2011年12月14日

【CentOS6.0】EPSON複合プリンタEP-801Aの純正並みInstall

 CentOS6.0では、標準でもxsaneを使えば、取り敢えずは75,300,1200,2400dpiの解像度でスキャン出来る様にはなる。でも、その作りは、Windows等でEPSONが提供している機能とは比較にならない程シンプルなので、いったいどの設定をどれだけ組合せると同じ画質に持って行けるのかが、画像処理の素人には判らないのが現実である。

 そんな場合EPSONユーザに対する救世主がアヴァシス株式会社の「Image Scan! for Linux」である。これをInstallすることで、WindowsでのSCAN操作に近いGUI操作による利用環境が整備出来る。
Image Scan! for Linux EPSON EP-801A
 残念なことにスキャン領域は逐次イメージの角から角を指定しなければならなかったりと、かったるいところもあるものの、「イメージタイプ」には当方の良く使う「カラー書類」が選択出来るし、不足なら濃度補正で影を消し元の線画の書類により近いイメージをプレビュー時にWindows環境と同じ様に対処することが出来る。解像度も50,75,96,150,200,240,300,360,400,600,720,800,1200,1600,2400,3200,4800と、ほとんど不要なくらい選択出来る様になる。インストール方法は次の通りだ。

 「Q&A (よくある質問) EPSONスキャナーを利用する為にインストールが必要なImage Scan! for Linuxのパッケージについて」をご覧頂ければ判ることだが、Installは、データパッケージとコアパッケージの2つが必要で、特定スキャナ品番指定でダウンロード内容が決定される様になっている。残念なことに当方が所有のEP-801Aは複合プリンタの為、そのリストになかった為、取り敢えずの互換を見込んで「GT-820」の分を活用させて頂いた。結果としてこれでも必要なパッケージを間違いなく選択出来ていたので良かった様だが、正しくは次の手順で行なうことでちゃんと対応機種を選択し安心してInstall出来る。皆様には以下の手順を参考にInstallすることをお勧めする。


  1.  「epson linux」でググり、「Linux(TM) 情報 | エプソン」を選択。
  2.  「Linux(TM) 情報 | エプソン」の最下部にある「スキャナー」の「Image Scan! for Linux − 画像取り込みソフトウェア」にある「お問い合わせ先」:アヴァシス株式会社をクリック。
  3.  「ダウンロード」をクリック
  4.  右欄の「Linuxドライバー」中の「オールインワン(インクジェットプリンター複合機」を選択
  5.  先ずは「機種を選択してください」で機種を選択し開く頁の最下部のパッケージ一覧より、当方のLinux環境の「epson-inkjet-printer-escpr-1.1.1-1lsb3.2.x86_64.rpm」をクリックし、インストールファイルをダウンロード後、そのファイルをクリック実行またはコンソール上で「rpm -ivh epson-inkjet-printer-escpr-1.1.1-1lsb3.2.x86_64.rpm」とする。これではプリンタ機能分のみが導入される。細かくは「Epson Inkjet Printer Driver (ESC/P-R) for Linux 説明書」に説明があるので必要により参照されたい。
  6.  スキャナー機能は、元の頁「オールインワン(インクジェットプリンター複合機)」に戻り、先程の「機種を選択してください」の選択位置の追記されている次の記述にある通り、「こちら」をクリック。
    オールインワン(インクジェットプリンター複合機)のスキャナー機能を
    使用するにはスキャンユーティリティ「Image Scan! for Linux」が必要です。

    「Image Scan! for Linux」は こちらからダウンロードしてください。

  7.  その「こちら」の頁で、利用機種(当方はEP-801A)をチェック
  8.  「●お使いのディストリビューション」を選択(当方はCenoOS)
  9.  「●ディストリビューションのバージョン」を選択(当方は6)
  10.  した上で、次へを選択。
  11.  開いた「ダウンロード オールインワン」頁の「スキャナ ドライバ」の下の「EP-801A用 データパッケージ ダウンロード」欄より対応パッケージ(当方はRPMパッケージのiscan-data-1.13.0-1.noarch.rpm)をクリックしそれをダウンロード後、そのパッケージを実行しInstall。
  12.  同様に、その下にある「EP-801A用 コアパッケージ ダウンロード」欄より対応パッケージ(当方はRPM 64bit パッケージのiscan-2.28.1-3.x86_64.rpm)をクリックしそれをダウンロード後、そのパッケージを実行しInstall。
  13.  これでGnomeメニュー「グラフィック」内に「Image Scan! for Linux」が追加されるのでそれをクリックして外観をチェック出来る。
  14.  また、「GIMP」をインストールしていたらそちらのメニューての「ファイル」→「画像の生成」→「Scanning(iscan)...」で、「Image Scan! for Linux」を起動させ直接GIMP上に画像を取り込み出来る。


 蛇足ながら、2点程追記して置く。

 「Image Scan! for Linux」のコマンドは「/usr/bin/iscan」であるので、自動でメニューに追加されなかった場合には、ショートカットやメニューを手動で登録するなりして頂きたい。

 通常、Gnomeデスクトップ上であれば、「システム」「管理」「印刷」でプリンタドライバの設定を行なう訳だが、これもないときは、CUPS Web interface が導入Linuxの631番ポートで起動出来るので、http://localhost:631/ をクリック頂ければ済む。但し、当方のInstallの問題かもしれないが、CentOS標準のEP-801Aドライバと比較して逆にシンプルなオプションしか表示されなくなってしまいCDトレイ等が選択出来なくなってしまっている。もし、その様な状況ならCentOS標準のEP-801Aドライバ側を使った方が良いだろう。その場合「epson-inkjet-printer-escpr-1.1.1-1lsb3.2.x86_64.rpm」等のプリンタドライバのインストールは不要だろうが、共に登録しておくことも出来るので特に問題はなかった。

2012-03-26追記: 新規Epsonドライバーの配布元に変更があった様です。今後は次のURLで、機種品番とOSを指定して検索した方が良い様です。現時点ではプリンタドライバーのみバージョンが変わっているもののOS添付のものと代り映えしないし、Windows様に比べたら機能はかなり見劣りする点は変わりない。
http://download.ebz.epson.net/dsc/search/01/search/
posted by Mire at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240449007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
紺碧の艦隊 ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
タグクラウド
ファン
利用中のオープンソース
最近のコメント
最近の記事
過去ログ
QRコード
レガシーなアプリはいかが?
Dell 法人のお客様ページ
  • 【法人様向け】デル、お得なキャンペーン情報
  • 法人のお客様向け ストレージソリューション
  • 法人のお客様向け ネットワークソリューション
  • 【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • デル-個人のお客様ページ
  • 【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • オンライン広告限定キャンペーンページ
  • ソフトウェア&周辺機器 パソコン工房
    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) マウスコンピューター/G-Tune
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。