる。

箇条書き


* 一項目目
* 二項目目
* 二項目目のなかの一項目目
* 二項目目のなかの二項目目


半角記号と半角スペースの後に文を改行なしで続けたものは箇条書きとなり、頭を段下げするとその通り、段下げした箇条書きになる。記号に区別はない。一般に「-」か「*」を使う人が多い。尚、数字連番の箇条書きは、半角数字+半角ピリオド+半角スペースで書き、書いた通りに表示されることになる。

強調文字列


**太字**
*斜体*
「*」で強調したい文字列を囲んだところが、その数次第で太字か斜体になる。尚、「*」で囲んだものの前後は半角スペースや()等である必要がある様だ。従って単語の内1文字のみを強調することは出来ない。

リンク


http://zwiki.org の様にURL表記で半角スペース文字にで区切られる迄
`ZWiki.org`_ back quote(Shift+「@」キー)で囲んだ文字列の後に「_」(Shift+キーボード右下のキー)のしっぽを付ける。文を続けるときは半角スペースを挟んで続けた後、行を変え、文の末尾等にピリオド2つ、半角スペース1つの後に、「_」(Shift+キーボード右下のキー)の角を付けたback quote(Shift+「@」キー)で囲んだ文字列+「:」の後に半角スペースを挟みURLを記述する。

.. _`ZWiki.org`: http://zwiki.org


引用


| import mire
| help(mire)

※ 記入のコツとしては、半角スペースと空行で、各書式の及ぶ範囲を制御するイメージを掴むことくらいかな。後はお砂場で雰囲気を掴み、実践で慣れることが何よりも大切と思う。

※ 尚、自由文では、書く書式規則の重なり具合で、うまく機能しないこともあるので、見栄えは程々に逃げることも忘れない様にして頂きたい。例えば、上記の外部リンクを引用や引用符で表示しようとすると何故かリンク表示が崩れる様だ。続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

【ZWiki和訳】FrontPage、他 〜 おまけページも英語じゃ、取っ付けない?

 ついでなので、インストール時に出来るページにも、それなりにZwikiに対する認識を高める記述はあるので、その和訳をここに掲載しておく。取敢えず、reStructuredTextのままの掲載とするので、必要な方は、自身のZWikiに入れ、どの様にレンダリングされるか確かめて欲しい。
FrontPage(和訳)


ようこそ!
------

これは、ZWikiの「基本」wiki テンプレートのフロントページで、あなたのWikiの開始ページの小セットです。このページを編集し適切なものに置き替えて下さい。あなたのサイトの ZWiki:ZwikiSites へのリンクを考えて下さい。

http://zwiki.org で、追加文献とヘルプが見つかるでしょう。リリースノートと既知の課題のチェックはお忘れなく。 

設定したいであろうそれ以外のもの

* Permissions (セキュリティ許可設定)

普通は、ZMI内のWikiフォルダのセキュリティタブにあるPermissions を設定する。ZWiki:QuickReference にリストがあります。

* メール通知 (購読)

コメントのメール通知には、ZMIを使って、ホルダー上に文字列プロパティ「mail_replyto」 に有効なメールアドレスを入れて追加します。同時に、もしまだ無いのなら、!MailHostオブジェクトを追加して下さい。このページを再読込みすると購読リンクが現れます。

* メール着信

同様にユーザがメールでコメントに応答可能にします。 参照 ZWiki:ConfiguringWikiMail 。

* 外部エディタ編集(操作側)

ZWiki:ExternalEditor をサーバとクライアントにページ記載に従いインストールして下さい。外部エディタの鉛筆アイコンが現れ、そのクリックでページを高性能なエディタ編集で開くことになるでしょう。

* バグ トラッカー
シンプルなissue trackerをWikiと一体化しました。参照 ZWiki:HowToSetUpAZwikiTracker

* DTML
ページ内でDTMLを機能させたいなら、値をtrue(真)として「allow_dtml」 boolean(論理) プロパティをフォルダに追加して下さい。これで、サーバは不正アクセスに対し脆弱になりますので、ZWiki:SecurityDiscussion の意味合いを承知いなければなりません。


あなたのWikiを楽しんで下さい!

WikiWikiWeb(和訳)


ウォード・カニンガム(Ward Cunningham)氏の WikiWikiWeb は、 オリジナルであり、今なお、最も大きく、最も活発なWikiの一つです。 wikiの豊富な情報とその他多くのものを含んでいます。

WikiWikiWeb:FrontPage

RemoteWikiURL: http://c2.com/cgi/wiki


ZWiki(和訳)


Zwikiは、このサイトを動かしているソフトウエアです。Joyful Systems と 世界中の貢献者により開発され、GNU GPLとして利用されています。これ以上の情報は、 http://zwiki.org をご覧下さい。

Zwikiはオリジナルの `WikiWikiWeb`_ に刺激を受け、 Zope_ Webアプリケーションサーバを原動力にしています。

RemoteWikiURL: http://zwiki.org/

.. _`WikiWikiWeb`: http://192.168.0.220:19080/MiRe/WikiWikiWeb
.. _Zope: http://zope.org/
続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ZWiki和訳】HelpPage 〜 ヘルプが英語じゃ、取っ付けない

 本来なら、HelpPageも、ja.poで日本語訳に置換えられてもおかしくないのだが、今はならない様なので、取敢えず、後日の為、その和訳をここに置いておくことにする。例によりド素人の簡約なので間違いがあれば、ご指摘お願いします。

ヘルプ

これって何なの?

  このサイトは Wiki という編集可能な類のWebサイトで、一人または沢山のユーザによる編集を効率良く且つ簡単にします。 これ以上のWikiについてはこちら

  ZWiki は、このWikiサイトで動いているソフトウエアのことです。使うのはとても簡単ですが、以下のクイック・オーバービューは役に立つかもしれません。よりお求めなら、 zwiki.org にある ユーザガイドやその他の文書をご覧下さい。

ZWiki概要

 ZWikiのユーザインターフェイスには、SATNDARDと(Plone内で動作する)PLONEの二つのフレイバーを提供します。マウスカーソルを操作箇所の上に持って行くことで、有用なツールチップをご覧頂けます。SATNDARDでの操作リンクでは普通ならそうで、例えば次の通り(訳注: 日本語は PlacelessTranslationService導入の場合の表示):

  • home goes to the wiki's front page ( ホーム ホームページへ移動)
  • changes lists recently changed pages ( 最近の変更 最近の変更を表示 )
  • options lets you set a username (may be required for editing.) ( 設定 設定を表示 )

 Wiki内のページはユニークな名前を持ち互いに簡単にリンク出来ます。どのwikiページがリンクされるかを確認するには、大きなページタイトルをクリックしてください。ZWikiは、アウトラインみたいな自由な階層の中にページをキープします。ページが Subtopics を持っているときには、その本文の直ぐ後にリンクされます。 contents(目次) では全ページの階層構造を表します。

作成変更

サイト管理者が許可すれば、ページの作成、編集、コメント追加、名前変更、階層変更、削除、そしてファイルやイメージのアップロードが出来ます。公開しているZWikiの場合には、編集出来る様にするのに、option(設定)でユーザ名を設定することがあります。Tips:
  • コメントの追加はページの末尾にあるコメント欄を使います。(多くの購読者のレスが入るかもしれませんが、その対処としては、投稿テスト用に、SandBox(お砂場)ページを使う様にしましょう。)
  • ページ内容を書き換えるにはedit(編集)をクリックします。同様に、そのページの名前変更、ページ記入タイプの変更、あるいはファイルや画像のアップロードが可能かもしれません。また、編集したことについての変更の注記を書込むことも出来ます。
  • Save(保存)すると、テキストはいくつかの 書式規則 に基づきフォーマットされます。ページタイプにもよりますが、例えば、空行で隔離された文節や**太字** は 太字 になります。
  • ページ文書内のWiki名はその名前のページに自動でリンクします。角括弧で囲んだら[自由形式名]でもそうなります。 もし、その名前のページがない時には ? のリンクが現れ、これをクリックすることで何時でも作成することが出来ます。
  • ページを作成した時点で、それは以前いたページのsubtopicになります。Backlinksの表示としても、親とsubtopicsのページが同様にリストされます。現ページを階層内の新たな場所に移動し階層変更することが出来ます。ページの物理URLは常に最上位にありますので、リンク切れなしで、階層の再配置が出来ます。
  • 許可されている時には、クイックページ管理フォームが各々のページの最下部にもまた見られることでしょう。これは、ページの作成、名前変更、階層変更または削除するのもうひとつの方法です。

Emailによる連携

購読登録 、投稿があったときに、Email通知を受けることで、一つまたは複数のページ、Wiki全体を購読可能にします。コメントと新しいページまたは全更新箇所そのものを受取るとこが出来ます。

ZWikiによっては、Email送信でコメントやページ作成のポストを認めているとこもあります。Wikiからのメールへの返信またはWikiのmail-inアドレスへの新規メールを送信すると、表題の角括弧名のページ(または既定のページ)に入ります。

キーボード ショートカット

多くの操作は、キーボード ショートカットを使い実行させることもあるかもしれませんCtrlとかAltを押したまま、以下のアクセスキーの一つを押すだけです。(もし機能しないのなら、 browser-specific instructions をチェックして下さい。(訳注: IEはAlt+アクセスキー後改行で、firefoxはShift+Alt+アクセスキーで利用可能。))

Wiki内ナビ

f:トップページ(front page) へ
c:Wiki コンテンツ(contents)を表示
r:Wiki の 最近の変更(recent changes)を表示
t:Issue tracker の表示
i:Wiki のインデックス(index)の表示
o:ユーザ設定(user options)の表示
h:Wiki のヘルプ(help)の表示
0 (ゼロ):これらのアクセスキーの表示

Plone サイト内

-:Zwiki スキンを使う
+:Plone スキンを使う

ページ内操作

n:次(next)ページへ
p:前(previous)ページへ
u:親ページへ上がる(up to parent page)
b:ここをリンクしている backlinksを表示
m:メール(mail)購読状況を表示
e:このページを編集(edit this page)
x:外部エディタ(e xternal editor)で編集
d:編集差分(edit diffs)を表示
y:全編集履歴(edit history)を表示
v:ページ先頭(main page view)に戻る

ページ編集時

s:変更分を保存(save)
w:変更分を保存せずにプレビュー(preview changes without saving)

編集差分閲覧時

<:前差分を表示(存在するなら)
>:次差分を表示(存在するなら)

続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【CentOS5.4】ZWikiの日本語化 〜 i18n/ja.poを弄る

 前稿迄が、パッケージを素で使った場合の日本語化の限界だ。ZWikiにおけるja.poによるi18n国際化の仕組みはさて置き、インストールした中にある /home/zope/Z2/Products/ZWiki/i18n/ja.po を編集して、まだ英語のままの箇所を日本語化し、一般的な日本人の感じる違和感を無くして試ることにした。
ja.poの頭を見る限り、今となっては決して新しいバージョンを基に作られているとは言えないので、システム上置換え可能なものであっても漏れが発生しているからだ。過去の分でコメントにされている残骸もある。



"Project-Id-Version: Zwiki 0.9.10\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2008-02-07 02:38+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2007-04-02 12:59+0000\n"
"Last-Translator: jack \n"
"Language-Team: Japanese \n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"X-Launchpad-Export-Date: 2008-02-07 03:24+0000\n"
"X-Generator: Launchpad (build Unknown)\n"
"Language-code: ja\n"
"Domain: zwiki\n"
"Language-name: Japanese\n"
"Preferred-encodings: utf-8\n"


 入れたら全て日本語に置換わるものではないが、取敢えず目立つものを中心に次のものを末尾に追加し、その分を日本語化した。
 


#
msgid "reparent"
msgstr "階層変更"

#
msgid "rename"
msgstr "名前変更"

#
msgid "delete!"
msgstr "削除!"

#
msgid "create"
msgstr "作成"

#
msgid "Help"
msgstr "ヘルプ"

#
msgid "Save"
msgstr "保存"
 結果は以下の通り。後は操作が判れば使える様になるってことかな。
ja.poに和訳追記し下部ボタンを日本語化ja.poに和訳追記し編集ページのEditボタンを編集ボタンに続きを読む
posted by Mire at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【CentOS5.4】Zopeに定番ProductsをInstall 〜 最新版のZWiki2

 ZWikiは定番といっても、多分大半の方にとっては既に久しく、それは数年前の頃のことかな。まあ、日本のZope黎明期ではそうだったってこと。当方では、その後も新版を追って来たが、新機能追加を引替に日本語対応の課題を何か抱えてしまうことが多く自然とユーザが離れて行った様な気がする。

 そのZWikiも、Zope-2.12.1対応でようやく、前版で問題だった日本語検索の問題も解決した様で、素のままでも充分実用になるレベルになったものと思うのでインストールして試た。結果は期待通り良好に見えるので、本日は先ず、本稿ではインストール廻りを説明させて頂く。

 ZopeのProductのInstallは、基本的に、インスタンス内にあるProductsフォルダにコピーするか、インスタンス内でsetup.py install、37あるいはeasy_installで行ない、Zopeを再起動させれば、Zope管理画面(ZMI)に登録出来る。そこから、そのProductのサイトをZMI上で名前を付けて作成すればよいだけだ。

 ZWikiの本家サイトは、http://zwiki.org で著作者のSimonさんが運営している。トップページの「Download」欄より、PyPi, tarballの何れかで、インストールすることになる。また、最近のZWikiのリリースはかなり間隔が永いので、バグで困った場合には、isues で検索し該当がなければ報告、修正はdarks repoからファイル単位で取得することが可能だ。

 今回は、いつもの通り、手慣れたtarballを取得、解凍で出来たZWikiフォルダ毎、/home/zope/Z2/Products に移動し、Zopeを再起動する手法とした。
 


[zope@l22dm ~]$ wget http://zwiki.org/releases/ZWiki-2.0b1.tgz
--2009-12-02 06:24:29-- http://zwiki.org/releases/ZWiki-2.0b1.tgz
zwiki.org をDNSに問いあわせています... 67.207.134.40
zwiki.org|67.207.134.40|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 566955 (554K) [application/x-tar]
`ZWiki-2.0b1.tgz' に保存中

100%[==============================================================>] 566,955 172K/s 時間 3.2s

2009-12-02 06:24:32 (172 KB/s) - `ZWiki-2.0b1.tgz' へ保存完了 [566955/566955]

[zope@l22dm ~]$ tar xvzf ZWiki-2.0b1.tgz
ZWiki/
ZWiki/.authorspellings
ZWiki/.cvsignore
ZWiki/.doxygen.conf
ZWiki/.sphinx.mk
ZWiki/.static/
ZWiki/.templates/
ZWiki/__init__.py
ZWiki/Admin.py
ZWiki/bin/
ZWiki/bin/prepmoin.py
ZWiki/bin/README.txt
ZWiki/bin/summarize
ZWiki/bin/zwikiexport.py
ZWiki/bin/zwikiimport.py
ZWiki/Catalog.py
ZWiki/CHANGES.txt
ZWiki/CMF.py
ZWiki/Comments.py
ZWiki/conf.py
ZWiki/content/
ZWiki/content/basic/
ZWiki/content/basic/FrontPage.stx
ZWiki/content/basic/index_html.dtml
ZWiki/content/basic/sitemap.xml.dtml
ZWiki/content/basic/standard_error_message.dtml
ZWiki/content/basic/WikiWikiWeb.stx
ZWiki/content/basic/ZWiki.stx
ZWiki/CONTRIBUTORS.txt
ZWiki/Defaults.py
ZWiki/DEVELOPERS.txt
ZWiki/Diff.py
ZWiki/Editing.py
ZWiki/Extensions/
ZWiki/Extensions/__init__.py
ZWiki/Extensions/fixprops.py
ZWiki/Extensions/Install.py
ZWiki/Extensions/Install_tests.py
ZWiki/Extensions/README.txt
ZWiki/History.py
ZWiki/i18n/
ZWiki/i18n/__init__.py
ZWiki/i18n/af.po
ZWiki/i18n/ar.po
ZWiki/i18n/de.po
ZWiki/i18n/en_GB.po
ZWiki/i18n/es.po
ZWiki/i18n/et.po
ZWiki/i18n/fi.po
ZWiki/i18n/fr.po
ZWiki/i18n/he.po
ZWiki/i18n/hu.po
ZWiki/i18n/it.po
ZWiki/i18n/ja.po
ZWiki/i18n/nl.po
ZWiki/i18n/pl.po
ZWiki/i18n/plone-br.po
ZWiki/i18n/plone-de.po
ZWiki/i18n/plone-es.po
ZWiki/i18n/plone-fi.po
ZWiki/i18n/plone-fr.po
ZWiki/i18n/plone-he.po
ZWiki/i18n/plone-hu.po
ZWiki/i18n/plone-it.po
ZWiki/i18n/plone-ja.po
ZWiki/i18n/plone-nl.po
ZWiki/i18n/plone-pl.po
ZWiki/i18n/plone-pt.po
ZWiki/i18n/plone-pt_BR.po
ZWiki/i18n/plone-ru.po
ZWiki/i18n/plone-sv.po
ZWiki/i18n/plone-tr.po
ZWiki/i18n/plone-zh_CN.po
ZWiki/i18n/plone-zh_TW.po
ZWiki/i18n/pt.po
ZWiki/i18n/pt_BR.po
ZWiki/i18n/ro.po
ZWiki/i18n/ru.po
ZWiki/i18n/sv.po
ZWiki/i18n/th.po
ZWiki/i18n/tr.po
ZWiki/i18n/zh_CN.po
ZWiki/i18n/zh_TW.po
ZWiki/i18n/zwiki-plone.pot
ZWiki/i18n/zwiki.pot
ZWiki/index.txt
ZWiki/LICENSE.txt
ZWiki/Mail.py
ZWiki/Makefile
ZWiki/NOTES.txt
ZWiki/Outline.py
ZWiki/OutlineSupport.py
ZWiki/pagetypes/
ZWiki/pagetypes/__init__.py
ZWiki/pagetypes/common.py
ZWiki/pagetypes/html.py
ZWiki/pagetypes/plaintext.py
ZWiki/pagetypes/rst.py
ZWiki/pagetypes/stx.py
ZWiki/PageTypes.py
ZWiki/Permissions.py
ZWiki/plugins/
ZWiki/plugins/__init__.py
ZWiki/plugins/pagetypes/
ZWiki/plugins/pagetypes/__init__.py
ZWiki/plugins/pagetypes/common.py
ZWiki/plugins/pagetypes/common_tests.py
ZWiki/plugins/pagetypes/html.py
ZWiki/plugins/pagetypes/html_tests.py
ZWiki/plugins/pagetypes/plaintext.py
ZWiki/plugins/pagetypes/plaintext_tests.py
ZWiki/plugins/pagetypes/rst.py
ZWiki/plugins/pagetypes/rst_tests.py
ZWiki/plugins/pagetypes/stx.py
ZWiki/plugins/pagetypes/stx_tests.py
ZWiki/plugins/rating/
ZWiki/plugins/rating/__init__.py
ZWiki/plugins/rating/rating.py
ZWiki/plugins/rating/rating_tests.py
ZWiki/plugins/rating/ratingform.pt
ZWiki/plugins/README.txt
ZWiki/plugins/rss.py
ZWiki/plugins/tinymce.py
ZWiki/plugins/tracker/
ZWiki/plugins/tracker/__init__.py
ZWiki/plugins/tracker/FilterIssues.dtml
ZWiki/plugins/tracker/filterissues.pt
ZWiki/plugins/tracker/IssueBrowser.dtml
ZWiki/plugins/tracker/issuebrowser.pt
ZWiki/plugins/tracker/issuepropertiesform.dtml
ZWiki/plugins/tracker/IssueTracker.dtml
ZWiki/plugins/tracker/issuetracker.pt
ZWiki/plugins/tracker/tracker.py
ZWiki/plugins/tracker/tracker_tests.py
ZWiki/profiles/
ZWiki/profiles/default/
ZWiki/profiles/default/types/
ZWiki/profiles/default/types/Wiki_Page.xml
ZWiki/profiles/default/types.xml
ZWiki/README.txt
ZWiki/refresh.txt
ZWiki/Regexps.py
ZWiki/scripts/
ZWiki/scripts/pagesByType.dtml
ZWiki/scripts/print.dtml
ZWiki/scripts/README.txt
ZWiki/scripts/view_source.dtml
ZWiki/setup.py
ZWiki/skins/
ZWiki/skins/zwiki/
ZWiki/skins/zwiki/accesskeys.pt
ZWiki/skins/zwiki/addwikiform.dtml
ZWiki/skins/zwiki/addwikipageform.dtml
ZWiki/skins/zwiki/backlinks.pt
ZWiki/skins/zwiki/badtemplate.pt
ZWiki/skins/zwiki/blank_star.png
ZWiki/skins/zwiki/commentform.pt
ZWiki/skins/zwiki/content.pt
ZWiki/skins/zwiki/contentspage.pt
ZWiki/skins/zwiki/denied.pt
ZWiki/skins/zwiki/diffform.pt
ZWiki/skins/zwiki/editform.pt
ZWiki/skins/zwiki/genericerror.pt
ZWiki/skins/zwiki/head.pt
ZWiki/skins/zwiki/helppage.pt
ZWiki/skins/zwiki/HelpPage.stx
ZWiki/skins/zwiki/hierarchylinks.pt
ZWiki/skins/zwiki/history.pt
ZWiki/skins/zwiki/Index.dtml
ZWiki/skins/zwiki/links.pt
ZWiki/skins/zwiki/maintemplate.pt
ZWiki/skins/zwiki/pagefooter.pt
ZWiki/skins/zwiki/pageheader.pt
ZWiki/skins/zwiki/pagemanagementform.pt
ZWiki/skins/zwiki/README.txt
ZWiki/skins/zwiki/RecentChanges.dtml
ZWiki/skins/zwiki/recentchanges.pt
ZWiki/skins/zwiki/SearchWiki.dtml
ZWiki/skins/zwiki/searchwiki.pt
ZWiki/skins/zwiki/sitefooter.pt
ZWiki/skins/zwiki/siteheader.pt
ZWiki/skins/zwiki/star.png
ZWiki/skins/zwiki/stylesheet.css
ZWiki/skins/zwiki/subscribeform.pt
ZWiki/skins/zwiki/subtopics_board.dtml
ZWiki/skins/zwiki/subtopics_outline.dtml
ZWiki/skins/zwiki/testtemplate.pt
ZWiki/skins/zwiki/UserOptions.dtml
ZWiki/skins/zwiki/useroptions.pt
ZWiki/skins/zwiki/wikifooter.pt
ZWiki/skins/zwiki/wikiheader.pt
ZWiki/skins/zwiki/wikiindex.pt
ZWiki/skins/zwiki/wikipage.pt
ZWiki/skins/zwiki/wikipage_icon.gif
ZWiki/skins/zwiki/wikipage_plone_icon.gif
ZWiki/skins/zwiki/WikiStats.dtml
ZWiki/skins/zwiki/wikistats.pt
ZWiki/Splitter.py
ZWiki/tests/
ZWiki/tests/__init__.py
ZWiki/tests/Admin_tests.py
ZWiki/tests/Catalog_tests.py
ZWiki/tests/CMF_tests.py
ZWiki/tests/Comments_tests.py
ZWiki/tests/Diff_tests.py
ZWiki/tests/Editing_tests.py
ZWiki/tests/functional.txt
ZWiki/tests/functional_tests.py
ZWiki/tests/History_tests.py
ZWiki/tests/I18n_tests.py
ZWiki/tests/init_tests.py
ZWiki/tests/Mail_tests.py
ZWiki/tests/Outline_tests.py
ZWiki/tests/OutlineSupport_tests.py
ZWiki/tests/testsupport.py
ZWiki/tests/Utils_tests.py
ZWiki/tests/Views_tests.py
ZWiki/tests/ZWikiPage_tests.py
ZWiki/TextFormatter.py
ZWiki/Utils.py
ZWiki/version.txt
ZWiki/Views.py
ZWiki/ZWikiPage.py
[zope@l22dm ~]$ ls
Products.PlacelessTranslationService-2.0a2 Products.PlacelessTranslationService-2.0a2.zip Z2 ZWiki ZWiki-2.0b1.tgz my_zope my_zope2
[zope@l22dm ~]$ mv ZWiki ./Z2/Products/

[zope@l22dm ~]$ su - root service zope20080 restart
パスワード:
Shutdown zope: [ OK ]
Starting zope: [ OK ]
[zope@l22dm ~]$
 後は、ZMIで、「ZWiki Site」を選択し、任意の名前でサイトを起こせば、簡単な説明ページを伴った初期サイトが作ることが出来る。必要より、匿名ユーザへのアクセス権を設定することで、公開Wikiとして、手軽にコラボ出来る様になる。前稿の日本語対応が済んでいるならば、今のところ、深刻な障害には当っていないので、興味のある方はインストールして頂きたい。

 他方、PyPiからのインストールは多分、次で行けると思う。

[zope@l22dm ~]$ ./my_zope2/bin/easy_install Zwiki

/サイトフォルダ/manage_propertiesForm でプロパティタグにアクセスし、プロパティを追加してレスキュー 尚、日本語名ページを作成前には右図の様に必ずZWikiサイトフォルダのString プロパティ「management_page_charset」を値「utf-8」として追加して下さい。そうしないとZWikiサイトフォルダのContentsタブが表示されなくなり困ることになる。でも、そうなったときはルートのプロパティとして追加するかプロパティタブのURL(サイトフォルダ/manage_propertiesForm)を手打ちして追加して凌ぐことが可能ではある。

続きを読む
posted by Mire at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ZWiki configuring (ZWikiの設定)

2009-12-11追記


 新たに「【ZWiki和訳】ZWikiの設定(ZWiki configuring)β1」を掲載しました。今後はそちらをご利用下さい。

【ZWiki和訳】ZWikiの設定(ZWiki configuring)β1  以下は、かなり昔にZWiki本家にあるAdministrators Guide内のconfiguringを和訳仕掛けた時の残骸である。中途半端なものなのでどうかとは思ったが、今でもたまに、ZWikiの検索で、ここを訪れる方もいる様なので、役に立つようならばと思い、当方の古いPC内のZWikiにあるもののHTML化後のソースをそのまま貼付けさせて頂くことにした。Zope使いにとり一時期はZWikiは一世を風靡したキラープロダクツの一つだった訳だか、今では日本語情報も古いものばありでとても少ない。最新版に対する日本語情報が少なく、国際化対応の不具合で日本語対応が出来ない人が増えたことも大きかったものと思う。以下の稚拙な和訳を見て頂ければ、今のZWikiの進化と新機能の存在に気付いてもらえるかもしれない。当方にとってはISSUE TRACKER何ぞ、とても気に入っていて、今回以下の文章を探しだしたのも、それを手もとのPC上のZWikiにセットしようとして和訳したものがあるとこを思い出したからである。良かったらどうぞご利用下さい。また、ZWikiはオープンソースですので、不具合があったら、その情報をZWiki本家のISSUE TRACKERに入れると解決が早くなるかも知れません。

configuring


ゴール

この場所で、私共は新しくWikiをどうはじめるか、そして、プロパティ設定による種々の機能 その他をカバーして行きます。ZWikiの機能は、フレキシブルであり、全wikiに適した全機能 という訳ではありません。 あなたの必要に合わせて自由に読んで、次の節に移って構いません。 そこでは、 customizing appearance (表示のカスタマイズ)についお話しして行きます。

例: Wiki作成

あなたのサーバに、ZWikiをひと度入れる( installed )と、あなた自身の Wiki Web を開始することが出来ます。入れた場所により、普通の または "Plone" の表示をWikiは持つことになります。 CMF または Plone サイト内の Zwiki Web は、Ploneの ユーザインターフェイスを表示します。

あなたは、それぞれ、ZMI または plone インターフェイスへの管理者レベルのアクセスが 必要となることでしょう。後で移動することも再設定することも可能です。初めは、詳細についは、 そんなに気にしないで下さい。

普通のWiki の 作り方

  1. 別窓の何れかのフォルダで、ZopeサーバのZMI画面を開いて下さい。 ルート直下の例: http://あなたのサイト/manage
  2. Add メニュー で、 ZWIki を選択します。
  3. あなたのWikiフォルダのIDを入れて下さい。短い小文字の文字列が良い選択です。例: 'wiki'.
  4. Add Wiki ボタンを クリックして下さい。

すると、新規の標準お仕着せのWikiのトップページをご覧になるかと思います。 例: http://あなたのサイト/wiki/FrontPage 。Wikiは、普通のページと ZMI で 見ることが出来る DTML methods の組合せを含んでいます。カタログはまだ使いません。

How to make a plone wiki

  1. log in to your plone site as manager
  2. Go to plone_setup, and go to the page to install new products. Then install ZWiki.
  3. Now, go to the folder where you want to start your wiki, or make a new folder, and click the contents tab. Eg http://yourplonesite/folder_contents
  4. in the add menu, choose Wiki Page; click the add new item button
  5. change the Plone-generated page name to FrontPage. You can use any other name, but FrontPage is recognized as a default page for the folder without additional steps.
  6. press enter or click the save button.

You should now be looking at the front page of a new "plone" wiki, eg http://yourplonesite/FrontPage. The wiki contains one page and uses the plone site catalog.

設定の話題

バーチャルホスティング (VirtualHost)

あなたのZopeサーバとは異なるURLをあなたのWikiにつけたいこともあるでしょう。みんなは 通常、 apache Webサーバ と Zopeの virtual host monster でやって ます。

Wikiフォルダ

どの種類のフォルダ内からでも、例えばルートフォルダからでも、Wikiは始めることが出来ます。 もし、数百ページを越えて増えて行くと考えるならば BTree Folder の使用を考慮しましょう。 [How To Migrate To A BTree Folder]?

フォルダ用の短い小文字による名前はそれをWikiページと見分け、URLを打ち易く、覚え易くします。

初期コンテンツ

 新しいWikiの活性剤として便利な dtml methods と 既定ページとの 小さなセットと共に、 出てきます。 ZMI内の Add ZWiki フォームが、それらをインストールします。 basic option を選んで下さい。現在の Addフォームには 他のオプションがあるかも しれませんが、これには多分、バグです。

同様に、どのフォルダにでも、単一のWikiページを作りWikiを開始することも出来ます。 CMF/Ploneサイト内では、これがだけがその方法です。 こうすることで、既定初期ページを後で加えることが出来ます。次を開く どこかのページ/setupPages  、同様に dtml methods (recommended)は 次を開きます。 どこかのページ/setupDtmlMethods.

既定ページ

WikiフォルダのURLを訪れると、Wikiの既定ページへリダイレクトされます。それは、普通は   index_html DTML methodにより、FrontPageになります。 別のフロントページを使いたい なら、ZMI上で、index_html を編集して下さい。

http://WIKI/index_html/manage_main 。 Plone Wiki は通常、Ploneが、

自動的な動きに依存します。サイトプロパティ内の既定ページ名のPloneのリストを編集出来ます。

あいまいURL

あいまいURLが有効時には、正確なURLを完璧に記憶しておく必要はありません。Zwikiは気の効いたことを します。 あなたの求めるページへ連れて行ってくれる正しいURLであるか、フルテキストサーチもしくは、その名前の新しいページを作ることを促すことの何れかになります。 FuzzyUrls? もご参照下さい。

 これは、標準Wikiではインストールすることで、standard_error_message object により 可能になります。 PloneのWikiに追加するには、 何処ぞのページ/setupDtmlMethods を訪問しなければ なりません。 警告: 認証を必要とするプライベートWikiにおいて完璧に役を果たす訳ではありません。 参照 #1117 。

セキュリティ

 セキュリティは、沢山の課題を含んでいます。 含んでいるもの: あなたのシステムのセキュリティを 傷つけない (dtml と fit を参照のこと); 関係者以外禁止とすること、あなたのWikiへの 閲覧編集すべき人を選択すること(アクセスポリシーを参照のこと)、 破壊的な自動実行プログラム と スパマーに対するコンテンツの保護 ([wiki management]?を参照のこと).

動的コンテンツ - DTML, と その無効化

 ZWiki は、 比較的安全な方法として、 DTML code のページ内への挿入をダイナミックにサポートしています。これは、既定では、無効になって いますし、ほとんどの方々は、セキュリティや単純化を理由として外しています。

 これは、ユニークで強力な機能です。便利なWiki問合せ、カスタムフォームハンドラ、本格的な Wevアプリ等の 迅速な反復開発を許容します。DTMLCookbook? には、その例があります。 RecentChangesuser options <FrontPage/useroptions> 、 IssueTracker? は、skinに移行する迄は、 dynamic wiki content が原型でしたし、その例は数多くあります。  次の文字により、静かに、(簡単にねじ込む為)、導入することが出来ます。 どこかのページ/setupDtmlPages.

DTML と セキュリティ

 信頼のない編集を許可する公開Wikiのにとっては、この様な機能は本来、巨大なセキュリティ ホールとされるでしょう。Zwikiにおいて、開かれたWikiと同等の相対的安全の機能を提供 可能です。Zopeのセキュリティモデルに感謝。 何故か?

  • DTML は、ファイルシステムへの接触や任意のライブラリのインポートを許可しないと言う 観点から 制限付きコード です。但し書き: もしも、ZODB上にLocalFS または、ファイルシステム公開オブジェクト を持っているならば、その部分のファイルシステムへのアクセスが、DTMLにも可能かもしれ ません。

  •  DTML は、それを動かすユーザとほとんど同じ権限で動作します。一般的には、 信用のないユーザには、ZMIの閲覧、wikiフォルダ以外のコンテンツの削除、ユーザ追加、 権限変更等を認めませんし、これは、そこで動作しているDTMLにも言えることです。

  •  DTML もまた、Wikiページのオーナーとしてのほとんど同じ権限で動作します。 そう、その次に管理者画面表示が実行される意地悪な DTML 加える信用のないユーザによる、 トロイの木馬攻撃を防ぐには、 あなたのWikiページが、(nobodyの様な)低い特権ユーザ に所有されていることを認識すべきであり、そして、DTMLは、それを誰が実行するかお構い なしであることを制限されるでしょう。

    ZWikiページは、そのWikiフォルダよりそれらの所有権を取得します。 そう、理論上、 Wikiフォルダの所有者(How-Toよ何処に?)をちゃんと設定すべきであるし、 完全に整えることになるのでしょう。実際には、最近はテストされていません。そうです。 どうか、これに頼る前に再テストの実施とこのページの更新をどうぞ宜しくお願いします。

DTMLの有効化はリスクを生むことは疑いのないことである。 既述の通りの DTMLの 能力制限に注意を払っている場合でさえも、サービス拒否への攻撃は多分簡単に編成されます。 さむなくんば、悪意のDTMLは、多分 あなたのZODBコンテンツ全体の削除、UNDOを困難にする ZODBの履歴へのスパム、; ひそかに、新しく管理者アカウントを追加、例えば、/etc/passwd の様な、Zopeの有効なユーザがアクセス出来るあらゆるファイルへのアクセスをするに至らしめる LocalFS?オブジェクトの追加、等が出来てしまいます。

 そう、制限の全くないDTMLの可能なWikiの運営を選択するならば、あなたのリスク感度に ついて熟慮の上、その判断を使って、注意深く設定し、バックアップを保つとともに、あなたの サイトで何が起きることから目を離さないようにしましょう。  編集を制御したイントラネットまたは公開Wikiでは、悪意のあるDTMLは問題になりません。 しかし、後日、あなたのWikiがよりオープンになるならば、あなたのポリシーの再検討を 覚えておいて下さい。

 Wikiサイト(または、単一のページ)で、DTML を有効にするには、値がtrueの boolean プロパティ allow_dtml を ZMIの properties タブ内で、追加します。 それとは反対に、もし、あなたのサーバ上のWikiに対し絶対にDTMLを有効としないならば、 例えばルートフォルダ等に no_dtml という名前のプロパティを型や値は何でも良い ので加え下さい。

 もし、reStructured Text を使うなら、 raw ブロック内に、DTMLタグを埋め込ま なければなりません。 (.. raw:: html で始めます。)

アクセスポリシー

 あなたのWikiの実行する権限を誰に許容するかを決めることが必要となり、そして、 それに沿って Zopeのpermissionsを設定することでしょう。例えば、あなたのWikiを 全ての来訪者に完全開放するかもしれないし、または、厳重にあなた個人のみとするかも しれないし、あるいはその中間となることでしょう。

考慮すべき基本機能は、view(閲覧)、search(検索)、rating(投票)、comments(コメント)、 edits(編集)、reparent(階層変更)、rename(名前変更)、delete(削除)、 upload(ファイルアップロード), external edit(外部エディタ利用)です。 それぞれは、 ZMI内のWikiのセキュリティフォルダで設定する1つまたはそれ以上のpermissionsで 制御されます。 QuickReference でそれらのリストをご覧下さい。

メンバーシップ

メンバーシップは、サイト上のアカウントを持つことが出来る様に、来訪者に自身での登録、 あるいは、管理者により登録を認めることをいいます。その方々のパスワードとサイト志向 を記憶に留めておいて、通常、もっとアクセス権をサイトに対し供与することです. これを 補助してくれる、いくつかの[ZopeProduct]?があります。これをかなえる最も簡単な方法 は、Ploneサイト内にあなたのWikiを置くことです。同様に ZopeWiki:CMF , ZopeWiki:CPS, ZopeWiki:GroupUserFolder 及び ZopeWiki:ExUserFolder をご参照下さい。

拡張性のある検索 - catalog 否や?

ZCatalog? は、Zopeの索引機能です。Zwikでも、その利用により、より大きなwikiで顕著に、 より高速かつ強力な検索を提供します。また、標準のWikiでは既定では有効ではありません。 というより、多分そうであるはずです。他方、PloneのZwikiでは既定で有効です。でも、 Zwikiが必要とする最高性能である全フィードというわけではありません。そう、どちらのケース

でも、新しいwikiを作った後に、そんなあなたは、多分こんなことを実行して欲しい。:

http://あなたのサイト/wiki/FrontPage/setupCatalog を表示

これによりカタログの存在を確認し、wikiの最高性能としての全部の必要なフィードを持ちます。 これは繰り返し実行しても無害です。その後、次の変化に気づくことになります。

  • 最近の変更では、いくつかの "〜から" ボタンが表示されます。
  • 検索フォームの挙動はも以前より僅かながらもより高レベルです、-
単なる文字一致ではなく、言葉と論理演算検索を行います。
  •  あなたのWikiサイトが、沢山のページを含んでいるいるなら、最近の変更、検索そして
通常操作は、少ないメモリ消費でありながら、より速いことでしょう。

検索方法は詳しくは、カタログに設定されたテキストインデックスに依存する結果を照合させます。 ZCTextIndex が、良い選択の一つかと思います。

サブトピックス

サブトピックス(階層下のページ- [page hierarchy]?(ページ階層)特集参照)を持つと、 それらは、本文の後てコメントの間に、自動的にリストされます。

これは、Wikiコンテンツをより見付け易くする助けをしますし、手入力によるリンク作業を

省くことが出来ます。

もしこの機能が不要ならば、 wikiフォルダに、boolean プロパティとして show_subtopics の名前で 追加し、そのチェックボックスのチェックを外して下さい。

0.42以降: 同様に、サブトピックスの表示用代替テンプレートを選択することも出来ます。 詳細はcustomizing appearance 参照。

特別な方法(例えば別の位置に dtml-var subtopics )でのサブトピックスの表示には DTMLを使うことが出来ます。 尚、これを実行しても、ZWikiは、このことを認識して、 サブトピックスの重複表示を回避します。

<dtml-var subtopics>

ページタイプ

既定で、Zwikiはユーザに対し、編集フォーム内で、どの様に表現されるかを決める為、 Webブラウザ内でMarkupページタイプを選択することを認めています。 通常、これは、文字書式規則 text formatting rules <http://zwiki.org/Editing#how-to-format-your-text>

を変更する効果を持っています。 また、 ``Zwiki: Change page types``permission を外すことで、これを隠し、利用を認めないことも出来ます。

Wikiフォルダ上へのプロパティ設定で認めるページタイプに制限することが出来ます。 ZMI内でWikiフォルダのプロパティタプに入り、``allowed_page_types`` という 名前で、 lines プロパティを追加します。認めたいページタイプの短縮名を行に一つずつ 入れて下さい。例えば次の様にです:

stx
rst
html

ここで利用出来るページタイプは: stx, rst, moin, wwml, htmlplaintext です。これらは、上記のリンクで既述しています。

どれであっても、最初に来るタイプが、新規ページの既定となります。ですから、既定のタイプを設定するには、 allowed_page_types プロパティを作成しなければなりません。その上で、そのリスト最初に既定と するタイプを設定します。 もし、一つのタイプのみを含めることにするなら、 常にこのタイプが使われることになります。 この方法では、例えば、HTML や 構造化テキスト 専用のWiki とすることが出来ます。

註記: このプロパティは、自動的にアップグレード゜されませんので、 これがあるときには、当然、 ずっと、古いタイプ表記があるならば、それらを置換えるべきでしょう。

ファイルとイメージのアップロード

ZMI(http://yourwiki.org/manage)の セキュリティ タブ上の Documents, Images, and Files 追加パーミッションは、誰にファイルとイメージをアップロードすることを可能にするかを決定します。 これが有効ならば、編集フォームの下に Upload a file or image 欄が存在します。

Wikiリンク(wiki links)

Wikiリンクは、同一Wiki内の他のページへのハイパーリンクを自動的に認識するシンプルな ものです。これらは、HTMLと平文テキストを除く全てて有効です。ZWki?では、3つの異なる 種類のWikiリンクをサポートしています。:

  • "素のwiki名リンク(bare wikiname links)" は、伝統的なWikiリンクであり、 キャピタライズされた WikiName? でページを書くことでフォーマットされます。
  • "bracket links" or "free-form wiki links" are formed by enclosing a page name in square brackets. Page names in brackets don't have to be wikinames, and may have spaces, punctuation, international characters etc.
  • "double-bracket links" are like the above but double brackets are required. Wikipedia (MediaWiki) uses this style.
  • "double-parenthesis links" use parentheses instead of brackets, on the theory that brackets are hard to type on many world keyboards (disabled by default).

You can disable any of these by going the wiki folder's Properties tab in the ZMI and adding (unchecked) boolean properties named use_wikiname_links, use_bracket_links, use_double_bracket_links, and use_double_parenthesis_links respectively. (NB prior to 0.46 the spelling was use_doublebracket_links.) Sometimes this is useful to prevent undesirable linking. If you disable all three, Zwiki will do no automatic wiki linking at all, so hyperlinks must be created manually by the text formatting rules or HTML markup.

There is one more property, which controls how bare wikiname links are displayed: if you add a space_wikinames boolean property (checked), bare wikinames will always be displayed with spaces between the capitalized words.

internationalisation (国際化)

  • In page text: all international characters should work in page text.
  • In text formatting rules: some of the text formatting systems support international characters, some don't. Set your locale in zope.conf . For Structured Text try the StructuredTextUnicodePatch? also.
  • In page names and wiki links: all international characters should work in bracketed wiki links or when using the page management form. Bare wiki links will recogize the upper- and lower-case characters defined by the locale configured in zope.conf, or when no locale is configured (the default), latin-1 plus some others.
  • In the skin: if you want users to see the zwiki skin in their browser's preferred language, install PlacelessTranslationService .

epoz

If you install the [Epoz]? product, pages of type HTML will offer a WYSIWYG edit form to users with Firefox and other mozilla-based browsers, IE, and perhaps some other modern browsers. Users with older browsers will see the usual text area form.

This is a useful feature to offer, especially to users who may not have the time or willingness to learn text formatting rules. It has the great advantage of not requiring them to install anything. It's also the easiest way to edit tables in a zwiki page.

external edit (外部編集)

 もし、あなたのZopeサーバに ExternalEditor? を インストールしているなら、 wikiユーザ は、彼らが選択した任意のテキストエディタによる編集を可能にする鉛筆のアイコンが (ヘルパースクリプトの導入 後に)見えることでしょう。 HowToEnableExternalEditorOnYourSite は、この使い方を 記述しています。

これは非常に価値のある機能を提供します。Emacs,Gedit,Notepad等どんなものでも使用して大きなページの編集がより便利になります。 Or for HTML pages, tools like Mozilla Composer, FrontPage, or Dreamweaver can be used.

page rating

Zwiki provides a simple page rating feature. To turn it on or off, set the Zwiki: rate pages permission. When page rating is enabled, users will see a simple six-button rating form at top right (five stars plus invisible -1 button). Pages start out with a rating of one star (average); as time goes on, a page's rating is the average of all user votes. Each user with a login or a username cookie gets one vote per page, which can be changed at any time. Anonymous users share a single vote at present, so anonymous votes can be changed by the next visitor and aren't all that useful.

mail out (メール送出)

 あなたの(管理する)wikiにコメントか編集があったときに、メールを出すこと設定は とても簡単です。 通常、ZMI 内にある wikiフォルダの Properties タブ に mail_replyto という名の string プロパティ を追加し、そこに利用可能または ダミーのemailアドレスを入れるだけでよいのです。

 これにより、ユーザは、常に recent changes をチェックしていなくとも、 興味のあるページあるいはwiki全体のモニターをすることが出来ます。(ユーザは、 「設定」で、ユーザ設定を行ない、「購読」で、個別ページまたはwiki全体につして その登録をするだけで可能になります。)

mail in

If you have system administrator access, you can set up a special email address that will allow email to be sent to the wiki. Combined with mail out, this allows people to participate in wiki discussions using only their mail reader, and to quickly forward content of interest to the wiki. The subject header is used to select the target page. See HowToSetUpMailIn? for more about this.

See [mail]? for more about Zwiki's mail integration.

RSS feeds (RSS フィード)

 あなたのWikiの為の、シンプルな RSS 2.0 フィードは、ANYPAGE/changes_rss と ANYPAGE/pages_rssとすることで実現出来ます。これらは、それぞれ、もっとも 最新の変更そして作成したページのリストです。詳細は、[RSS]?の記述を参照のこと。

issue tracker (課題追跡)

いくつかの機能強化により、ZWIKIは、かわいい「issue tracker(課題追跡)」としての 機能を果たします。課題ページは「#」記号で始まる名前のWikiページとすることにより、 特別の課題用の欄を伴って表示されます。スペシャルサーチフォームは、課題のフィルタリングと 表示の為に提供されます。また、あなたは、課題ページへのリンク「#」番号を正しく書くことが 出来ます。

これって便利なのかな? それなら、あなたが課題追跡管理のWikiに取組む必要はありません。 通常のページとして課題をごちゃ混ぜに出来ますし、Zwikiの通常機能は普通に動きます。 編集、メール投稿、メール通知等と。このシステムは、あなたのプロジェクトに、新たに何らの学習 もすることもなく、「文書」と「バグ追跡システム」サイトに分かれて知識を断片化させることなく 即座にシンプルな、使用可能な課題追跡システムを追加出来ることを意味しています。

このシステムをあなたのWikiに設置するには、``SOMEPAGE/setupTracker`` に一度、見に行く だけです。(訳者註:説明ページ) これは、いくつかのフォルダプロパティを追加し、``wiki catalog`` の設定と初期化用のテストissue を作ります。

It's harmless to do this more than once, eg if

you suspect your issue tracker configuration is out of date.

You'll be left looking at the basic issuetracker form, which gives an overview of current issues and allows you to add new ones. You can return here by clicking the "issues" link, which appears as long as there is at least one issue page in the wiki. Or, use the alt-t [access key]? (t for tracker). You can also access the "filter issues" and "issue browser" forms from here.

In CMF/Plone the "issues" link appears as an "issue tracker" document action link - if not, you may need to reinstall/upgrade the Zwiki product in Plone Setup.

setupTracker installs several issue_ properties on the wiki folder, which you can change in the ZMI to customize your categories, severities, statuses, and colours. There's no easy way to add additional issue properties right now, but see the IssueTrackerOwnerAndDueDate? patch. Also remember you can use adhoc techniques such as WikiBadges?, page hierarchy or page naming conventions to annotate your issues.

If you have a DTML-enabled wiki and prefer to install the more tweakable IssueTracker?/FilterIssues?/IssueBrowser? pages instead of the issuetracker/filterissues/issuebrowser page templates (as on zwiki.org), visit SOMEPAGE/setupTracker?pages=1.

You can set up a special mail-in address that will create issues, as follows:

  • first, get mail-in working (see above)
  • then, set up an extra alias for the mailin script, of the form *bugs@domain or *tracker@domain. Ie, the alias must end with either "bugs" or "tracker".

fit

fit is a testing tool which reads test specifications (input data and expected results) in tabular form, runs the tests (by calling the test code) and colour-codes the table cells to indicate results. When installed together with Zwiki, you can develop and run tests in wiki pages. See ZwikiAndFit? for more.

purple numbers

this feature has been mothballed, update

PurpleNumbers? are small purple numbers automatically added to each paragraph of a page for easier referencing. There is a partial implementation of this in Zwiki which may be useful to some people. To enable it, go to the wiki folder's Properties tab in the ZMI and add a new boolean property named use_purple_numbers, checked. See PurpleNumbers? for more.

If you change or remove this property later, you won't see the effect until pages have been re-rendered. You can force this by making an edit, by visiting EACHPAGE/clearCache, or by visiting SOMEPAGE/upgradeAll.

latex

 LatexWiki? アドオン・プロダクトをインストールすることで、あなたのWikiにLATEX マークアップによるレンダリングを行なうことが出来ます。

axiom, reduce, graphviz.

Axiom and Reduce are powerful computer algebra systems which can be integrated with your wiki, so that you can write and solve mathematical problems within wiki pages. The GraphViz? graph drawing toolkit has also been integrated, so that you can generate arbitrary graph diagrams. See MathAction?.

Configuration tools (設定ツール)

設定に使うことが可能なツールと場所のリスト:

  • ZMI
  • contents tab
  • properties tab
  • security tab
  • undo tab
  • Plone/CMF UI
  • plone setup
  • folder contents
  • portal_skins
  • API methods
  • /zwiki_version
  • /setupCatalog
  • /setupTracker
  • /setupDtmlMethods
  • /setupPages
  • /updatecontents
  • /upgradeAll

Questions and answers (質問と答え)

ルートフォルダのURLの後に /setupCatalog を打ったところ、 "missing site" errorが出ました。

URLは、 .../Wikiフォルダ/setupCatalog ではありませんよ。 http://サイト/Wikiフォルダ/FrontPage/setupCatalog を使いましょう。(いずれのWikiページでも実行出来ます) 現時点で、これによる視覚的なフィードバックは帰って来ません。エラーもなく直ぐ完了します。 機能しているかを確かめるには、.../FrontPage/hasCatalog を開いて見ましょう。 it will print True. Also you'll see more ...options in recent changes.

Recap

You've learned

  • how to create a wiki
  • how to control the url that users will see
  • how to control access to the wiki
  • what a wiki catalog is and whether you want one
  • what a DTML-enabled wiki is and whether you want one
  • how to configure the default page
  • how to control subtopics display
  • how to choose the available page types
  • how to choose the wiki-linking syntaxes
  • what internationalisation configuration might be needed
  • how to enable wysiwyg and external application editing
  • how page rating works
  • how to configure mail-out and mail-in
  • where to find an RSS feed for your wiki
  • how to to support issue tracking in your wiki
  • how to enable support for other features such as fit, purple numbers, latex, axiom, graphviz

次は customizing appearance(表示のカスタマイズ) です。


続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 03:22 | Comment(11) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ZWiki0.61.0リリース

 ZopeのWikiプロダクトであるZWikiが、本当に久しぶりリリースされた。以前のバージョンは、Zope本体の国際化やZope3対応に翻弄され日本語が通らない等の問題が発生していた。今回はいかがなものかと思いさっそくインストールして試た。

 ZWiki本家のページの少し下の左にあるDownload欄の ZWiki-0.61.0.tgzリンクよりダウンロードし、解凍し、Zopeのインスタンスフォルダ内のProductsにコピーするだけでは動かないので注意して欲しい。ZWikiフォルダー内に currentフォルダがあるのでその中身を親のZWikiフォルダに移動して対処しよう。その上で、ZopeをZMI経由で再起動すると正常に動作した。

ISSUE#1420 として 2008-10-28 にre-packageされ改善された様で、その後は普通にProductsフォルダにZWikiフォルダをコピーし、ZopeをZMI経由で再起動でインストール出来る様になった。

 課題の詳細は今後レポートする。続きを読む
タグ:ZWiki Zope
posted by Mire at 01:55 | Comment(0) | ZWiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
紺碧の艦隊 ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
タグクラウド
ファン
利用中のオープンソース
最近のコメント
最近の記事
過去ログ
QRコード
レガシーなアプリはいかが?
Dell 法人のお客様ページ
  • 【法人様向け】デル、お得なキャンペーン情報
  • 法人のお客様向け ストレージソリューション
  • 法人のお客様向け ネットワークソリューション
  • 【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • デル-個人のお客様ページ
  • 【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • オンライン広告限定キャンペーンページ
  • ソフトウェア&周辺機器 パソコン工房
    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) マウスコンピューター/G-Tune
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。