2010年04月04日

Tera Term utf-8 でテンキー

 Tera Term は、古くからLinuxをやっている人にとっては、馴染みの深いTelnetクライアントツールである。セキュリティ面の必要性でTELNETからSSHが主流になった段階で当方も一時Puttyの利用をした時期もあったが、今では、また、このTera Termの利用に戻っている。元々、Tera Termは、Teranishiさんがフリーソフトとして、個人でリリースなさっていらしたが、今では、http://ttssh2.sourceforge.jp/ で「BSD ライセンス」でサポート供給され、SHHだけでなくUTF-8対応が図られているので、メニューのキーボード設定で「del」キーと「BackSpace」キーのチェックを入替れば、普通に使う向きには特に不満はないものと思う。

 ただ、首記のテンキーについては、恐らくPC機種のキーボードに依存する所があるのだろう、設定を見る限りでは、動作してもおかしくないのだか、少なくとも当方が利用しているNotePC「Fujitsu FMV BIBLO 75D/Y」のテンキーではビープ音がなるだけで機能しなかった。この程度のことは、別に不便という程でもないので放置していたが、まぁ、出来るにこしたことはないので、今回、ユーザ割当で対応して試た結果出来たので、ここに書き留めて置くことにする。

 Linuxの遠隔作業は作業画面を維持したいなら、個別のX-Windowが保持されるVNC経由が便利なので、RealVNCを良く使うが、こちらは残念なことに、コピペでどうも文字コード変換が上手くいかない様で、日本語が無残に化けるのでWindowsとの間でコピペする時には、Tera term利用がお勧めである。

 さて、本論のTera Termでのキーボードの割当方法の説明に移る。先ずは、Tera Termのインストール先のフォルダ(例:「C:\Program Files\teraterm」)の中にあるファイル「KEYBOARD.CNF」のコピーを別名で保存してから、エディタで開いて試て頂きたい。確認箇所は2箇所で、「[VT numeric keypad]」と「[User keys]」のブロックで、ここを編集することになる。
 次に、Tera Termのインストール先のフォルダにある、「keycode.exe」をクリックまたはダブルクリックして起動して、キー割り当てしたいキーを押下してそのキーコードを確かめる。
当方の場合は以下の通りだったが、これは機種により変わることがあり得るので各自の環境次第となるので悪しからず。

- …  74
* … 55
/ … 309
7 … 71
8 … 72
9 … 73
4 … 75
5 … 76
6 … 77
1 … 79
2 … 80
3 … 81
0 … 82
. … 83
+ … 78


 これを基に、「KEYBOARD.CNF」の末尾の「[User keys]」内に次の様にユーザキー設定を追加してから、Tera Termを起動しテンキー動作を試してみることになる。
User1=74,0,-
User2=55,0,*
User3=309,0,/

 実際にこの設定を追加すると起動時に、「keycode 74 is used more then once」と言った警告ダイアログが出るので、テキストエディタで表示されたキーコードを検索すると

;Num pad '-' key
PF4=74

等の様に既に設定があることが判るので「;」でコメント化し、起動時の警告を無くして行った。結論として、「KEYBOARD.CNF」の設定はオリジナルと比較したdiffは次の通りとなった

C:\Program Files\teraterm>diff -du KEYBOARD_org.CNF_org KEYBOARD.CNF
--- KEYBOARD_org.CNF_org Sun Jul 05 23:11:54 2009
+++ KEYBOARD.CNF Tue Apr 06 01:24:52 2010
@@ -28,42 +28,41 @@

[VT numeric keypad]
;Num pad 0 key
-Num0=82
+;Num0=82
;Num pad 1 key
-Num1=79
+;Num1=79
;Num pad 2 key
-Num2=80
+;Num2=80
;Num pad 3 key
-Num3=81
+;Num3=81
;Num pad 4 key
-Num4=75
+;Num4=75
;Num pad 5 key
-Num5=76
+;Num5=76
;Num pad 6 key
-Num6=77
+;Num6=77
;Num pad 7 key
-Num7=71
+;Num7=71
;Num pad 8 key
-Num8=72
+;Num8=72
;Num pad 9 key
-Num9=73
+;Num9=73
;Ctrl + Num pad '+' key
NumMinus=1102
;Num pad '+' key
-NumComma=78
+;NumComma=78
;Num pad '.' key
-NumPeriod=83
+;NumPeriod=83
;Num pad Enter key
NumEnter=284
;Num pad NumLock key
PF1=325
;Num pad '/' key
-PF2=309
+;PF2=309
;Num pad '*' key
-PF3=55
+;PF3=55
;Num pad '-' key
-PF4=74
+;PF4=74
[VT function keys]
Hold=off
Print=off
@@ -188,3 +187,18 @@
; Ctrl + F5 key: Executing a menu command
;User5=1087,3,50110
[User keys]
+User1=79,0,1
+User2=80,0,2
+User3=81,0,3
+User4=75,0,4
+User5=76,0,5
+User6=77,0,6
+User7=71,0,7
+User8=72,0,8
+User9=73,0,9
+User10=82,0,0
+User11=74,0,-
+User12=55,0,*
+User13=309,0,/
+User14=78,0,+
+User15=83,0,.

C:\Program Files\teraterm>



具体的には、

User1=74,0,-
User2=55,0,*
User3=309,0,/
User4=78,0,+

の4行を追加し、そのキーコード定義のある既定の定義箇所を「;」でコメントにした訳だ。

 尚、本来の目的の0〜9の数字と「.」は、何故か定義しなくても上記のユーザキー設定のみで機能する様になるので定義を省いた。


 コンソール上では、0〜9も定義なしで動作するが、何故かemacs内では機能しないので結局、以下の通りのフル定義とし、重複するキーコードを「;」でコメントにした。
[User keys]
User1=79,0,1
User2=80,0,2
User3=81,0,3
User4=75,0,4
User5=76,0,5
User6=77,0,6
User7=71,0,7
User8=72,0,8
User9=73,0,9
User10=82,0,0
User11=74,0,-
User12=55,0,*
User13=309,0,/
User14=78,0,+
User15=83,0,.


また、この設定では「Num Lock」キーは機能しないので、Num解除時の割当キーは使えない。当方にとっては、テンキー固定の方が良いのでこのままとした。
タグ:teraterm ssh Tellnet
posted by Mire at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
紺碧の艦隊 ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
タグクラウド
ファン
利用中のオープンソース
最近のコメント
最近の記事
過去ログ
QRコード
レガシーなアプリはいかが?
Dell 法人のお客様ページ
  • 【法人様向け】デル、お得なキャンペーン情報
  • 法人のお客様向け ストレージソリューション
  • 法人のお客様向け ネットワークソリューション
  • 【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • デル-個人のお客様ページ
  • 【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • オンライン広告限定キャンペーンページ
  • ソフトウェア&周辺機器 パソコン工房
    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) マウスコンピューター/G-Tune
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。