2012年06月23日

【HDD修復】2. dd_rhelp,GPartedとddで壊れかけ内蔵HDDの取替(引越編)

 さて、前稿ではHDDの引越に使うツールであるdd_rhelpとgPartedを既存の外付けHDD上のCentOS6.2にinstallしパーティションイメージを保存するEXT4の領域も作成し確保したので、ようやく実作業に入る。

CentOS6.2の「システムツール」にある「ディスク・ユーティリティ」でもHDDパーティションのデバイス名を確認することが出来る。 簡単に言うと手順としては次の通りとなるが、実際には、CentOS6.2の「システムツール」にある「ディスク・ユーティリティ」や fdiskを使い「/dev/sda1」等と言った様なデバイス名を確認してから作業しなければならないし、ddコマンドは入出力指定を間違えると再起不能となるし、何故かddコマンドでMBRのイメージファイルを新品のHDDに書込んで試ても旧HDDのパーティション情報が反映されなかったりと、注意点がある。
  1. dd_rhelpで引越対象の全パーティションのイメージをEXT4等の1ファイルの容量上限に抵触しないディスク上にファイル書出し
  2. ddコマンドで、引越元のHDDのMBRを ファイル書出し
  3. 引越元のHDDを抜き取り、新品のHDDを実装
  4. ddコマンドで、引越元のHDDのMBRのイメージファイルを新品のHDDに書込み
  5. 引越対象のパーティションのイメージを新品のHDDに書込み
  6. 新品のHDD上のパーティションを拡張変更
  7. 新品のHDD上のWindows起動でchkdskが走りパーティション拡張が反映された後再起動され完了
続きを読む
posted by Mire at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDD修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

【HDD修復】1. dd_rhelp,GPartedとddで壊れかけ内蔵HDDの取替(準備編)

 現在、FMV-BIBRO NF75Y/D にUSB外付けHDDを接続し、そこにinstallしたCentOS6.2をほぼ、100%使っている訳だが、この度、購入した「HP ProLiant ML110 G7サーバー」のユーティリティディスクを見て試ると残念ながら、一部、Windows上で実行するツールが見受けられることから、自宅サーバの構築と運用上で全く、Windows無しで済ますことが出来なくなった。Linuxサーバ立上げ予定の機器に関わらず誠に皮肉なことである。

 そうは言っても新たにWindows機を購入する余裕は無く、懐具合を考えに考えた挙句の果てとして、FMV-BIBRO NF75Y/D内で壊れかけたまま放置している内蔵HDDを取替えることにした。まぁ、それ程重要な用途ではないものの、それでも、中古HDDは嫌なので、物色を暫く続け、今回、えいやぁ! と言う思いで、アプライドの中古品店舗の新品コーナーで、640GBのHDDを中古並の1週間補償の6,780円で購入し、今回の取替作業に臨んだ次第だ。多分、安いとも高いとも言えない値段で1週間補償とリスキィだか、HDDは保証が付いたところで他人の情報保管の可能性が発生した時点で取替による保証は対外的に出来なくなるし自身の恥ずかしい運用を晒したくないなら、所詮気休めとなるだけなので、封を切っていない新品HDDなら良しと考える。

 尚、今回の取替作業では壊れかけた状態の最終状態のバックアップを取ることも目的としている為、ディスクパーティションのイメージを別のハードディスクスペースにファイルとして保存することにした。その為の領域としては、CentOS6.2をinstallしている1GBのUSB外付けHDDの後方の未定義エリアに180GB程パーティションを切ってEXT4のformatする作業を「ディスク・ユーティリティ」で行なったが、コマンドでの作業は、fdiskとmkfsを使うことになる。詳しくは古い記述ながら「【HDD修復】dd_rhelp with Knoppix 〜 2. HDDイメージの保管先HDDの準備」で既述なので完全に省かせて頂く。続きを読む
posted by Mire at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDD修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

【CentOS6.2】「こら!root宛mailも見ろ!管理者はてめぇだろ!」

 日頃、NotePC上のCentOS6.2端末上ではsudo設定をした関係で、rootでのloginを全くしない。今回、自宅サーバ構築の準備でNotePC上でInstallをしていて上手くいかなかった関係で、たまたま、su - でrootになった。そうすると処理終了のタイミングで、rootにメールがあるよとの趣旨の懐かしいコンソール出力があった。

続きを読む
posted by Mire at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
紺碧の艦隊 ルパン三世 GREAT CHASE クリックプロモーション
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグクラウド
ファン
利用中のオープンソース
最近のコメント
最近の記事
過去ログ
QRコード
レガシーなアプリはいかが?
Dell 法人のお客様ページ
  • 【法人様向け】デル、お得なキャンペーン情報
  • 法人のお客様向け ストレージソリューション
  • 法人のお客様向け ネットワークソリューション
  • 【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • デル-個人のお客様ページ
  • 【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ
  • オンライン広告限定キャンペーンページ
  • ソフトウェア&周辺機器 パソコン工房
    ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) マウスコンピューター/G-Tune
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。